スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

義務教育

日本で義務教育といえば、小学校、中学校です。

カンボジアには義務教育という制度があるのかはわかりません。

実際は学校にいっていない子、いったことない人はうじゃうじゃいます。
カンボジアの学校は基本的にただです。
じゃあ、お金のない子でもいけるじゃないか、って思うでしょ?
それが違うんですよ。
カンボジアでは、子供も働きます。小さな子も、牛の世話や、畑仕事や、洗濯・・・何でも、やるのが普通です。
だから、いくらただの学校でも、学校に行くということはその分働かないということなので、嫌がる親もいるのです。

これって、カンボジア人の考え方だなと私は思います。
わたしが、よく感じたことは、カンボジア人は、未来のことを考えない。考えるのは、今日のことだけ。毎日、毎日、今日の市場の物の値段の話ばっかり。

違う人も、もちろんいますが。

やはり、生きることに精一杯だった名残なのでしょうか。
子供を学校にやるってことは、今は、労働力として、役に立たなくて、マイナスに見えるかもしれませんが、のちのち、いろんな考え方を身につけたり、知識を身につけたり、10何年後に違いは出てきます。
それが待てないのかな、と私は思います。

ああ、お金はあるのに、ただの怠け者の子もいます。

でも、今30代くらいの人は、小学校をまともに出ていない人はごろごろいます。戦争のせいもありますし、生活のために働きたかった人もいます。

でも、今は時代は変わってきたので、子供たちがみんな小学校に行けるようになればいいなと思います。

ちなみに、今も、小学校は2部制で、午前組の子と午後組の子がいます。学校が足りないと理由らしいですが。
学校とは、学校という箱もののことだけではありません。先生もです。先生の待遇が悪すぎるのです。

だんなさんも昔は小学校の先生でした。でも、待遇の悪さからやめてしまいました。半年に給料が1回しか出なかったから、やめたって。
だんなさんのお父さんは、今は小学校の校長です。それでも、給料はやっすーいですよ。

ただし、カンボジアの学校は毎年テストがあり、落第もあります。1年生だから来年は2年生になれるわけではないのです。テストにパスできないと、2年生にあがれません。うーん、きびしい。

カンボジア人が、「てやんでい、こちとら農民だい。農民が学つけてどうするってんだい!」って言う気持ちもわからなくはありません。

わたしも、日本のお受験とかには うへっ て思ってます。

でも、教育を受けるということで、人生にいろんな可能性がでてきて、世界が広がると思います。わたしの人生がこんなになったのも、教育のおかげかな?
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。