FC2ブログ

だんなさん

日本庭園にて

日本庭園にお散歩をした時。
この頃は暖冬で、日向なんてぽかぽかして気持ちいい。南向きのベンチで、のんびり日向ぼっこなんて、おばあちゃんになったみたいです。

池には鯉が泳ぎ、かもめがたくさん来ていました。鳩もたくさんいて、その鳥たちにえさをあげる人がいっぱいいました。だから、鳥もいっぱいいるんでしょうね。

そんなのどかな景色の中、だんなさんは、
「こんなのって、カンボジアではありえないよね。」

そうなんですよ。だいたい、あんまり公園てものはないし。ま、そこらじゅうが公園みたいなものって話もありますが。

鯉や鳥にえさをあげるのがありえないんです。
どうしてかというと、それらを見たら、みんな捕まえにかかるからです。きゃー。
それでどうするかって?食べるんですよ。

特別食べ物に不自由しているってわけじゃなくても、鳥がいたら、捕まえるのが基本。しかもあれだけたくさんの鳥を見たら、捕まえないでいられようかってことです。

日本人では公園で鳥がいたら、えさをあげるのが普通かな。捕まえたがるのは子供くらいか。でも、食べようとは思わないだろう。

だんなさんは今はそういう気持ちなくなったそうです。昔なら、食べ物にしか見えなかったらしい(捕まえた鳥のみで生きていた経験あり)。
おー、おー、ずいぶんこっちの人になったねえと思ったら、
「日本人はおいしいの知らないから捕らないんじゃないの。」って。

ぜんぜんこっちの人じゃないです。

魚でも、鳥でも、日本じゃもう肉になっているのが多いけど、本当はそういう生き物を食べているんだから、同じなのに、なんか、生々しいところはうまく隠されちゃっている生活なのかなと思ったりして。
スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人