スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

種豚

種豚

うーん、よくわからない画像ですが、豚が運ばれているところです。
普通に見えるかもしれませんが、これは普通ではありません。
なぜなら、豚がひっくり返っていないから。

カンボジアでは豚が売られていくときは、普通はバイクにひっくり返して乗せられ、おなかを上にして紐で括り付けられます。1頭の時もあれば、並べて2頭のときもあります。
しかし、この豚は檻のようなものに入れられて、おなかを下にして運ばれています。これはいわば豚のVIP待遇。この豚はとても大きくて立派なので、種馬ならぬ種豚なのです。
これから、たくさん子豚を作るんでしょう。

ひっくり返った豚といえば、死んでいるわけではなくて生きているのですが、バイクの上で、じっと動けなくなって運ばれていきます。
カンボジアでは、車に山盛りに乗った人を見かけます。
トラックの荷台に、荷物を山ほど積んで、さらにその上にぎっしり乗っていることもあるし。
囲いが全然ないところに乗って、走っていなくても落ちそうで怖いです。

でも、わたしは見たことがないのですが、聞いた話では普通の乗用車の上に(屋根のところ)豚のように体を紐で結わえて乗っている人もいるとか。禁止されているようですが。
だから、トラックの荷台に山盛りに乗っている人に危ないとかいったところで、ぜんぜん危ないとは思っていないかもしれませんし、こんな車に乗れてありがたいのに余計なお世話だといわれるかもしれません。絶対に危ないのですけど、下には下がいるというか、この国の事情を知らずに外国人がどうこういうことはどんなことでも難しいなと感じます。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。