スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの文化、生活、習慣

結婚式

乾季である今は結婚式のシーズンでもあります。
カンボジアの国中で結婚式をやっております。

シェムリアップでは家ではなく、レストランなどを借り切っってやるのが増えてきました。
結婚式は日本と違って、誰でも呼ぶのですけど、あまり知らない人のは行きたくないので、そういう場合は夫1人で行ってもらいます。でも、今回はよく知っている人だったので、家族で行きました。


会場はこんなかんじ。


ケッコンシキ


招待状にはなぜかいつでも4:30にはじまると書いてありますが、その頃に行っても誰もいませんから、6時くらいに行くといいです。丸いテーブルが用意してあり、そこに来た順に座っていきます。そして、そのテーブルに人が揃うとお料理が運ばれてきます。まあ、結婚式とは言ってもレストランで食事をするのと全く変わりません。生バンドとかありますけど、それは、いつでもあるし。

まずは前菜
ピータンがありました。あるんですね~。今回は全体的に中華っぽいお料理でした。



ケッコンシキ1



それから、なんとかNGO。そうお品書きに書いてありました。

ケッコンシキ2

牛肉のサラダでおいしかった。これ、どこでも食べられるといいのに。とても柔らかい牛で、おいしい。
いつも牛肉サラダは、もうちょっとすっぱ辛い味付けなのですが、ココナツミルクでかなりマイルド。初めて食べる味だったので、初めは??と思ったけど、けっこうよかったです。


ケッコンシキ3

ケッコンシキ4


あとは、春雨サラダ、鴨肉のやわやわに煮込んだもの、蒸し魚、トムヤムクン、チャーハン、お菓子。
まあまあおいしかったです。ビールでおなかいっぱい。

ただね、テーブルには10人座ったのですが、誰も顔見知りじゃなかったようで、みんな黙々と食べてました。レストランで相席になったってかんじです。
それで、お菓子の段階になると、封筒が出てきます。

ケッコンシキ5


そしたら、この封筒にお祝いを入れて、帰りに渡しておしまいです。

新郎新婦とかは、だいたい、入り口のところでずっといます。
なにせ、来る時間と帰る時間がばらばらだから、ずっといないとならないのです。

そんなこんなでおなかいっぱいの結婚式でした。
いつも思うんだけど、この結婚式の料理ってけっこうどこでもおいしいんです。
これ、結婚式だけじゃなくって、観光客にも出したらいいのにな~って。
だいたい、前菜、肉のサラダ、肉料理、魚料理、スープ、ごはん、と、いろいろでてきますから、そして、これは嫌だなっていう癖のあるカンボジア料理ってあまりないし。毎日結婚式でもいいかも。

ただ、結婚式に呼ばれると、当然のことながらお祝いが必要なので、おそらく、ここらへんだと、1人最低20ドル~になると思います。けっこうな出費なのです。また、招待客も昔は伝統的な2ピースのカンボジアドレスを着るものでしたが、今は、派手なワンピースも多かったです。なんかね、うちの近所のビアガーデンのお姉ちゃんがいっぱいと思うくらい。よっぽど、カンボジア風の衣装の方がいいと思うのですが、若い人は新しいドレスが好きみたいです。いや~、カンボジアの伝統の服もそんなに好きなわけじゃないんですけど、新しいのは、どうみても飲み屋のお姉ちゃんにしか見えないので、この国の人って・・・となんとも言えない気分なのでした。

新郎新婦はどうぞお幸せに!!とっても、うれしそうでした。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

プノンスロック

トロピアントモーの近くにある村なんですけど、そこらへんはプノンスロックといって、昔から絹製品で有名なところだというのですが、別に見たところ普通のそこらの村と変わりない。ただ、1軒1軒トラクターがあって、けっこういい暮らしぶりな様子。まわりは広い田んぼだらけですから、農業も盛んなのでしょう。

そのうちこんなのを見ました。

プノンスロック

これは、まだまだ先にたくさんの人がいて、みんなで木綿の糸を巻いているところでした。

プノンスロック1

機織する人も発見。
でも、やっぱり絹織物ではなく木綿。
蚕の小屋もあったのですが、蚕は全部駄目になってしまったから最近は絹はやってなくて、綿ばかりだという話でした。絹製品を買いに来たわけではないので、そんなに探さなかったのですが、絹織物で有名だというところでも、あまりできなくなっているようでした。

一応カンボジアも絹織物は伝統的にあったのですが、なかなか難しいみたいですね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

朝6時の電話

朝6時に電話が鳴ったら、日本では当然何か緊急の用事だなって思いますよね。
でも、こっちでは、みんな早起きの人が多いので、けっこう普通のあまり意味のない電話だったりもします。うちは学校が朝の時は早いけど、普段は7時くらいなので、6時だとびっくりします。


でも、こないだの電話は緊急の用事でした。
夫のいとこがバイクで事故死したのでした。
まだ20歳そこそこの若者で、驚きました。仕事の合間を縫ってお葬式に行きました。
彼はベンメリアという遺跡の道路で働いていたので、夫は死亡の次の次の日にはベンメリアに行って彼に合う予定だったのに、それなのに突然の死です。

若いけれど奥さんもいて2ヶ月の子供もいました。奥さんはとても憔悴していて見るのもかわいそうでした。
赤ちゃんは何にもわからずに、水浴びをさせられたりしていました。赤ちゃんの額には黒い墨のようなものでバツが書かれていました。これは、死んだ人が赤ちゃんを連れて行かないようにだそうです。

ほんと、人の命ってあっけない時はあっけないものです。

カンボジアでは火葬が普通なんだと思っていましたが、彼は土葬されました。
土葬もありということです。

お葬式の中で、お年寄りがパレードをすると言い張ったらしく、パレードもしました。
そうしたら、そこだけに雨が降ったのです。
シェムリアップでは、かなり局地的に雨が降るのですが、パレードのところにはザーザー降りましたが、少し離れたところでは全く降っていません。これはカンボジアでは悲しみの涙といわれます。そういわれるのもなるほどと思うほど、不思議なことにそこだけ降っていました。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

かけこみ婚

またまたものすごい近所で結婚式の用意をしていました。
もうね、びっくりするほど狭いところなんですよ。何でこんなところにお客さんを呼べるのか不思議。というのは、カンボジア人は最近はみんな車を持っていて、みんなお出かけには車でやってくるからです。停める所なんてないんだけど。バイクだってどうするのってところなのに。
ぜひとも結婚式はレストランでやってもらいたいものです。

これから雨の時期になりますので、それ前に駆け込み結婚が増えます。
雨になると、お坊さんがお寺にこもるので、結婚式ができないからです。
本当はそのはずなのですが、最近は雨季でも結婚式を見かけたので、関係なくやってしまう人はいますけど、基本は結婚式は乾季なのです。
だから、このうるさいものから逃れられる雨季はばんざーいってところです。

乾季は半年くらい続きますが、そのうち雨が降ったのは3日くらいかな?とにかく、乾季といったら乾季で雨は降らないのです。でも、今日は朝のうちぱらぱらと降りました。降ったとはいえないほどですが一応ぱらぱらきました。
そろそろ雨に時期になっていくのですね。
雨季は雨がほぼ毎日降りますが、夕方や夜半が多いので、観光には余り支障をきたしません。朝日は見られませんけどね。でも、朝日って乾季でも割と雲が多くていつでも見られるものではないから運がいい方だけかも知れません。
日本で梅雨といえば嫌な季節と思うかもしれませんが、カンボジアの雨季は緑がきれいでけっこういい時期です。
今なんて乾燥していますから、そこらじゅう土で茶色です。

いつも30度で涼しいとか、そんなことをいってますが、湿度も関係ありますよね。ここはだいたい40~60%とという快適といわれる湿度の範囲内になっています。だから、30度でも暑くないのかなって思います。あ、でも日本からいらした直後の方はものすごく暑いって言ってます。


明日は何時に始まるのかちょっと恐怖ですが、明日あさってくらいの辛抱だと思ってがんばります。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

お正月

カンボジアは今日からお正月です。
一応3日間カレンダーでは休みになっていますが、もう先週からかなりお休みモード。

シェムリアップも昔と違って、いろいろな地域から人がやってくるようになったので、帰省する人も多く、町はちょっとひっそりしています。
観光客の利用するレストランはほとんど営業していますが、わたしが少し前にそろそろ髪でも切ろうかと行きつけの店に行くと休みでした。行きつけのサトウキビジュースやさんも、いない。きっとどこかへ帰ったのでしょう。
そこは、量がたっぷりでお気に入りなんです。
そんなかんじで、ローカルの店は休みだったりします。

今日は夫の実家へ行ってきました。
まず行くべきところは


お寺。


カンボジアでは何はともあれ、いつでもお寺です。
生活の中心はお寺と言っても過言ではありません。

お寺

こんな土の山ができていて、お線香を供えたりしました。
お線香といっても、日本の小さなのではなく、カンボジアの見た目は花火っぽいです。


お寺1

そして、これはなんだかわかりますか?
実はお墓なんです。
日本人がみても、お墓だとわかる普通もお墓ももちろんありますが、こうやってただたくさんの遺骨が一緒に埋葬されているものもあります。この土の下にはたくさんの方が眠っているそうです。

お正月にお墓参りをする人でお寺にはたくさんの人が来ていました。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

トロット クマエ

トロット

カンボジアはお正月がもうすぐなのですが、4月になると、このような仮装した子供たちの団体を見かけます。これはトロットクマエというもので、太鼓鳴らしたりして、踊りみたいなのをして、手前にかごを持った子がいて、その中にお金を入れてもらいます。昔は一週間も家に帰らずにこれを続けるキャラバンみたいな状態でやっていたのですが、今はそんなことはないのでしょう。その集めたお金はお寺に寄進します。

お正月は来週ですが、かなり気分はお正月モードになっているようです。



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

ラーン プティア

また近所が騒いでいます。
家を建てたのでそのお祝いです。
今朝は遅めに6時から大音声で音楽が始まりました。
窓ガラスが共鳴してびりびりいっています。

それで、6時から何をしているのかと思えば、何もしていないのです。
ただ単に人を呼んで食事をするのですが、それが始まるのは午後の6時頃。
それまで、だ~れもいませんが、テーブルといすだけたくさん用意されて、音楽がかかっています。
いったい誰に向けてなんだか。
窓ガラスはずっとびりびりいってて、うるさい。

今晩と、明日までの辛抱だと思います。

本当のラーンプティアとは、本来は猫を使ったものです。
新しい家ができたときには、人間が入る前に、猫を入れるのです。上は猫、下は犬を入れるそうです。
高床式の家が前提になってますね。下?って聞いちゃいました。
なぜ猫を入れるとかいうと、お化けが猫が来ると逃げちゃうからです。
動物は人間の目に見えないお化けを追い出してくれると思われてます。
三毛猫がとってもすばらしくって、欲しいみたいです。

今は、そんなことしないみたいです。
っていうか、猫が怖くて逃げるようなお化けなんて




全然怖くない



んですけど。ねえ。


醤油クッキー
写真はお醤油クッキー。勝手にどんなもんだか作ってみましたが、なんだか知っている味。
よく考えたら、塩も入れたせいか、「リッツ」っぽい味でした。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

どこ行くの~?

クルマ
こんなデコレーションされた車は結婚式の時に、新郎新婦が移動に使います。
新婚旅行に出かけるわけではなく、アンコールワットで写真を撮ったり、そんな移動です。

でも、車に新郎新婦がゆったりと座っているのかといえばそうでもない時もあり、驚きます。
助手席に2人で乗っているのを見かけます。
カンボジアでは車には基本詰め込めるだけ詰め込むという習慣?があり、助手席は1人で座るものではなかったりします。当然後ろにもたくさん乗るんですけど。結婚式くらい新郎新婦で乗ったらいいんじゃないの?って思います。

結婚式といえば、カンボジアの未婚の女の子に、あのうるさい結婚式はどう思うのかと聞けば、
「うれしい」
だそうです。
やぱりそうなのか~。
でも、隣で結婚式をやっている場合はどうかと聞けば
「嫌です」
だって。みんな嫌なんだから、やめる方向で行かないかしらね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

眠れるか?!

またまた、近所で結婚式です。
もうしつこいくらい書いていますから、おわかりでしょうが、結婚式はうるさいんです。
朝早くから夜遅くまで、がんがんスピーカーで音楽を鳴らします。
いったい、いつ終わるんだろうか。そして、きっと明日は暗いうちからがんがん始まるはず。

なんだか、おばあちゃん達が、もし朝早くに音楽をかけないと、何で音を出さないんだと怒っちゃうらしいです。おばあちゃん達は、楽しいらしいですが、本当に楽しいのか?

最近は結婚式場もできて、そこで披露宴をすることも増えてきていますが、まだまだ自分ちで結婚式をする人たちもいます。全て結婚式場でやってもらいたいものです。

昔は家も広々として、野中の一軒家状態だったので、がんがん音くらい流しても良かったと思いますが、もう時代が違います。狭いところにたくさん住んでいる人が町では増えてます。みんなだって、絶対うるさくて嫌だと思っているはずなのにな~。

ちなみに、カンボジアの結婚式はどれだけ盛大にやるかに命かけてます。
音もがんがんするのはその一環で。
100テーブルお客さんを呼んだとか、そんなかんじです。
1テーブルはだいたい8人だから、ざっと800人!!!

800人なんて知り合いいませんよ、わたし。

いったいどうやって、数百人もお客さんを呼ぶのかといえば、ちょっとした知り合いでも、たとえ知らない人でも、何でもかんでも呼んじゃうんです。
だいたい、結婚式に呼ばれたとしても、新郎新婦を知っている場合はほとんどありません。見たことも聞いたこともない人の結婚式に呼ばれるのです。
何で呼ばれるかというと、その新郎新婦の親戚が知り合いだからです。日本人の感覚ではありえないですよね。親戚ですよ、親兄弟でなく、甥、姪、いとことか。甥の結婚式に自分の友達は呼ばないよな~と、自分に置き換えて考えてみても、無駄です。ここはカンボジアなのですから、そんなもんなんですね。


知らない人の結婚式なんてって思うし、反対に新郎新婦の立場だとしても、知らない人数百人に祝われたいのか?

あんまりお祝いというかんじでもなく、勝手に飲み食いして、踊っているだけなので、ただの、パーティーみたいなものです。
そして、今や結婚式はビジネスのようになっている気がします。だって、お客さんを呼べば呼ぶほど、儲かるんですから。


これも、書いたかもしれませんが、わたしは、義弟の結婚式で怒っているんですよね。
義弟が結婚するときに、丁度日本からカンボジアに一時帰国するときだったので、結婚式に行けるかと思ったら、占いでこの日じゃないとよくないと言われたとかで、帰る数日前に結婚したのでした。
ありえないですよね?!
カンボジア人は家族を大事にするとか、カンボジア人は家族や親戚の範囲が広いとか、言うけど、実の兄を結婚式に呼ばないなんて、どこが家族が大事なんだっていいたいです。

ただ、感覚が違うだけなので、普段は別に気にしていませんが、義理の兄弟の何とかの・・・・とよくわからない関係を親戚だというのに対して、そんなのは、知らない人だとか言うと、日本人は冷たいとか言われるので、そういわれると、どっちが冷たいんだって思っちゃうのです。

夫はそんな日本人感覚も理解しつつ、カンボジア人の気持ちもわかり、いつも板ばさみになってます。


近所の歌はまだ続いていますが、カラオケになったのでしょうか?非常にへたくそです。
でも、テレビで、非常にへたくそな人が歌手という場合が多いので、もしかしたらそういう歌なのかもしれません。素人の喉自慢の下手な人と思ったら、歌手といわれてびっくりすることはよくあります。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの文化、生活、習慣

真夜中に

昨日は満月なので、真夜中にお寺でお祭りがありました。
眠いのにがんばっていってきました。
一番大きいところは、テレビでも中継されていて、いろいろな儀式をやっていたのですが、行ってみたら終わってました。月が真上にきたら儀式をやるようで、結構早めにやって終わったのです。
それで、違うお寺に行ったらまだやってました。
水祭り2

これは、ろうそくです。12本灯して、このろうそくのついている棒をゆーっくりとぐるりと3回回します。そうして、下に落ちた蝋がたくさんあると、来年は雨がたくさん降って豊作だということです。
テレビではこのろうそくの12本はシェムリアップの12の地域を意味しているといってましたが、たぶんそうじゃなくて、12ヶ月を意味するんだと夫は言います。シェムリアップ以外の全ての地域で12本のろうそくなのですからね。

水祭り3

こんなかんじです。

ここは暗闇の中でやってましたが、テレビ中継されているところは煌々と明るかったです。

そして驚いたことには、いつもはシーンとしている街中が真夜中でもまだわいわいとにぎわっていました。川沿いはずっと人通りが多く、子供もたくさん出歩いていて、みんな眠らずに遊ぶらしいです。
いつもはバーストリートがにぎわっていると思うのに、そちらのほうがひっそりとしていました。
(そっちは外国人だからです。昨夜だけはカンボジア人がよく遊んでました)

お寺では、最後に普通はオンボック(お米フレーク)やバナナを男性は女性に、女性は男性に食べさせます。昨日行ったお寺では、自分で食べてましたが本来は食べさせるものです。
こんなに夜遅くまで出歩いていいのはこの1晩だけなので、そういう日はかなり出会いのチャンスなのです。これから結婚式のシーズンになりますが、こうやって出合って、結婚しちゃいます。


昨日は風が強かったのでろうそくが消えてしまって何度もつけて大変だったのですが、今日は台風の影響か、雨です。昨日までは雨じゃなくてよかった。カンボジア人は本当に楽しみにしているお祭りですから。
雨季はほぼ終わったのですが、この雨は台風ですね。

それで、寒いんです。
寒いから靴下はきました。
ちなみに25度。あれ、25度って夏日だったような。
カンボジアで25度は寒いんですけど、きっと日本からきたら、暑いんでしょうね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。