FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア人

お寺に入りたい

カンボジアでは、仏教が広く信仰されています。
お寺に毎月お参りに行くのもけっこう当たり前。
一般の日本人の無宗教ぶりからすると、なんか、すごいなーと思います。

しかし、これも、よしあし。
われら、無宗教夫婦にはカンボジアの家族の行いはなかなか理解できないものなのです。
理解はできるけど、あんまりうれしくない。

カンボジアではお坊さんは1番偉い(王様よりも)のです。
でも、お坊さんは禁欲的な生活だし、結婚もできないので、普通に結婚して過ごしてきた人たちはお年寄りになると、お坊さんほどじゃないけど、それに準じた生活をしたがります。それをうちでは「お寺に入る」と呼んでいます。

お寺に入った人は白い服を着ています。頭は男でも女でも坊主にします。
でも、黄色いお坊さんと違うのは結婚していたり、お寺で寝るわけでなく家で寝ることです。
この、白い服を着たお寺に入った人はいろいろな段階があって、生活の厳しさが違います。

生活が厳しいというのはどうかな、やっちゃいけないことが増えるというわけです。

何をやっちゃいけないかというと、泥棒禁止、武器製造売買禁止、毒の薬売っちゃいけない、お酒製造と飲んじゃいけない、生き物の売買禁止、売買春禁止。これが、大前提になります。

で、こうなると、だいたいの商売ができなくなります。要するに引退ということらしいです。
お義父さんの場合、まだ学校に通う子がいるので、まだまだ引退してもらうわけにはいかない。それで、聞いてみたら、
「あなたが帰ってくるのを待っているんだよー。日本から帰ってきたらね、お寺に入るパーティーをしてもらうんだ。」
ってことでした。

そうなの?!

だんなさんもたじたじ。
そんな待たれていても・・・・・。
お寺に入るパーティーとは頭を剃ったりするんです。
ただそれだけでなく、貧乏な人にお金を上げたり、白い服を用意したり。
その規模もいろいろみたいです。
お義父さん、なぜか、とっても我が家に期待しているみたいなんですけど。

お義父さんもお義母さんも、すごく我が家に期待をしていても、その期待、裏切られるかもしれませんよ。
なんせ、見栄っ張り民族ですから、たくさんの寄付をしたり、大きなパーティーをすればするほどうれしいんです。そして、それが、最高の親孝行。

いや、お義父さんと、お義母さんがお寺に入ったっていいんですよ。
入りたいならね。それで、うれしいなら、いいでしょう。
しかし、それが、我が家にかかってくるとなると。

だんなさんは、お寺に入ることすら嫌なんだって。そんなに宗教に染まって欲しくない。普通に遊んで、旅行したり、勉強したり、楽しく余生を過ごしてもらいたい。

でも、わたしは、それはもう、価値観の違いだから、しょうがないんじゃないかと思っています。義父母はお寺に入ることこそが楽しいんだろうから。
だんなさん、自分の親なのに、ぜんぜんわかってないです。




スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。