スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアに移住準備

船便が届きました。

船便で送った荷物がようやく届きました。
2ヶ月はかかりませんでした。
港に着いたのは、だいぶ前(おそらく4月下旬から5月上旬)なのですが、手続きやら、連休やらで、昨日になりました。
手続きは、メールで添付資料を送ったり、紙にサインして送ったりと、ちょっと、面倒でした。なにせ、プリンターがこの船便に入っているので、スキャンしたり、プリントアウトするのに、ネットカフェに行かなくてはならないのです。まあ、しょうがないですね。

プノンペンからやってくるのも、渋滞で夕方6時ごろでした。
でも、箱を運ぶだけなので、あっという間に終了。

中身は、まだ開けていません。
開けるのが怖いです。
トラックで運ばれた荷物は、日本で荷造りされたままの形できたので、小さなダンボールがかたまって、大きなかたまりになっていたので、非常にコンパクトだったのです。
でも、それを小分けにすると、なんだかダンボールがうじゃうじゃしています。

かなり、必要なものもありますが、1ヶ月以上なくて過ごせたのだから、なくてもいいものばかり?!かもなのですよね。今みれば、かなりいらない子供のこまごましたおもちゃとかたくさんあります。

うちは、1年位後にもう一回引っ越す予定(近くだけど)なので、それまで、あまり手をつけずに置いとこうかと思ったりしてます。

カンボジアでの引越しやさんもてきぱきとしてて、かんじよかったです。

日本で荷造りしたものは、ほとんどそのままの形でやってきました。上の方にあった数個の箱だけ開けて見られたけれど、ほとんどのものは日本を出てから手付かずの状態です。
日本での梱包が大事ですね。
今回は福岡倉庫さんにお願いしましたが、ちゃんと届いたし、荷造りも手際よかったし、見積もりも1番安かったし、よかったと思います。
カンボジアへの海外引越しははじめて扱うということだったのですが、担当の外国人の20年の経験で良い業者を選んでくれるということで、それならいいかと思い、お願いしました。
海外引越しはあまり情報がなく、さらにカンボジアへの引越しとなると、なかなかやっているところすら少なかったのですが、福岡倉庫さんはけっこうよかったです。

それにしても、カンボジアでも引越しやさんがあるんですね。国内の引越しもやっているって言ってました。

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアに移住準備

まだいたの?

もう学校の新学期が始まってしまいましたし、道で誰かに会うたびに
「まだいたの?」
って聞かれます。

いよいよ明日出発します。


引越し荷物は結局見積もりよりちょっとオーバーして41万ちょっとでした。(保険料込み)
まあまあいいです。
どきどきしてましたが、これで全て終わりました。
あとはちゃんと着くのを待つだけです。

まだ出発していないのですが、既にもう気分は旅行が始まっているようです。


そういえば、カンボジアータイ間でまたもや、ドンパチしていたんですよ。
プレアビヒアで。
今回は死者が双方出てます。
一応、今は戦ってはいないのですが、まだまだ、いつでもはじめられるよう、軍は、どんどん集まってきています。プレアビヒア、まだ終わっていなかったのです。
戦争することで解決することはないですから、きちんと、話し合いの場を設けるべきですね。
国連など第3者的機関に間に入ってもらって、プレアビヒアの歴史的観点からも、どちらがどうなのか、はっきりしてもらえばいいのにって思います。(まあ、カンボジアの物だって、世界的に認めてほしいというところです。実際、今までの国際法廷での判決はそうでてることだし。)


いやー引越しって疲れますね。
まだ引っ越していないのに、もうかなり疲れました。
カンボジアではゆっくりできるのかしら。

しばらくお休みかもしれませんが、もしかしたら、ホテル暮らしで、ネット環境がよければ、すぐにブログを書いちゃうかもしれません。
次回からはカンボジアからカンボジアの情報をお届けできることと思います。

4月は始まりの季節ですね。
みなさんも、新しいことが始まりますか?
日本にいると、草木がどんどん芽吹いてきて、それを見ていると自分もパワーが湧いてくるようです。
カンボジアでも元気で頑張ります。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアに移住準備

荷物の運び出し完了

引越しやさんが来て、荷物を運び出してくれました。

さすがプロですね。
速い事速い事。
どんどん、荷物が包まれていきます。
2箇所で荷造りがされていて、あっちを見ている間にこっちがどんどん終わり、こっちを見ていればあっちがどんどん終わる。3時間足らずで終了でした。

だいたいの荷物は持っていくものだけにして残りは捨てたはずなのに、まだまだたくさんゴミが出ました。奥の奥から10年間1度も日の目を浴びなかったものが出てきたり。「あ、それはいりません」て、やめてもらったのもありましたが、知らずに送られてて、こんなのあったのかな?なんて物が後で出てきそうです。

全てのもののリストも書いてくれて、それに、税関用と保険用の金額をそれぞれ書き込めば完了です。
疲れました。

そして、粗大ゴミ。
9000円分の申し込みをしたのです。
結構大量です。
それで、前の日から家の前に出しておいたのですが、少しすると、どんどんなくなっていき、翌朝には、たくさんあったのに、がらがらになってました。
こんなことなら、半分くらいにシールしとけばよかった~なんて思いましたが、誰かが欲しいと思って使ってくれているならそれで良しですね。
カラーボックスなんか、結構かわいい色の水色のものだったり、子供部屋用のかわいいので新しいので、もったいないなーと思ってたのですが、すぐなくなってしまいました。
これはかなり便利でいい収納の家具だなと思うのは、あっという間でした。
みんな、何でわかるんだろうって不思議でした。

そして、夜には洗濯機やテレビを回収してもらいました。
下まで運んでおいて、待っていたら、500円おまけしてもらえました。
なんかちょっとうれしいですね。

もう、そこの回収はこの時期めちゃめちゃ混んでいて、もう受け付けられないって言ってました。
3月の引越しシーズンでは早めに申し込むのが吉です。

そして、スーツケース大2個小1個も成田空港に送っちゃいました。

そんなわけで、部屋の中はすっからかんです。
お風呂に入って寝るだけしかできません。

あとは、この引越しがいったいいくらになったのかが気になるところです。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアに移住準備

引越しやさん決定

とうとう引越しやさんが決まりました。

じゃーん。


福岡倉庫さんです。

へ?倉庫?と思ったあなた、わたしもそう思いましたよ~。

海外引越しで探していたら、福岡倉庫。初めは通り過ぎたんです。だって、福岡だし、倉庫だし。
でも、一応と思って、聞いてみたら、横浜にもあるし、ちゃんと引越しもやってました。海外引越しって、東京とは言っても、結局横浜港から出るので、横浜に会社があるところが多いみたいです。


見積もりに来てくれた人が、外人さんで(イギリス人?)この道30年という。この道30年というのにやられた感あります。引越しやさんがワールドワイドで働けるなんてはじめて知りました。
結局我が家の荷物は5.66立方メートルで37万9千円の見積もりでした。
これは、うちの荷物がほとんどが本なので、異常に重いので、普通の5.66立方メートルより高くなっているようです。容積だけでなく、重さも関係あるので、各々違ってくるので、下見は重要です。


持ち物も業者によって、いいとか駄目とかありました。
みそ9キロをわざわざ買ったのに、食品は全部不可という業者もありましたし、ここは、3か月分ならいいということでした。9キロの味噌、3か月分かな~。
何とか持っていけそうで良かった。



引越し業者が決まったので、引越し日も決まり、粗大ゴミの申し込みもしたし、なんか、毎日いろいろ忙しくしています。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアに移住準備

ろうそく生活?!

これはカンボジアへの引越しに限らず、国内の引越しでも同じですが、ガス電気水道電話などの手続きもあります。

ガスなんて、はじめる時に立ち会ったので、もしかして、終わる時も立会いなのかと思って、電気も?なんて思いました。日中ならまだいいですが、わたしは早朝の出発。となると、もしかして、前日までに止めないとならないのかしら(立ち会うなら)と思って、電気がなくて、ろうそく生活?お風呂はガスの人が来る前に早いうちに入っちゃう?なんて思ったりしましたが、立会いは必要なかったので、出発する日に止めることになりました電話1本ですんでしまって、簡単でした。

電話は込み合っててまだ手続きできませんでした。やはり、引越しシーズンなので、混んでいるのでしょう。
電話と言えば、電話加入権7万円位していたのに、もやは、ただみたいなものになってしまったのですよね。今までは、休止したりもしていましたが、もう、これから電話を使うこともなさそうなので、解約しようと思います。時代はいろいろかわりますね。



もう、そうえば、自転車のチューブなんですけど、うちの自転車はしょっちゅうパンクして、しかも、パンク直しだけでなく、すぐにチューブとっかえしないと駄目だと言われ、そのたびに5千円くらいかかっていたんです。だから、自分でチューブを買っておいたのです。しかし、チューブを買ってからはパンクすることもなくなり、今でも、新品のチューブが手元にあります。そこで、実家の家族も自転車を使っているので、チューブいるかと聞いても、いらないと言う返事。会社に聞いてもいらないと言われました。
仕方がないので、カンボジアに持って行って、義父にあげる予定です。
うちでは、自転車のパンクはパンク直しセットを手に入れてから、夫の仕事でした。それこそ、カンボジアでも自転車のチューブなんて、そこらじゅうで売っているものなのですが、小さいものですし、持って行きましょう。あまりにも捨てるものが多すぎて嫌になります。
粗大ゴミの計算をしてみたら、1つ1つは300円とかなのですが、合計で1万円以上になりそう。
お金はまあいいのですが、ものを捨てすぎるのが、つらいです。区の粗大ゴミだとリサイクルにまわるようなので、そうなるといいです。



カンボジアに移住準備

携帯を買いました

カンボジアへ引越しをするのに必要なものの1つが連絡先。
会社で赴任する方は会社の住所とか電話とかを書けばいいでしょう。
我が家は赴任する会社なんてないので、カンボジアに住む義弟1に携帯を買ってもらいました。
これで、連絡先はばっちりです。

ちなみに50ドルということでした。

わたしは、携帯にあんまり興味がなくって、日本でも、全くといって使わないので、ただ単に電話機能があればそれでよし。お年寄りので充分です。というか、もう、お年寄り状態で、新しい機能がたくさんついているのは使いこなせないと思います。
だから、安いのでいいよといっておきました。
それで、50ドルのを義弟1は選んだらしいです。安いの安いのと言わないと、きっと彼はめちゃくちゃ高いのを買いそうでした。カンボジア人にとって、高いものを持って自慢するのはなんだかとってもうれしいことのようです。昔はいいバイク、今ならいい車とかいい携帯が自慢できるアイテムなんでしょう。
なんか、安いものを買うことはカンボジア人は恥ずかしいみたいです。
例えば、鶏肉とか、野菜とかを高く買う必要はないのですが、見せびらかすものはいいもの、高いものを持ちたいのです。



それで、海外引越しをする人はほとんど、家が決まっている人はないので、後で連絡して正しい住所を伝えればいいのです。
そして、引越しやさんに赴任かどうかいつでも聞かれて、何でそんなこと気にするんだろうと思えば、その書類があるかどうかで、日本の通関を荷物が通る日が決まるということなのです。
赴任の書類があれば、それを出せば、いつでも、引越しがどんどん進むのですが、我が家の場合のような赴任の書類がない場合、我々が、成田を出発して、確実にカンボジアに入ったという証拠を出した後でないと荷物が通関を通れないのです。なんだかめんどくさいです。
ちなみにカンボジアに行った証拠として、パスポートの成田の出国スタンプのコピーと、飛行機のボーディングパスの半券のコピーを送らないといけません。
それがそろって初めて荷物の出国の手続きに入れるということなんです。

荷物は人間の引越しの2,3日前に引っ越す予定ですが、我々がカンボジアに到着するまでずっと、港で待機しているなんてね。
どうも、仕事は何だ仕事は何だと聞かれるわけですね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアに移住準備

見積もり3社

あらかじめ5立方メートルでいくらか各社に問い合わせた上で、3社を選んで下見に来ていただきました。

問い合わせて数字が出た業者は全部で8社。

2社は飛びぬけて高くてあっさりと候補から外れましたが、残りはそんなに変わらない数字でした。というか30万円台の初めから後ろまででほぼ10万円違うのですが、まあまあそんなものかと。

そこで、1日に3社に来てもらったのですが、そこで驚愕の事実が!

なんと、我が家の荷物の量が同じものなのに、3社三様。
なんなんでしょうね。

これじゃあ、何立方でいくらと聞いてもあまり意味なかったかも。
ちなみに、同じ荷物を見て5,66立方メートル~9立方メートル弱との答え。

なんか全然違うじゃないですか!
同じ荷物なのに。

もう、こうなったら、何がなんだかわかりません。

自分はせいぜいいっても5かな~と思っていたので、それよりはたくさんあることは確かってことです。

海外引越し恐るべし。
梱包の仕方が違うのか?
こんな状態じゃ3社に来てもらっただけでは足りないかもって気もしてきましたが、疲れてもきましたので、ここらで手をうつしかないのかもしれません。

スーツケースも届きました。
以前タイタンゼノンを使って、1回で穴が開いて壊れたのを受け、もう、ブランドにはこだわらない、壊れてしまうことも視野に入れ、選びました。

軽くて安くて即決。
2つ選んで買いました。
この大きさではかなり軽いかも。満足です。今度は壊れないといいな~。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアに移住準備

1つクリア

航空券を買いました。
これで1つ終わってほっとしたようなさらに困ったような。

結局、マレーシア航空の片道航空券。
大人2人子供2人で、215,040円です。(大人43,000円子供32,300円後はその他)

初めてオンラインで予約しました。
オンラインだと、取り扱い手数料がかからないので、多少安いのです。
会社によって違いますが、2、3000円1人についてかかるので、1人ならまあいいですが、4人なので、1万円くらいになります。ですから、電話や店舗で買うよりも、同じお店でも、オンラインで買ったほうが1万円ほど安いのです。

航空券て燃料サーチャージとか、何とかがかかるので、書いてある値段よりも、2万円ほど高くなってしまうのがほとんどです。HISなんて、燃料サーチャージ込みの値段ですなんてコマーシャルしているけど、シェムリアップ行きにはそんなことは全くありませんでした。そんな紛らわしいコマーシャルしないでおくれよ~。この燃料サーチャージも4月からは安くなるとかならないとか言われてますが、もう買っちゃったし。


そんなわけで、今回はマレーシア航空を利用することになりましたが、よっぽどの人でなければ、カンボジア行きにマレーシア航空はおすすめできませんね。

マレーシア航空に荷物の事を聞いてみました。
ずっとトランジットエリアにいるなら荷物もスルーになるけど、一旦入国するなら、ピックアップすることをおすすめするということでした。
ピックアップした荷物は預けるロッカー?が空港にあるということなので、そこにすぐ預けてしまえばいいようです。でも、チェックインの時にどうしてもってお願いすれば、スルーでやってくれるようです。
長時間荷物が空港にあるのは良くないって言いますが、それって泥棒ってことかしら。そうはいっても、一般人が入るエリアでないバックヤードにおいてあるので、問題ない気がします。


結局トランジットは夜間なので、観光ができるわけでもないので、トランジットホテルにこもるってのもありみたいです。そうなら自動的に荷物もスルーだし。入出国の手続きもないし。

どうするかしばらく考えることにします。





テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアに移住準備

片道航空券

4月からの出発の航空券がそろそろ出てきました。出揃うまでにはまだもうちょっとというところか。


よく海外旅行をしている方には当たり前のことでしょうが、格安航空券と呼ばれる航空券(普通の人はこれを買いますよ)は、片道航空券というのがほとんどないのです。
往復でいくらという値段設定になっています。

そして、片道もあるにはあるのですが、往復のものより、高かったり同じ値段だったり。
国内線ではありえない値段設定となっています。


往復の航空券でも期間が短いのほど安く(14日間とか)1年オープンとか帰りまでの期間が長くなるほど高くなります。
また、使う航空会社によってサービス、値段が違うことは想定内だと思います。


そして、片道しかいらない場合(帰りが2年先とか)、往復の券でも帰りはいらなくなります。それは、そのまま捨ててしまうとよくないので、キャンセルした方がいいようです。


そして、わたしも今回は片道だけ必要なのですが、ちょうどいいのを発見しました。
しかし、それはマレーシア航空。
がーん。
別にマレーシア航空自体はそんなに好きでも嫌いでもないのですが、シェムリアップに行く場合、クアラルンプール(マレーシアの首都)で一泊しなくてはならないのです。乗り継ぎができないので、どうしても、マレーシアで一泊になります。
普段だったら、それでも良しなのですが、うーん、ちょっと考えてしまいます。

乗り継ぎで一泊の何が嫌かって、まず、時間がかかること。家を出発して24時間以上シェムリアップまでかかってしまいます。
また、マレーシアに入国出国するためにマレーシアのお金に両替しなくちゃならないし、ホテル代、町までの交通費等出費があります。

いいところは、ちょっと旅行気分が味わえるところです。

でも、今回は荷物が多いだろうしな~。できれば、一泊せずに行きたかったけど。これじゃあ、全くかたがたえしているようではありませんか。(吉の方角はもちろん知りません)


荷物も、手荷物で、パソコンとかカメラとかあるので、大変です。
しかし、マレーシア航空で行くので、スルーチェックインできるのか?スルーバゲージできれば、かなり気分は楽です。預けた大荷物を経由地で引き取らずにそのまま飛行機から飛行機へと運んでもらうシステムがスルーバゲージなのですが、それができるとまだいいです。人間だけマレーシアに入国して荷物はそのまま運んでもらいたい。

むむ、それにしても、以前だったら安いならと何でも我慢できたことが、年をとって荷物が増えたり、同伴者がいることで、面倒に思えるものですね。若い時にいろいろ行っといてよかった。
手ぶらで出かけられた頃はよかったよ~。

覚悟を決めて明日はびしっと片道航空券を買ってみます。


テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアに移住準備

ああ冷蔵庫

きのうは、持っていくものにさくっと冷蔵庫と書きましたら、cyatさんに、反対意見を頂きました。
実は、以前から、プサチャさん、Kさん、兄貴さんにも、冷蔵庫は現地で買ったほうがいいんじゃないかというコメントを頂いています。

そうは言われても、「冷蔵庫は持っていくもの」と頑なに考えていました。

それは、そもそも冷蔵庫は、小さいのを使っていたのですが(10年は使った)まだ壊れたわけではないけど、カンボジアにはきっとろくな冷蔵庫がないだろうから、日本で買って行かなくてはならないだろうから、新しいのを買おうと思って3年前に買ったものなのです。

そう、この冷蔵庫はわざわざカンボジア行きのために買ったもの。
そうなんですよ~。カンボジアのためにと思って買ったので、置いていくなんて選択は頭からなかったんです。

冷蔵庫はお菓子を頻繁に作るわたしにとってかなり必需品で、大型なものがいいのです。そこで、カンボジアに持って行くものとして買ったのが今使っているフレンチドア(これは夫のこだわり)の401Lの冷蔵庫。値段は10万円くらいだったと思います。401Lだと、結構広々としています。
で、冷蔵庫自体には何の問題もないのですが。

冷静になって考えました。

おそらく、この冷蔵庫って、2㎥に当たると思います。

ってことは、5㎥なら冷蔵庫がなければ、3㎥になるってことではないですか!

えー、10万くらい安くなるってことですか?!

がっくし。

きっと、10万円あれば、カンボジアでも、同様な冷蔵庫が買えるのですよね?

だから、みんな反対していたのかー・・・・・・・・。

そうなの、そうなの・・・・・・。

そうは思っても、頭がなかなかついていきません。

が、今は、冷蔵庫、考え直し中です。

10万円あればシェムリアップでも大型冷蔵庫買えますよね?いくらしますか。でも、きっと10万円あれば買えそう。

皆さん、本当にありがたいです。
とてもご親切に教えてくださって。


皆さんに教えていただいて、初めは持っていくつもり満々であった、洗濯機と、テレビはすっかり処分する気になれました。
それどころか、今では冷蔵庫もお別れかも。きっと、お別れなんでしょう。ああ。1時間前までは持って行く気だったけど。持って行くなんておばかさんなんですね。そんな気がすごくしてきました。ああ。


本当に、カンボジアの発展についていけてない気がします。


冷蔵庫はちゃんと、計算して考えてみようと思います。
しかし、引越しって、すごいですよ。
もう、ばっさばっさ捨てまくり。

今まで、わたしはゴミを大事にしていたのか?

でも、きっと、わたしだけじゃないですよね?ゴミを大事にとっておいている人って。
昨日はもう、眠れなくなって、服の整理と、取扱説明書の整理をしました。
取扱説明書も、たまるたまる。
引越しなんていう機会じゃないと、何でもたまる一方。
ここらで、すっきりさっぱりしてみるのもいいかもしれません。



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。