スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

うなぎだ!

うなぎ
市場で発見してわたしのテンションをあげてくれたもの、それは

う・な・ぎ。


うなぎですよ、うなぎ。
そういえば、うなぎは家族みんなが好きでよく食べていたのに、すっかり忘れてました。
でも、うなぎったら、蒲焼ですよね。

やっちゃいますよ、蒲焼 in Cambodia.

まずはさばきます。

うなぎ1

うなぎは、ものすごくぬるぬるしているし、元気もいい。
それで、素人のわたしは、冷凍庫に30分ほど入れて仮死状態にします。
これなら、暴れないのでさばきやすい。
かなりお勧めの方法です。

そういえば、うなぎは買ってきてすぐに食べるものではなく、1週間ほど水をきれいにして、えさをやらずにおくと、身もよくなり、臭みが抜けると書いてあったので4日間くらいそうしてましたが、そんなことしなくても、焼きがうまけりゃ問題ないという意見も読んだので、急遽決行。

さばくったって、普通の魚と違いますので、目打ちほしーと思いましたが、そんなのはなく、ドライバーを使いました。うちの実家はすし屋だったので、うちに行けばそんなのあるのに、まあ、ドライバーはあったのでよしです。
そう入ってもかなりの力仕事。夫も出動して、2人がかりでさばきました。

でも、うなぎ、長い。
まな板からはみ出します。
もう面倒なので、尻尾の方は切っちゃいました。そこだけ焼いてまず味見。好評でした。

それから、くしに刺すのも難しかった。
かなり力が必要で、夫にやってもらいました。

それから、焼くのも大変。
かなり長時間じっくりと焼かないと駄目らしいので、1つ35分くらいかけて白焼きの完成。
その後蒸して、たれをからめて、ごはんへどん。

たれは、見るとだいたい、酒とか、みりんとか、書いてありますが、基本みりんは使わないし、今は日本酒なんてないので、おしょうゆと砂糖だけ。
これが、どんぴしゃで、かなり本格的なうなぎのたれになりました。
秘訣はお砂糖にあります。お砂糖はカンボジアのやし砂糖を使い、これは、固まっているのだったので、水で溶かして、おしょうゆを入れて、煮詰めたら、それだけなのに、うなぎのたれになりました。
うなぎの骨をよく焼いたものも、そこに入れてみました。入れても、入れなくてもおいしいたれです。
カンボジアのお砂糖、けっこういい仕事します。

そして、完成がこれ。
うなぎ2
うなぎでしょ?

お味は、レストランで出てきたら、ちょっと机ひっくり返しそうですが、家で食べる分には、みんなおいしいと満足でした。何がいけないかって、身が固いんですね。かなり蒸したので、小さな子でも食べられるくらいにはなりましたが、日本のとろける柔らかさではない。そして、なにより、油がのっていない。これは、わたしの責任じゃないので、どうしようもないですけどね。そうそう、うなぎは焼くとものすごく縮みます。半分近く小さくなっちゃいます。はじめはかなり大きかったのですが、焼いたら小さくなっちゃってあれれでした。

カンボジアでうなぎ、できないことはないですね。
ただ、めんどくさい。
かなり、気分が乗ったときでないと、やれないかも。
ちなみに、カンボジア人はどう料理するかといえば、さばくなんてことはなく、ぶつ切りにして、生姜炒めとか、牛乳なべとかです。

なんだか、最近料理をしようと思っても、クックパッドとかには、載っていないんですよね。うなぎ生きたままからの料理法。見るサイトはだんだん男の料理とか、そんなになってきて、なんだかなって気分です。

あーでも、たれはおいしかったし、満足でした。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

NoTitle

私も7-8年前でしょうか。プノンペンで売ってたうなぎ(?)を日本風に食べました。あのときはネットが使えず、従って作り方を調べることができず、蒸さずに焼いただけで食べました。なんとか食えましたが(あまりよく覚えてない)、美味しいとは思いませんでした。でも、脂だけはあったなー。ギトギトって感じでした。今では冷凍蒲焼が売ってるので、素直にそれ買って食べてます。びっくりするほど美味しくもないけど、先日東京で食べた激安ビッグ蒲焼き600円(ゴムみたいな味)と比べたら、全然アリです。どうもカンボジアに来てから、美味しさの基準点ががんがん下がってるような。

うなぎだ!

Molis家の食卓は、そこがカンボジアであることを忘れてしまいそうにバラエティーに富んでますね。
手間隙をかけても美味しいものを作り出す、その情熱がすごい!うなぎまでやっちゃいましたか。
椰子砂糖のたれはなんだかそそられますね。
照りがあってほんとにおいしそう。ごはんが進みますねー。てっきり関東は白焼き主流かと思ってましたが、Molisさんは蒲焼派なんですね。画像でごはんが食べられそうです 笑。

NoTitle

次郎さん
次郎さんはプノンペンにいらっしゃるんですね。
>今では冷凍蒲焼が売ってるので、素直にそれ買って食べてます。

素直にそれ買ったほうがいいかもしれませんね。
どうも、なんかやってみないと気がすまなくて。
作ってみたら、うなぎやさんのうなぎが高いのも納得~という気がしました。


ハルキさん
椰子砂糖、けっこう使えますよ~。あの精製されてなさがいいみたいです。うちは塊しかなくって使いにくいのですが、シロップ状のだと使いやすいかなと思うけど、あり対策が大変そうで、手を出していません。

関東も蒲焼が主流だと思いますよ。ただ、開き方と、蒸す蒸さないの違いが関西とはあるようです。

このたれ、麺につけてもおいしかったです。

やってみるのはいいこと

やってみないと……というのは理解できます。私もそういう心意気は大好き。

パームシュガーでうなぎのタレができるのは、目からウロコでした。ぜひ試してみたい。

NoTitle

次郎さん、ありがとうございます。
せっかくなので、いろいろやってみることにします。

コメントの投稿

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。