FC2ブログ

カンボジアの文化、生活、習慣

コマーチェンモック

昔は、カンボジアは共産主義でした。
共産主義は赤い色ですね。
だから、だんなさんが、子供の頃は、そういう社会だったため、おりこうな子供は赤いネッカチーフ(みたいなの)をもらって、首につけていました。

みんながみんなその赤い布をもらえるわけではありません。
「コマーチェンモック」と呼ばれる子だけがもらえるのです。制服は今と同じ白いシャツに紺色のズボン、スカートです。
普通の子と、コマーチェンモックは赤いネッカチーフをしているかどうかで、一目瞭然です。
コマーチェンモックに選ばれる子は、とても誇らしいそうです。
だんなさんは、2枚その赤い布をもらって、うれしかったと。

コマーチェンモックは、旅行にいけたり、本や、文房具、お金をもらえたりします。

たまに昔の写真を見ると赤いのをつけている子がいます。おしゃれでつけているわけじゃないんです。赤い色にも意味があるし、へーって感じです。

スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人