スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの道具

金屋

金屋

これは、市場にある金屋さんです。
市場には、こういう金を売っているお店がたくさんあります。
ここは、お土産やさんではなくて、地元の人が来る市場なので、地元の人用にこういうお店はあります。カンボジア人は金が大好きなので、女性は金のアクセサリーが欲しいようです。
わたしは、まじめに見たことがないので、よくわからないのですが、結構買っているようです。

わたしは、金より、石のほうに興味がありますが、カンボジアはおみやげ物としての宝石はまだまだです。シェムリアップにもけっこう、観光客向けの宝石店を見かけるのですが、韓国経営が多いみたい。そして、ちょっとしかチェックしていないので、違うのもあるかもですが、チェックしたお店ではタイ製の商品しか置いていませんでした。
カンボジアはせっかく本物の宝石が採れる産地であるのに、それが観光にまったく活かされていないのはもったいないなあ。
技術的な問題やセンスの問題があるのでしょうか。
ルビーやサファイア、ブルージルコンなどの産地ですから、それで売り出したらいいのになって思います。
バッタンボンでは宝石を扱っているお店がせっこうありました。時間がなくて全然見られなかったのが残念。今度お米でも買いに行ったらチェックしてこよっと。

あ、そうそう、チェックしたシェムリアップの宝石店では、地金はだいたいシルバーか14金でした。
でも、そんな説明ができるのはオーナーらしき韓国人の方だけ。あとは、た~くさんカンボジア人スタッフがいても、何の石かどこ産か、まったく知りません。これは、この店だけのことではなくて、カンボジア人のお店全体にいえます。

カンボジア人は商品知識0のことが多いです。

携帯電話を買おうとしても、~に対応しているのとか聞いたって、誰もわかりません。なんかね、お店には人が多いんです。しかも、かなり暇そうにしています。でも、ただおしゃべりしているだけ。そんな暇なときこそ商品知識とか入れようよって思いますけど、そういう考えはないみたい。

今はまだ、カンボジア語で説明書がついている品が増えてきたからまだいいんです。以前はほとんどがタイ語とかそんなのしか書いていなくていったいこれが何なのかわからないってことがよくありました。英語があればまだいいんですけどね。

えっと、そんなことじゃなくて、もっと宝石関係にカンボジアは力を入れるべしという話でした。
ちゃんとした本物を置いていけば、きっとみんなに喜ばれると思うんだけど。
なぜに、カンボジアに来てタイ製のお土産を買わなくちゃならないのって思います。カンボジア人がんばれ~。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。