スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

ありがとうございました

気づけば、このブログも6年近くも続けてしまいましたが、今日でおしまいにします。
中身はたわいないことがほとんどですが、急激に変化しているカンボジアの1部分をお伝えできたかなと思っております。最近の町のカンボジア人では知らないような、古いことも過去には書いてありますので、ブログは何かの参考になることもあるかもしれないので、このままおいておきます。

長い間たくさんの方たちから応援していただいて、とてもありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。


今日はこんな写真をとってきました。
子供達も大喜びです。


シャシン


着付け?メイク込みで2時間くらいです。
これは6号線沿いのお店で撮りました。3日間くらいかかるようです。
時間がある方はいかがでしょうか?


はっきりいって誰だかわからない顔にされます。1度は体験したかったのですが、すごかった。
こんなメイクをカンボジア人は結婚式ではみんなやります。だから、かなり親しい人でも「誰?」ってかんじです。




それでは、カンボジアか日本かはたまた世界のどこかでお会いすることもあるでしょう。
どうもありがとうございました。
どうぞお元気で。



molis
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

美容室

外国暮らしで、やっぱり困るというか、物足りないというか、そういうものの1つが美容院ではないでしょうか。
わたしは、割とどこの国でも髪の毛を切るタイプで、いろいろなところで切ってきましたが、やはり日本の美容室は1番いいです。カンボジアとかばっかりとお思いでしょう。ちっち、おフランスとかでも、別に大したことなかったですよ。
でもまあ、そんなカンボジアでも普通に現地のお店で切ってしまうわたしでありますが、シェムリアップに日本の美容師さんがやってきたので、最近はそこにお世話になっております。

やっぱり、日本の美容師さんに行っちゃうと、もうカンボジアの現地のお店には行けないですね。
こちらに住んでいるママたちにも、とっても好評みたいです。


お店はこんなかんじ。


美容室


場所は川のそばでわかりにくいので、電話してから行くといいです。
のりちゃんというかわいい美容師さんがカットしてくれます。

電話は077-384-735

日本でも新しいところに住む予定なので、美容室探さないとな~。
せっかくいいノリちゃん美容室に通えてたのに、シェムリアップから離れるといけなくなるのが残念です。

こちらで、美容室を探している方は是非行って見てくださいね~



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

アイススパ

シェムリアップにお風呂ができたと聞いてさっそくいってみました。
それはアイススパ。
6号線沿いにある、以前キャッスルという観光レストランで、すぐに終わってしまったのですが、やはり、また韓国系。韓国のお店なので、当然韓国人と思われるのです。アニョハセヨ~くらいはいわれても、アニョハセヨ~とかいえますけど、それ以降は困ります。ほんと、カンボジアにいるのに、韓国語も必要なのかな~。

それで、お風呂お風呂。
1人4ドル。
なんと、子供はタダだったので、これは、また行かないといけないと、鼻息も荒くなります。いや~、ミャンマー旅行でホテルをとる時に、子供が2人だと、エクストラベッドが必要で最高で45ドルもかかったからです。もう~、安いところ1部屋泊まれるじゃんてくらいに高いので泣きそうです。添い寝でいいのでエクストラベッドなんていらないんですけど、何歳以上は必ずお金をとられる仕組みになっています。


それで、案内されて入っていくと、なにやら銭湯みたいです。
アイススパ

ここに靴を入れて、鍵をかけ、その鍵がまた次の脱衣所の鍵になります。

中はこんな

アイススパ1


写真はなんか暗いですけど、本当はもっと明るくていいかんじです。
誰もいなかった。これは女湯で男湯はもっと広いらしいです。

話によると、朝鮮人参風呂らしいです。あまり匂いもなくよくわかりませんでした。
温度は、ぬるめで丁度いい。子供も喜んでは入れる温度です。
サウナもありました。
ただ、サウナは、入った途端に熱風ががパリ~というかんじではなく、これって、暑い時のカンボジアのお外みたいというのが子供の感想です。あ、全然普通のサウナなんですけどね。

そんなこんなで、テンションも高く、お風呂を楽しんだのでした。
また行かなくっちゃ。24時間やってるということです。

韓国もお風呂入るんですね。
ここは、レストランもありました。韓国人だらけで、かなり疎外感ありますけど、お風呂が良かったのでまた行きますよ~。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

たいそう疲れました

そろそろ荷造りしないとということで、段ボール箱に荷物を詰めてみました。
しめて13個。

お隣のルモーの人に頼んで、郵便局へと運びました。
そしたら、2時半にならないと、荷物の人は来ないということなので、荷物を置いて、また出直すことに。

そして、ようやく係りの人が来たので、出そうとしたら、まず計量。
1キロいくらという表を事前に書き写していたので(そこに30キロまで載っていたから)、てっきり30キロまでいいのかと思って、最大30キロまで詰めてきたのですが、日本へは20キロまでじゃないと駄目だということが判明。

6個はセーフでしたが、7個はアウト。

また家に戻り、箱を持ってきて、郵便局内で荷物をあけて、20キロにして詰めなおしました。
ものすご~く疲れました。最近かなり暑いし、その中を行ったりきたりして。

結局荷物は15個になって送ることができました。
ちなみに20キロは128ドルです。高いでしょ。
トータルで1640ドルもかかっちゃいましたよ。

あとは、台所用品がすっかりと残っていますが、人間と共にスーツケースなどにつめて運ぶ予定です。
4人いるので80キロまでオーケーですから、是非ともそれを有効活用したいものです。

そもそも、1人20キロとか荷物の制限ありますけど、どうせなら、人間と合わせて100キロとか、そんな風にしてもらいたいものです。重たい人はなんかお得な気がします。

あ~家では箱にきっちりと詰め込んでいいかんじにできたのに、郵便局で重さのみに集中して詰めなおしたから、隙間とかできてたし、無事に届くのかかなり心配です。郵便局内で既に重いから?足で運ばれてたし。まあ、心配したところでもうわたしにできることはないですから、楽しみに届くのを待つことにしましょう。


日本へはベトナム航空で行くのですが、家族4人なら80キロでいいのか、個数制限はあるのか日本に電話して聞いてみたところ、同時にチェックインすれば、重量は合計できる。個数制限はないが、32キロ以上は駄目なので小分けにしてくださいということでした。

カンボジアではセルカードという誰でもが使っている携帯電話を使っていますが、これで国際電話をかけるときには初めに177そして、国番号、電話番号(例えば東京には177-81-3-・・・・)でかけると日本へは1分20円くらいなので気軽に国際電話がかけられます。


段ボール箱だらけだった家が多少すっきりとした気はしますが、荷物って後から後から出てくるんですよね。
カンボジアの家は基本的に収納スペースがないので、うわっここにもあったんだってことはないのですが、それにしても大量の本がどこからかでてきます。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

花盛り

マンゴー3


今はうちの裏でもマンゴーの花が満開です。マンゴーの花って、これが花?っていうかんじの、花らしくもないきれいじゃないものですけど、今年もたくさん咲きました。

実は緑のが少しできています。
写真の黄色いのが花で、緑の実も1つ見えてるでしょ。

ゴールデンウィークくらいまでが、マンゴーの時期です。
今売っているのは、輸入品のマンゴーです。去年は裏のマンゴーを毎日たくさん食べたので、もうあまりマンゴーは食べたいと思わなくなってきていて、子供もあんまり欲しがりません。欲しがるものは嫌になるまで食べ続けるといいのかも。

もっと食べたいな~って思うくらいでやめとくのがいいんでしょうね。


最近は暑くなってきました。
これから、4月にむけてどんどん熱くなります。
12月1月は、朝は寒いくらいでとっても過ごしやすかったのに、最近は朝起きるともう暑いから。

今日は車を売りました。
荷物もだんだんと整理してます。

子供の1年生の時のダンボール、2年生の時のダンボール全部捨てました。教科書、ノート、プリント、テストなんかを1年ごとにダンボールに入れて、とっておいたけれど、よく考えれば、2度と使わないものなので、思い切って燃やしました。
どうやら、日本から、カンボジアに要らないものをたくさん持ってきたようで、こちらからは、なるだけ物を減らしていこうと思います。今流行の断捨離ですね。
荷物は、船便で送ろうかと思っているのですが、同じ重量の場合、日本から送るよりもカンボジアから送る方が高いのです。ああ、やっぱりカンボジア高いな~。

そういえば、バレンタインデーですが、日本ではチョコレートやさんの陰謀?でチョコレートの日になったということですが、ラッキーモールでも、チョココーナーができています。カンボジアではほんとに、最近入ってきたイベントなので、いろんな国のアイデアが盛り込まれているのでしょうか。ばらを売っているのも見られましたよ。お花をあげるみたいです。わたしは、もらいませんでしたけど。


テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

お正月モード

昨日までラオスに行っていて帰ってきたばかりなのですが、市場に行ったら中国のお正月モード全開でびっくり。
ラオスではそんなことなかったな~。

市場は大混雑でこの時期に合わせたものがたくさん売られてました。(なんか蒸しパンみたいなおかしとか)
こういうのも年々派手になるみたい。

中華系の人って多いっちゃー多いんだけど、ちゃんと中国っぽい生活をしている人はそんなにいないんだけど、中国人てお金持ちが多いので、中国人ということがステータスであったりもするので、あまり関係ない人もお正月とかしたいのかも。中国系でも全然関係ないって人もけっこういますし。

なんにしても、10数年前にはお正月なんて全然でしたから、全体的に生活レベルが上がっていろいろな余裕が出てきたということには間違いないな~って思います。


いやとにかく活気がありますよ、カンボジア。(いい言い方をすればね。悪い言い方ならばがつがつしているというか)
ラオスはかなり静かで似ているような似ていないようなそんな国でした。

今日はエビがよさそうだったので、エビ1キロ、さば、豚肉などを買ってきました。
いつもあるウズラの卵など、中国の特設売り場に押されてなくなってたし。市場に行くと、鶉の卵と、ジャックフルーツを買って帰るのが定番なんです。ジャックフルーツは大きいのでそのままだと食べにくいから切って中身だけになっているのを買うのがお勧めです。1キロ5000リエルなので、うちでは400グラム、2000リエル分を買ってちょうどいいおやつになります。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

サービス

ケーキ4




ラッキーモールというスーパーがシェムリアップにはあって、そこは、日本ではどうってことないところですが、ここにいると、涼しいし、なんかいいかんじの場所であります。

基本的には肉など市場で買っているわたしですが、お菓子やアイス、ちょっとした輸入食品などを買う場合にはラッキーモールでお買い物します。

そこには、メンバーズカードがあるのです。
カンボジアで持っているメンバーズカードは、ここのだけです。
というか、他にそういうのあるのかな?

で、買い物のたびにカードを出してポイントを貯めてはいるのですが、何かもらえるほど貯まるのには相当かかりそうだから、何も期待はしていませんでした。

ところが、ある日電話がかかってきて、お誕生日だからクーポンをあげるというのです。
どうやら、それでケーキがもらえるらしい。

それで、行って見たら、こんなに立派なケーキをいただいちゃいました。

カンボジアでこんなサービスを受けたのは初めてでびっくりしました。
ケーキをもらって夫もうれしそう。
味もこちらのケーキという感じですが、けっこうおいしかったですよ。

あ、ちなみに、この誕生日というのは夫の誕生日だったのですが、これは、なんか学校で登録する時に先生が勝手に決めた誕生日なので、自分が言い張っている誕生日とは違います。
正式な書類には、この先生が勝手に決めた誕生日が全て書かれます
そして、言い張っている誕生日とは8月火曜日です。
悲しいことに何日かは知りません。戦争中でそれどころではなかったとか。

ちなみに、カンボジアでは何曜日生まれかはけっこう重要で子供が生まれたときも何曜日だとか確認してました。重要って言ったって、占いで使うくらいなんですけどね。

話がそれましたが、こんな風にカンボジアでも新しいサービスが出てきて、だんだんと変わっていくんだろうなという気がしました。ただね、このケーキのサービス、○日9時に来てくださいと、かなり限定して言われるのです。その日は行けないといったら、変更してくれましたが、ピンポイントで来いって言うのがカンボジアらしいなと思いました。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

恐るべしアリ

たぶんしつこく書いてるかと思うのですが、カンボジアで一番嫌なのはアリなんです。
いろいろな種類のアリがいて、うちにいるのは、そんなに獰猛なやつじゃないいたって普通のありなんですけど、それでもすごいんです。獰猛なやつだと、一旦食いついたら離れなくって、泣くほど痛いらしいのですが、そんなのは森の中にいます。
うちの中によく入ってくるのは小さいアリで日本にもよくいそうなのですが、ほんと、至るところに入ってきます。
食べこぼしにくるのは当たり前ですが、まあこれは、食べこぼさなければいいわけですね。こちらの落ち度といえましょう。

でもでも、インスタントラーメンの中に入っているアリはどうです?
ひどいでしょう。
インスタントラーメンて袋に入ったのでもちろん未開封のもの。開けたとたんにアリがウジャウジャなんてことは日常茶飯事。一体どこから入ってくるんだろ。
わたしは、失礼なことに、これはきっとカンボジア製のラーメンの袋の作り方がよくないせいだと思っていました。
全く~カンボジアのラーメンてアリが入ってくるようなつくりで困るわ~なんて。

しかし、今回日本製のラーメンの袋にもアリが入っていることが発覚しました。

すみません、カンボジアラーメン。君が悪いわけではなかったです。アリがすごすぎるんです。


もう、やになっちゃいますよね、アリ。

しかも、今はうちの門のところに巣を作っていて、バイクに乗ろうとすると足に猛烈にかまれるので困ります。アリってけっこう痛いんです。しばらく痛いしね。



世間ではクリスマスですか。もう日本は終わって一瞬のうちにお正月モード突入ってところでしょうか。
こちらでは、しばらくデコレーションされてます。ここはホテルが多いので、夜なんかとてもきれいですよ。

うちでも、フライドチキンとかケーキを作って食べました。
ケーキは、今年はチョコレートケーキと、チーズケーキとロールケーキ2種。
なぜこんなに作るのかというと、いろいろ食べたいということもありますが、1リットルの生クリームを買うので、それを一気に使うとこんなになってしまうのです。
朝ごはんロールケーキとかそんな具合にいつもとは違うクリスマス気分を味わいました。

いつもはお茶なのに、ジュースも出たのですが、それはファンタのイチゴ味。一体どんななんだろうとちょっと楽しみにして飲んだら、単にイチゴシロップに炭酸が入った味でした。もう、いらないな~。

ケーキはたくさん作るのはいいのですが、保存する場所はもちろん冷蔵庫なので、冷蔵庫がぱんぱん。ようやく空きができました。ラーメンも冷蔵庫で保管しないとならないかも。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

キャッシュバック

わたしが毎日飲んでいるビール。
空き缶がどんどんたまります。
どうするかというと、エッチャイという廃品回収の人に売ります!

なんと、カンボジアでは空き缶は売れるんですね。
いくらかはよくわかりません。けっこう大量に出して、数えてお金をくれるんですが、かなりまちまちなので。
いい人だと1缶100リエルくらいみたいだけど、だいたいは2缶で100リエルくらいかな?
ペットボトルとかも出すので、よくわからないんです。

このエッチャイ、ピヨピヨっと音を出してやってくるのですぐにわかります。
いろいろな人がいて、持っていってくれるものと、くれないものがあるので、当たり外れあるみたいですけど、気が向いたら呼んで持っていってもらいます。

それで、結局アンコールビール1箱10.5ドルで買ってますけど、空き缶がキャッシュバックされるので、10ドル位かも。


でも、うちの近所の子供達、毎日遊びにくるんですけど、このためた空き缶持っていこうとするんですよね。わたしが見てると、「ほら、置いて、帰るよ」なんて言って帰るので、空き缶がお金になるとわかっていて持っていこうとしているのかな~とか思って。ちゃっかりしている子もいますね。


ちなみに、その他のゴミは、裏で焼いています。
子供が昔の暮らしとか、ゴミの処理とか社会で勉強していますけど(日本の教科書)、まさに、60年前の日本の暮らしなんです。位置を移動しているだけなのですが、実は時代も移動していることもあるんですよ。
面白いですね~。子供は2010年に生きながら、60年前の日本の生活を実体験しているわけで。

ゴミを家で焼いて、井戸水を使う生活。
特に不便はありませんが、教科書に載るような生活らしいです。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジア生活

極寒

きのうは寒かったです。
朝起きたらなんと24度。
子供もものすごく寒がっていました。(あ、もちろん、半そでTシャツ着用です)

今日もちょっと寒かったけど、すぐに温度が上がって、ただいま30度。
ちょうどいいです。
暑くもなく寒くもなく。30度なら汗もかかないで快適に過ごせます。
24度はちょっと寒すぎで、上着を着込みましたよ。


そんなわたしの今日のおやつ。
おやつ5


バンチャエブです。
歩いていける近所には生春巻きが売っているので(1個500リエル)、だいたい、わたしのビールのお供にはそれが採用されますが、今日はこれ。
いつもは、これは専門のレンストランで食べます。
たぶんそこだと1つ4000リエル(100円)くらい。
*為替レートに関わらず、わたしは常に1ドル100円計算です。

で、今日買ったのはなんと1つ100リエル。25円じゃないですか!

今写っている黄色いのがメインなのですが、この他にたっぷりの生野菜がつきます。あと、たれと。このたれが好きなんですよね、おいしくって。
こんだけついて1つ1000リエル。
激安です。
はっきり言って、今や激安とはいえなくなったカンボジアでありえない値段です。
このバンチャエブ自体は、粉を焼いたものと、もやしと豚肉なので、そんなに原価高くはないですけど、手間暇かかりますし、生野菜は、けっこう高いし。サニーレタス、きゅうり、バジル、タデ、どくだみ、などなど、たっぷりつきます。
ちっとも儲かってないと思います。暇にしているよりいいってことなのかな~。全部売れるわけじゃないと思うし、大赤字な気がします。

これは、家庭料理でもあるので、うちでだれでも作れるのですが、クオリティーとしては、いつものレストランで4000リエルで食べている方が、皮はちゃんとしていました。今日のはちょっとだれてるかんじ。でもでも、1000リエルですから、許容範囲内です。味は普通においしい!

ビールが進んじゃいます。ただいまアンコールビール3本目。


子供も大好きなバンチャエブ。また買わないと。ご近所で売ってればいいけど、バイクで行かないとならないところです。生春巻きと同じたれなんだけど、また買いに行きたいな~。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。