FC2ブログ

カンボジアの文化、生活、習慣

アカラカン

カンボジアには字の読めない人がまだまだたくさんいます。
そういう人たちに字を教えることをアカラカンといいます。

村で、あそこのだれそれは字読めないとか、そういうのを把握して、暇な時に字を教えてくれます。これは、政府でやっている事業?です。

だんなさんの数ある兄弟に1人字の読めない妹がいます。
なぜ読めないかというと、学校に行っていないから。戦争でいけなかったとかそういうんじゃないんです。全くよくわからないんですけど、両親がかわいそうだからといって、その子を学校に行かせなかったんです。
もう、20歳になりましたが、学校には、全く行ったことがないそうです。

だいたい、父親が、学校の先生なんだから、ちょっとは、教えてやればいいのにって思いますが。彼らにも彼らなりの理由があるのですが、わたしたちには理解不能です。

そこで、アカラカン。
今度、そこに行ってくるそうです。


若い人は文盲率かなり低くなってきてはいると思いますが、お年よりは、けっこう多いです。5.60代になるとあきらめる人も多いですが、3.40代がアカラカンで勉強する人多いみたいです。

わたしが、ちょっと、カンボジア語勉強して、「買い物」って単語を書けるようになったんですけど、その、字読めない妹に「買い物」って書けるかどうか聞いてみたら、書けるそうです。

なーんだ。

全く、読めない、書けないわけではないんだ。
わたしが、密かにカンボジア語勉強して、カンボジアで、その妹に外国人のわたしだって、こんなに書けるんだから若いあなたも勉強しなさいと、言おうかなーと思ったけど、そんな日はこなさそうな気配。すでに、やる気の失せてきたわたし・・・。

ちょっと、字を勉強するとへーと思うことがあります。

その1、チョムリアップスオ
有名な挨拶ですが、実はチョムリアッブスオだった。(PではなくてBだった)
その2、シェムリアップ
シェムリアッブ(こっちもPでなくBだった)
発音はPなんですけど、書いてみればB。

わたしの勉強はそんな程度で終わりそう。
ああ、もう、やる気ないのかなー。
スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人