FC2ブログ

カンボジア観光

気をつけて

カンボジアでも薬物は禁止されています。
昔はその辺おおらかだったのですが、今は毎日逮捕されていることがニュースになっています。

シェムリアップでも、もちろん禁止ですが、お客様に聞いたところ、ルモーのドライバーにガンジャを買わないかと言われたそうです。
ルモードライバーの中には、そのような誘いをかけてくる人がいるので、是非気をつけてください。
そういう誘いに乗った後には、どのような展開があるかわかりませんが、ろくでもないことになったら大変です。
カンボジアは中国とは違い、死刑こそありませんが、カンボジアで懲役なんて嫌すぎでしょう。
安易な気持ちで、海外だからと、気を緩めない方がいいです。


96年当時は本当に酷かったです。
プノンペンなどは、ガンジャを求めてやってきた人ばかりでした(日本人)。毎日きめているので、傍から見れば、廃人同様になっている人も。
その頃は、ゲストハウスには、テーブルにお茶のようにガンジャが置いてあったりしてて、かなり普通にどこにでもあるものでした。わざわざ買うまでもなく、みんなくれるくらいのもので、大量に買ってもものすごく安かったです。

わたしは、タバコも嫌なので、そういうのは一切無関係でした。自分の脳を大事にしたいという気持ちもありましたし。

今はルモーは地方からやってきたのに仕事がなくて困っている人が多いみたいで、そうすると悪いことをする人も出てくるので、充分に気をつけてください。安いからといって、変なドライバーだと大変です。


さんぽ
写真は、こおろぎ等虫を取る装置?です。夜電気をつけて、虫を集めて、下に水を入れておいて捕まえます。上のビニール袋はその時はシーツのように広げてたらしておきます。
で、それを揚げたのとかを道端でよく売っています。
スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人