FC2ブログ

カンボジア語

挨拶

カンボジア語の挨拶で、「こんにちは」は
チョムリアプスオー
といいます。

日本人がお辞儀をしながら挨拶するのに対して、カンボジアでは両手を顔の前で合わせて、少し、頭を下げて挨拶します。

スースデイ
という挨拶もありますが、チョムリアプスオーの方が丁寧です。
スースデイの時は、両手を合わせたりはしません。

カンボジアに住んでいた時、近所の子供が学校から帰ってくるときに挨拶をします。
チョムリアプスオー
といいながら、両手を合わせて、ちょこんと、お辞儀をしつつひざを曲げるのです。カンボジアでは近所のおじさん、おばさんにもちゃんと子供たちは挨拶します。その、ちょこんとひざを曲げてする挨拶がとてもかわいらしい。
そうすると、わたしも、両手を合わせて、
チョムリアプスオー
と、挨拶を子供たちにします。
わたしは、足は曲げません。

はじめはチョムリアプスオーなんて、長くて、難しいと思いましたが、慣れてしまえば、チョムリアプスオーです。これは、ぜひマスターしたほうがいい言葉です。その時は必ず手を顔の前に合わせましょう。

こんにちは、は、普通、そういう言葉で本に書いてありますが、お隣の人なんか、毎日ずっと顔を合わせる人になると、チョムリアプスオーも、スースデイも使いません。使ったって、別にいいんですけど。
では何を使うかというと、
「ニャンバエ?」「ニャンバイハイルーナウ」
などです。
これは、ご飯食べましたか?という意味ですが、これは、毎日毎日いつでも、どこでも、誰でも、親しい間柄ではよく使われます。
スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人