スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの道具

ドル紙幣

カンボジアではお金はカンボジアリエルも使えますが、アメリカドルも普通に使えます。
どっちが普通かというと、どっちも普通。アメリカドルが使えないところはありません。

電気代はリエルで請求が来るので、リエルに両替して払いますけど、だいたいどこでもどっちでも全く同じに使えます。

でも、破れたお札、汚いお札は使えません。

おそらく、偽札を受け取らないために、あまりにも汚いお札は受けつけないようにしているんだと思われるのですが、お店によっては、何でこれも使えないの?!ってくらいに厳しい。
はっきりいってかなり頭にきます。
カンボジアでよくあることなんですけど、そもそもの目的が忘れられているというか、理解されていないで、末端の人間には、「きれいなお札しか受け取らない」ということだけがインプットされている模様。
ラッキーモールがかなりひどい。
あそこは、従業員ばっかりなわけだから、ちゃんとした人はあんまりいないので、ちょーっと5ミリほど破けてても、受け取ってもらえない。
まあ、偽札ではないので、受け取ってもらえる場所はあるので、そっちで使えばいいのだけれど、なんだかめんどくさいし、いらいらします。

末端の人間は、怒られるのが嫌だから、事なかれ主義に走ります。ほんと、どこでも、その傾向があり、本来の目的をわかってるのかね~君はってことが多い。

そんなにうるさいなら、アメリカドルなんて使わないで、カンボジアリエルだけ使ってればいいじゃないか。って怒りたいです。カンボジアリエルに関しては、よっぽどびりびりじゃなければ大丈夫です。かなり汚いお金でも普通に使えます。ドルは、折れ目で印刷が薄くなっているのとかもアウトのお店が多いです。

日本から両替して来た場合には、新札が多いので、全く問題ないですけど、お金のきれいさ加減には要注意です。

それで、更に頭にくるのは、ラッキーモールの人は、破れた箇所を、「これこれこれ~」みたいなかんじで、広げるんです。おいおい、お前が更に酷くしてどうするっていいたいですけど、素直に別のお札を出します。

だいたいいつでも、2種類のお札を持ち歩くのも面倒なのに、更にお札まで1枚1枚気をつけないとならないなんて、めんどくさすぎます。そう、ラッキーモールでは、どんな紙幣でも、1枚1枚丹念に見つめてます。君がそんなに何時間も見たって、偽札かどうかわからないだろうにって、いっつも、不満がたまるのです。レジは、そうやって、お札を確認してますから、時間かかるのです。わたしも、受け取るときに、そうやって、調べればいいんだろうけど、100ドル札以外はそんなに丹念に見ないし。100ドルはさすがに使えないとダメージが大きいので、ちょっとこれは・・・と思うのは、受け取らないようにしてます。

日本ではお客さんがクレームをつければ、何かしら対処があると思いますが、この国では一切そんなことはありませんので、くたびれるだけです。お客さんはお店の言いなりに従うしかないのです。もちろん、売り物の品質などに関してもそうですよ。古かったとか、足りなかったとか、そういうのも一切クレームは受け付けませんからね。クレームってこと自体存在しないのかも。そのうちサービスとか、そういうことも出てくるのだろうけど、まだまだだなあ。逆に、日本では文句を言えば、新しいものと取り替えてくれたりするのが、今ではめちゃめちゃすごい!って思っちゃいます。いくらくらい文句つけても、駄目っていえるカンボジア人、すごいです。例えば、お店で大声出したりすると、日本なら上の人が出てきたりするかもしれませんが、ここでは、そういうことは全くなく、警備員につまみ出されるのがおちかも。まだ、つまみ出されたことはないですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

ガス車

ガス車

これ、わかりにくいですが、車の中から撮った写真です。
左側にガスボンベがたくさん並んでいますね。そして、車から1本線が出ています。その先はやはりガスボンベ。

これはですね、ガスで走る車なんです。
車ってガソリンで走るんだと思っていましたが、ガスでも走るんですね。

これは、カンボジアの車です。

タイに行った時は、行きのタクシーも、帰りのタクシーも、両方ガスの車でした。タイではガスの車が一般的なのでしょうか。カンボジアでは一般的とまではいいませんが、けっこうあるようです。

でも、ガスを入れるのに、こんな普通のガスを入れるのにはびっくり。
タイのはガス用のガスステーションがあって、そこで、ガソリンを入れるように入れてました。
そういうガスのガスステーション、シェムリアップにも1つあるんですが、そういうちゃんとしたのじゃなくても、普通のガスやさんで補充できるんですね。

ちなみに、そのガスの車は初めは普通のガソリンの車だったけど、300ドルくらいでガスを入れられるように改造したということです。ガスとガソリンと両方使えるってことです。見た目は普通の車なので、ガソリンの車かガスの車かは見ただけではわかりません。


しかし、なんでガスを使うかわかりますか?
ガソリンが高いからなんです。
ガスを使ったほうが全然安いんだって。
ガソリン、高いんですよ。
1リットル1ドル以上してます。今円高なので、あまり高い気しないかもしれませんが、1ドル110円でもそれくらいしてましたから、けっこう高いんです。
タイの方がガソリンも微妙に安かったです。

タイもだいぶ物価上がってましたが、カンボジアに比べれば、安いです。
田舎って、実は高いんですよね。日本でも、東京って安売りのものあって、土地は高いけど、スーパーは地方より安いんですよね。そんなかんじかなって思ってます。

カンボジアからタイに行く人もあんまりいないかもですが、両替はカンボジアでした方がいいんですよ。
タイでバーツに替えるよりシェムリアップで替えていった方が微妙によかったです。


テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

家具

カグ

家具なんですけど、見えますか?
いすとかテーブルとか、立派でしょ?

これは、カンボジア人のお金持ちの家の必須アイテムです。
カンボジア人のお金持ちの家には必ずこういった家具があります。

もちろん高い。
けっこう、これ3000ドルしたんだ~とか自慢してきたります。

確かに、立派なんですけど、何度もしつこくいいますが、カンボジアって、これしかないんですよ。
素敵なイタリア家具とかそういう選択はなく、お金持ちならこれを買えってかんじです。
しかし、これねえ、テーブルなんてもちろん、いすだってものすごく重いんです。
1人でなんか、移動させることはできません。
けっこう、飾りだったりするんですよね。これ。立派なのに。立派だからか。

そんなわけで、レストランに行ったりすると、外国人のやっているところは、うまく安いテーブルとかを使ってクロスを使っておしゃれにしたりしてますが、ローカルなお店だと、テーブル重いの使ったりしてます。ほんとにやっすいところだと、もちろんありえないようなしょぼいテーブルですけどね。

お金はかかっているんだろうけど、趣味が・・・・・なんていっつも思います。

たぶん、カンボジア人はこの高いものってところに価値を見出しているんだろうから、いいんだろうけど、わたしは、もっと素敵なのがいいな~なんて思うのです。
カンボジア、何でも同じものしかないですから。
この写真の店?はこの通りがずーっと家具を作っているお店ばっかりなんですけど、どこ見たって、同じいす、同じテーブル、同じベッド、しかありません。どのお店を見たっておんなじです。家具通りなんていったら、いろいろ見てまわるの楽しそうなんて思うけど、1つ見れば充分。
きっと、後10年後とかには、いろいろなものが手に入るようになるのかな?

料理でも、家具でも、オリジナルとかそういうのはなくって、どれもどこでもみんな同じものしかないんです。お土産やさんも同じです。どこ行ったって同じですから、かんじのいい店員さんのところで買うようにしてます。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

アースノーマット

アース

いや~お久しぶりです。
この1週間ネットがほとんどつながらず、ネットを見ることもほとんどできないで、ブログなんてとてもじゃないけど更新できませんでした。メールもなかなか送れない状態で、ほんと不便で、スターセルに電話したら、なんとお金がないからだって。がーん、わたしのせいでしたか。
てっきり、スターセルがなんか状態が悪いのだとばっかり思ってたので、自分のお金が残ってなかっただけだなんて。
カンボジアの携帯電話はだいたいプリペイド方式で、カードを買ってそこに隠れている番号を削って出してそれを入れるとお金が入るのです。
今まではお金がなくなれば、全く使えなくなるので、わかったのですが、今回は接続した瞬間はつながるので、なんかの故障だとばかり思ってました。
は~、とにかく、ネットが普通に使えるようになったので、一安心です。

もう、ネットを見られない間、暇なので、お菓子ばかり作ってました。
マフィン、クッキー、紅茶ムース、レモン寒天、モモのタルトなどなど。いつもはだいたい1つ作っておしまいですが、焼き菓子と冷たいのと2種類です。下の子に何が好きだった?って聞いたら「マスカット」だって。おそらくマフィンだと思います。

それはそうと、写真のこれ買ってみました。
アースノーマットです。
日本のとは形が違いますよね。
似たようなのが数種類あったのですが、やはり馴染みのあるアースに決定。

寝室につけたらかなり快適になりました。
何で今まで買わなかったのか、かなり自分に疑問です。
日本では使っていたのに。

やはり蚊は多いので、寝る前は蚊退治に大忙しです。
電気のラケットでバチバチ殺しているのに、寝てると、まだ刺されて我慢できずにアースノーマットを買いました。
高級ホテルなら蚊なんかいないので、安心ですが、そうじゃないところにはたくさんいるので、蚊対策は必要です。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

アプサラのお土産

アプサラのお土産

こんなアプサラや、いろいろな石像を作っているお店に行って見ました。
世界中から注文があるということで、これは東京に、これはどこかヨーロッパになんて言ってました。
全部1つ1つ手作りでとんとんやってて、大変そうでしたが、こんなアプサラを家に飾れたらいいな~なんて思いました。ちなみに1500ドルくらい。

いろいろなものをオーダーメイドできるので、そのうち、いろいろ注文してみたいなとまた夢が膨らみました。

石なのでかなり重いですが、ちゃんと梱包して送ってくれるそうなので、こういうの好きな方にはいいですよね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

バコンのお店

トウキノお土産

バコンというロリュオス遺跡群の中にある遺跡の近くにあるお土産やさん。ろくろを回して作ってます。

他にも、シルクや綿のクラマーなどを機織機で織っているのもありました。
バコンに行ったら寄ってみるといいかもしれませんね。
ただ、駐車場がないのでなかなか止まっていくお客さんは少ないのかもしれません。

カンボジアのこれからの観光には、駐車場って必須です。
コンポンソムに行った時もスペースがあるのに、駐車場にしないお店は何でだろうと思いました。駐車場があるお店はやっぱり入りやすいし、お客さんも増えると思います。

それはそうと、こういう食器とか揃えたら楽しいなと思いました。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

お土産にいかが

タイガーバーム

これは、タイガーバーム各種です。
日本でもタイガーバームはあるし、数十年前ブームになりましたよね。
カンボジアでは(というか東南アジア)今でも大人気です。

タイガーバームを持っていない人はいないくらいです。
なんにでも使います。

うちでの最大の使い道は蚊に刺された後のかゆみにつけること。
あとは、気持ち悪い時にお腹に塗ったり。
鼻がつまった時も、スースーして気持ちいいらしいです。

こんな便利なタイガーバーム、カンボジアではどこでも普通に気軽に手に入るものだったので、日本でも買ってみました。そしたら、なんと1000円以上したような記憶があります。高い!
カンボジアではタイ産とかなのですが、50円程度で売ってます。いろいろあって、高いものもあるのですが、タイガーバームと書いてあるのは2,5ドルくらいしたかも。でも100円前後で手に入りますので、これ好きなのよねってかたは、お土産にぜひどうぞ。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

パチパチ

パチパチ
このラケット、おもちゃじゃないんです。

これは蚊を殺す道具です。
電気が通っていて、蚊があたると、バチバチっていって死にます。焦げ臭かったりします。
けっこう怖いです。

でも、かなりいいかんじ。

これいいよって、教えてくれた方に本当に感謝です。ありがと~。
今までこの存在は知っていましたが、買う予定は全然なかったんですけど、使っている方からいいよって聞いたので、早速買ったのです。口コミっていいですね。

今まで、寝る前は夫と2人で手で蚊を見つけてはパチンパチンと退治する日々でした。
そうしないと寝られない。
1度蚊取り線香をつけて寝たら、ひどくのどが痛くなったので、それ以来寝るときには何もしていないので、いかに蚊をやっつけておくかが、かなり重要なのです。

でも、この道具を使えば、かなり簡単に蚊が退治できます。
バチバチっていって光るし、うわ~って思いますが、効果は抜群。
今まで手でやっていたのは何だったの~というくらいです。

そして、これは充電もできるのです。電圧が違うので、日本のお土産にはできませんが、かなり便利です。
こちらの懐中電灯も充電ができます。電池を入れるのだと、なんだか重いし、買うのも面倒だけど、コンセントに指して充電するだけなので、とっても簡単。


なんか、今いきなりバッタが出てきました。いったいどこから入ったんだろう。
バッタならまだいいです。かなりカンボジアにいる臨場感あったでしょうか。こんな生活です。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

凧

凧です。
これは、市販の凧なので立派?です。

今はカンボジアは農業がだいたい終わり、凧揚げの時期になりました。
農業が終わると、凧揚げをするのです。

そこここで子供たちが凧を揚げているのが見られます。
だいたいがビニールで手作りしたようなものですが、大空高くにちーいさくなるまで凧が気持ちよさそうにあがっているのが見られます。
その写真もとってはみたのですが、何せビニールで作っているし、空と一体化しちゃってなんだかわからない。

カンボジアは広いところがたくさんあるので、凧揚げにはもってこいですね。
最近は雲が出ていることが多いですけど、雲もうろこ雲みたいなので、「これは寒い時期の雲だよ。」なんて夫は言っています。
気温は日中は30度を超えますが、それでも、こちらでは寒い時期なんです。
はだかんぼうの子供の隣で、コートを着込んだ子供がいたりして、服装は全くばらばらです。本当のところは朝が寒いだけです。朝は確かに上着が必要(住人には)。

そういえば、最近またすいかも出回り始めました。やったー!すいかは日本で買うと大きくて切ったのを買ったりするしかなかったけど、こちらのはこぶりなので1個買って家族4人で食べきります。すいかはおいしいです。果物とかも、かなり季節で出てくるものが変わるんですよね。マンゴスチンもまた出てきたし。1年中あるわけじゃないけど、1年に何度か出てきます。バナナは年がら年中あります。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの道具

金屋

金屋

これは、市場にある金屋さんです。
市場には、こういう金を売っているお店がたくさんあります。
ここは、お土産やさんではなくて、地元の人が来る市場なので、地元の人用にこういうお店はあります。カンボジア人は金が大好きなので、女性は金のアクセサリーが欲しいようです。
わたしは、まじめに見たことがないので、よくわからないのですが、結構買っているようです。

わたしは、金より、石のほうに興味がありますが、カンボジアはおみやげ物としての宝石はまだまだです。シェムリアップにもけっこう、観光客向けの宝石店を見かけるのですが、韓国経営が多いみたい。そして、ちょっとしかチェックしていないので、違うのもあるかもですが、チェックしたお店ではタイ製の商品しか置いていませんでした。
カンボジアはせっかく本物の宝石が採れる産地であるのに、それが観光にまったく活かされていないのはもったいないなあ。
技術的な問題やセンスの問題があるのでしょうか。
ルビーやサファイア、ブルージルコンなどの産地ですから、それで売り出したらいいのになって思います。
バッタンボンでは宝石を扱っているお店がせっこうありました。時間がなくて全然見られなかったのが残念。今度お米でも買いに行ったらチェックしてこよっと。

あ、そうそう、チェックしたシェムリアップの宝石店では、地金はだいたいシルバーか14金でした。
でも、そんな説明ができるのはオーナーらしき韓国人の方だけ。あとは、た~くさんカンボジア人スタッフがいても、何の石かどこ産か、まったく知りません。これは、この店だけのことではなくて、カンボジア人のお店全体にいえます。

カンボジア人は商品知識0のことが多いです。

携帯電話を買おうとしても、~に対応しているのとか聞いたって、誰もわかりません。なんかね、お店には人が多いんです。しかも、かなり暇そうにしています。でも、ただおしゃべりしているだけ。そんな暇なときこそ商品知識とか入れようよって思いますけど、そういう考えはないみたい。

今はまだ、カンボジア語で説明書がついている品が増えてきたからまだいいんです。以前はほとんどがタイ語とかそんなのしか書いていなくていったいこれが何なのかわからないってことがよくありました。英語があればまだいいんですけどね。

えっと、そんなことじゃなくて、もっと宝石関係にカンボジアは力を入れるべしという話でした。
ちゃんとした本物を置いていけば、きっとみんなに喜ばれると思うんだけど。
なぜに、カンボジアに来てタイ製のお土産を買わなくちゃならないのって思います。カンボジア人がんばれ~。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。