FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

いい道は危ない

今回驚いたことの1つが道がよくなったこと。
わたしが始めてカンボジアを訪問したのは10年前のこと。やはりその時のイメージが強い。

しかーし。今や、いい道路じゃないですか、そこら中。いい道路っていうのは、日本と同じような道路っていう意味で、それ以上って訳ではありませんけど。昔は、土で、舗装なんかされてなくて、そこら中ぼこぼこ穴があって、とてもスピードを出すどころではありません。穴のある道路だからこそ、みんな慎重に運転して、かえって安全でした。そもそも、交通量が今と比較できないほど少なかったし。昔だって、若者はバカやって、事故る人いましたよ。でも、自分が痛いだけど、それほどほかには迷惑かかってなかった気がします。

今や、スピードは出すは、交通ルールはよくわかってないは、酒は飲んでるはでそれはもうひどいもんです。

警察官飲酒運転を是非取り締まっておくれ。

カンボジアでは酒飲んで運転するのは当たり前のことなんです。
昔は、それでも、まだよかったんですよ。飲酒運転を推奨するわけではないのですが、ほとんど、その乗っているバイクは、自転車程度のものでしかなかったから。でも、今は、バイクも車も非常に増えて、どうにかしないとまずいんじゃないかって本気で心配になりました。

そして、今や携帯電話は1人1つが当たり前。車乗っていようが、バイク乗っていようがお構い無しにかけるはかかってくるはで。

そして、6号。プノンペンへと行く道です。これがまたものすごくよくなって、プサールーを超えるまではまだ、車が多いから、スピードは限られているんだけど、プサールーを超えると、ガンガン飛ばすとばす。かなりのスピード。そして、車に乗っている人はクラクション鳴らすだけで、バイクや牛車をガンガン抜いていく。危ないよー。まだまだ、田舎に行く道では、自転車や、牛車が通っています。そこをビューンて猛スピードで抜いていくわけなんです。どうせなら6号は牛車用、自転車用の道も作るべきなんじゃないかと思いました。

ちなみに、救急車、毎日のように出動してましたよ。1回は事故現場を見ちゃって、2人人間が転がっていました。死んではなかったようですが。なんだ、なんだ、と聞いてみると、やはり酔払い運転のせいでした。

そして、だんなさんの知り合いも3ヶ月ほど前に事故で死んだそうです。

やはりここは、警察官に頑張ってもらわないといけないのかな。今は、ただ、一方通行のところを取り締まっているだけなので、そんなんじゃなくて、飲酒と、スピードをなんとかしてもらいたいとこです。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。