スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

事故

シェムリアップにいても、毎日のように事故現場に出くわしますが、旅行に行ってもやはり事故多し。

道がよくなって、スピードを出しすぎなのもあるだろうし、追越とかすごいんですよね。対向車いるのに、平気で追い越すので、いきなり正面に対向車が出てくることあります。

交通事故で一体毎日どれくらい死亡しているのでしょうか。
地雷よりも何よりも今や1番交通事故が危ないのです。


ジコ4

こんなにたくさん積んでいるトラック。


ジコ3


バンの中もたくさんで、はみ出してバイク4台積んでます。


事故おこりますよね。


ジコ


こんなです。


ジコ1


人だかりの奥に転がったバイクが見えます。このバイクには荷車がついてて、ルモーでした。

ジコ2



この事故はどうだったかよくわかりませんが、もう1日前に見た事故は、バイクの破片が道に散乱し、遺体が道端に転がっていました。
もう、一目で命のないのは明らかで、魂が抜けてしまい、物体と化していました。
一瞬で恐ろしいことになってしまうのを目の当たりにし、夫は運転するのも注意深くなります。


カンボジア人は交通ルールが全然わからないようで、信号が赤でも青でも直進ではない、右折や左折はどんどん行きます。信号が赤だから止まっていると後ろから怒られるくらい。どうにかならないのかね。
赤なのに、止まっていたバイクに右折して進もうとしたルモーがぶつかり、ルモーが悪いだけなのに、なぜか怒っていきましたよ。常識が通じない人多いので、どこで災難が降りかかるかわかりません。
カンボジアに来た際にはくれぐれも交通事故には気をつけてくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

年々派手に

今日はベトナム軍がポルポト軍をやっつけてくれた日ということで祝日です。
この日が年々派手になってきている気がします。
昨晩は花火もバンバン上がってました。

結局ベトナム軍がカンボジアにインベイドした日なので、何がそんなにうれしいのか?って気もしますが、現政権はベトナムと親密なので仕方がないことです。
(その時にベトナム軍によるカンボジア人の虐殺ももちろんありました。侵略ですからね)

傀儡だの独裁だの、そんなことはみんな言ってはいけません。
この国でそういうことを言えば死が待っています。

大げさではないのです。

選挙のたびに死者はでるし、批判記事など書けば、刑務所送りになったり、事故死したり。

首相の批判ができる国は安全で幸せだな~って思います。(日本ね)

まあ、わたしがここでちょこっとこんなことを書いたところでなんでもないと思いますけど、近いうちに死んでしまったら、消されたということです。

言論の自由とかってとっても大事です。
日本でもアンタッチャブルな懸案はありますが、それでも、まだまし。

それで、また、ここの国民はちくるのが大好きで、だれそれがこうだったとか、そうやって、人を蹴落とすことも大好きです。のんびりした人たちではありますが、誰一人信用できないという側面も持っています。

観光でやってくる分には全く問題なく楽しく過ごせますのでご安心を。

景色5
プレループからのサンセット

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

わたしは、髪を洗うのに、自作の石鹸で洗っています。
石鹸で洗って、全く何の問題もありません。

でも、日本で同じ石鹸で洗っても、ちょっとキシキシいうんです。

たぶん、水が違うんだと思います。
カンボジアの水が合っているだなんて。ちょっと複雑な気分。

思うに、塩素が原因かなと。
カンボジアで今つかっている水は井戸水です。
電動ポンプで汲み上げているので、蛇口をひねるだけで使えます。使い勝手は水道と同じですが、井戸水なんです。
だから、塩素が入っていないからいいのかなって思います。

水質自体はあまり問題ないみたいです。飲んではいませんけどね。


こないだNHKでやっていたカンボジアに支援している人々の番組をみました。その中に水道の整備をしている人もでてきたんですけど、水道の整備自体はいいことだと思うんですけど、使う人がカンボジア人なので、水道水を無駄に使いそうだなって思いました。
出てきたカンボジア人は、今までは水を買っていたけど、今度はただ?でいい水が出てきてうれしいって言ってましたけど、ジャージャー水を出し放題。
実はカンボジアでは台所は外にある家がまだまだ普通で、そこにある水は井戸から出てくるのが普通なので、直径10センチくらいのところから水が出てくるのです。これが一般的。それで、水を一旦水瓶に貯めてそれから使うのが普通なんです。だから、いい水が出るようになったとしても、蛇口が日本で考えるものとは全く違うので、無駄に使いそう。こまめに水を止めるとか、そういうのとは程遠い生活ですから、もうそういう初めの一歩から啓蒙していかないと、駄目なんじゃないかなって思います。

水道の普及とともに、蛇口の普及もしていかないとならない気がしました。

でも、「湯水のごとく」なんて言葉がありますから、昔は日本だってジャージャー使っていたのでしょうね。


援助する人って、こちらでかなりいい生活していますから、こちらの普通の生活って実はあまり知らないのかなって思いました。今は特に日本と変わらない生活をお金さえ出せばできるようになりましたからね。90年代はいくらくらいお金持ちでも、そういう生活はなかなかできなくて、素朴な暮らしをしていました。
あの頃はお風呂にお湯がためられるホテルはシェムリアップで2つしかありませんでした。

観光でいらっしゃる方には、わたしにはもう普通に思えることでも、驚くことが多いようでちょっとご案内するだけでかなりいろいろびっくりしています。わたしはすっかり慣れてしまって、ああ、そういえば、日本ではこんなの普通じゃないなって言われてみて思うんですけど、こういう感覚を身に付けてないと的確な援助って難しいんじゃないかなって思うのです。
まあ、援助してない者の戯言ですけどね。
カンボジアでは援助は商売となっている部分もありますので、いつも批判的な目で見てしまいます。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

フォード

フォード

シェムリアップに、フォードのお店ができました。
正規の車のお店は初めてです。

プノンペンには、こんなショールームがいくつかありましたが、フォード、シェムリアップに進出してくるなんてすごいです。

いや~、本物のお店ができるなんてね。これから、いろいろなメーカーも(ずっと先には)でてくるのでしょう。


フォード1

ちなみに右側の黒いの12万ドル以上!1000万円以上ですよ。
なにやら、とってもすごい車でしたけど。

もうちょっと普通のは5百万円超で売ってました。

カンボジアは輸入の税金が高いということで車はとっても高いです。

シェムリアップでは1番多いのはカムリ。
次はレクサスとかランクルとかの大きな車。
ベンツはあまり見かけません。プノンペンから偉い人たちがやってきているときにはものすごい数の高級そうな黒いベンツを見かけます。

でも、よく街を走っているカムリとかレクサスでも新車はほとんどなく、10年以上の中古車ばかりです。
それでも、めちゃくちゃ高いんですけどね。日本では10万円以下のほとんどただみたいな車が80~90万円くらいでしょうか。しかも、中古車だから毎月の修理代がけっこうかかるんですよね。ガソリン代は1リットル1ドル以上するし。車はお金かかります。

でも、カンボジア人は貧乏な人は貧乏ですが、お金持ちの人はお金が余っているでしょうから、きっとフォードでお買い物できます。後ろには修理工場もあって、部品とかもそろっているようで、お金が余っている人は今ならフォードですね。
部品がそろっているとか、当たり前のことなんですけど、カンボジアでは当たり前ではないので、ここで正規の車を買って、修理に持ち込んだら安心して車を預けられるということなんです。普通?は、修理工場で付きっ切りで見張っているものなんですよ。中身の部品を交換されないように。もともとの部品も新品なわけじゃないのにって思うんですけど、下には下があるので、悪いのと交換されちゃうのは当たり前なんです。

そんなんで、いい物を買うと、そんなこんなのわずらわしさからも開放されるし、いいことずくめですね。

いつかはフォード?

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

乾季

今はカンボジアは乾季なんです。
乾季とは字のごとく乾燥した時期で、雨が全く降りません。
カンボジアは雨季と乾季がかなりはっきりしていまして、雨季は毎日雨が降り、乾季は毎日雨が降りません。
天気予報はいらないですね。

雨が降らないからといって、晴れているかといえばそうでもなく、朝のうちは曇っていることが多いです。朝到着なさったお客さんは今日は雨が降るのかな?って思うような空でも、雨は降りません。だんだん晴れて、お昼には日差しが強くなります。雨は1月に2日くらい降ったきりです。

そして4月が1番暑いので、今もそれに向かってかなり暑いです。
でも、どっちにしろ、日本からいらっしゃるぶんには、我々がすずし~ってかんじている頃でも汗だらだらなので、いつでも暑いんだと思います。

今はハイシーズンということでお客さんが多いんですが、かなりホコリっぽくなっています。
サンセットのポイントでプノンバケンという丘?があるんですけど、そこもものすごいホコリで、今は行かない方がいいみたいです。喘息の方は絶対やめた方がいいとか。
雨季はそんなことないんですけどね。
雨が降っている最中は滑りやすくなったりしますが、雨は夜に降ることが多いし、日中はほとんど観光できます。雨季の前半は景色も緑がみずみずしくってけっこうお勧めです。

そんな乾季の今カンボジアに来るメリットとは

ずばり
花粉がない!ってことです。
もう花粉症の方には辛い季節になってきたんですよね。
カンボジアにはスギ花粉ないですから、避難してくるにはばっちりですよ!

花粉症でお困りの方は、少しの間でもカンボジアですっきりしてください。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

爆竹

朝ホテルに行ったら、中国のお正月の獅子舞をやっていました。
太鼓をどんどんして、中華街で見たことあるのとおんなじです。
これ、写真だけじゃわからないんですけど、最後はものすごい爆竹でした。
もう、耳が痛い!!!
煙ももうもうと立ち込め、すごかった。けっこう大量だったようで、長い時間だったし、最後はまた一際でかいので閉めてました。中国

こんな風にけっこう派手に中国のお正月をするところもありますが、一般的にはどうでしょうか。全然関係ないという人もいます。
また、カンボジアはお正月が4月なので、カンボジア人には日本のお正月はいつかとよく聞かれます。
お正月といえば、1月1日に決まっているだろうって思っている方にはびっくりな質問ですよね。
1月1日は世界のお正月といわれてまして、そうか世界の正月と一緒か、なんて納得してました。
中国のお正月とは違うのかと聞かれますが、日本では中国のお正月はあんまり関係ないよといっておきました。

中国のお正月ではカンボジアは鳥を食べるようで、近所でも、たくさんの鳥がいました。
市場でもたくさん鳥を買う人が多いみたいでした。
鳥を食べるといったら、鶏肉を買ってくるんじゃなくって、生きた鳥を買って来るんです。
近所の空き地にたくさんいましたので、今頃ご馳走になってしまったのかもしれません。

わたしは、鶏を丸ごと買ってきてさばくことは、抵抗なくできるようになりましたが、生きている鳥を買って来てそれから肉にするのは、たぶん、一生しないかもな~なんて思っています。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

開発

火事

これは、コーケーからの帰り道。
なんだか、もくもくと煙が見えます。

近づくと、

火事1

燃えてます。

コーケーはかなりの田舎なのですが、この今は赤い土の道も、いつかわかりませんが、舗装される予定です。
カンボジアでは道路ができると、土地の値段ががくんと跳ね上がります。

周りでは、どんどん、開発が進んでいるようで、このように、森を焼いていました。
ゴムのプランテーションなんかも見られます。

数年後には、昔はこんな赤い土だったのにね、な~んて話しているようになるのでしょうか。
シェムリアップだって、90年代から見たら、驚くほど変わりましたから、ありえなくはないですね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

豊作?

バイクのメーターが壊れて修理しに行きました。
バイク屋に小1時間いる間だけでも、5、6台バイクが売れていったそうです。
ちなみに、今日のホンダドリームのお値段1630ドル。
昨日は1620ドルだったようです。

田舎から人がわんさか押し寄せ、バイクを買っていきます。田舎といっても、アンロンベンとか、そういうかなり遠くからも。ちょうど、みんなお米を売ってお金ができた頃なんでしょうね。今年は豊作だったのかしら?
バイク屋さんは、もうバイクが品薄で売れて売れて、バイクの入荷が間に合わない状態だって言ってました。
いつもならずらっと並んでいるバイクが少なくなるほど。

1630ドルって大金ですが、やっぱり、みんないいバイクが欲しいようで、安いのには見向きもしないで、1番高いのから売れていくそうです。

うちなんて、1600と聞いただけで、速攻あきらめましたけど。カンボジア人お金持ちだな~。
うちのは、ホンダウェーブ110ccです。値段は1000ドルしません。
ドリームは125ccです。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

危ないよ~

近所で車を洗いに行ったらテーブルにこんなものが置かれていました。

鉄砲



びっくり。本物ですよ~。

警察官がいたので、その警察官が置いといたのでした。

そこの子供が触ろうとしたら、さすがに追い払ってはいましたけど。
町でも、どこでもこんなのよく見かけます。
ちょっと怖いですよね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア

はげ山

はげ山

あんまりよく画像ではわかりませんが、はげ山です。
でも、これは、有名なプノンクーレン。
の裏側なんですけど。

自然豊かだな~って感じるカンボジアですが、森林伐採は深刻なようです。

木を切っちゃいけないとか、そんな法律もありますが、守られているかといえば、そうじゃないんでしょうね。木を運んでいるトラックもよく見かけます。
でも、アプサラオーソリティーは、家を建てるなら、昔のカンボジア風の木の家を建てろとか言っているそうです。木は使っちゃいけないんじゃなかったの?って言いたいけど、何を言っても無駄な団体ですから。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。