スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの食べ物

ティープバラン

ティープバラン

これ、2つで1、2キロだったので、けっこう大きめの果物です。
ティープバランといいます。
ティープは以前ご紹介しましたが、日本語では釈迦頭という果物で、野球ボールくらいの大きさ。これは、ソフトボールよりもさらに大きい。
バランとは、カンボジア語でフランスとか、フランス人という意味なのです。
ノムバランはノムがお菓子で洋菓子。
クトゥンバランは玉ねぎ。
西洋のって意味でも使われます。

それで、これ、なんだか調べてみたら、たぶんアテモヤというものみたいです。
日本では沖縄で取れるようでなんと、1キロ4000円以上してました。
びっくり。
そして、森のアイスクリームとかよばれているそうで、とっても甘くておいしいらしい。
期待は高まります。
冷蔵庫で冷やしていざ食べます!

あ、これ、指で押して柔らかくなったくらいじゃないと食べごろじゃないです。ティープとおんなじ。

ちょうど柔らかいのを買ってきたんですが、いざ食べると・・・・・。

うーん、森のアイスクリーム?じゃないみたいよ。
かなり、衝撃的な食べ物でした。
味はかなり南国フルーツというアクのあるような、強烈なかんじ。かなりの曲者です。
そして、なにより、食感が普通じゃない。
半分に切ってスプーンですくって食べたのですが、すくえないよ~。
なんと説明すればいいんでしょうか。熟れ過ぎた柿の、あのどろっとしたのが、ものすごおく強くなったかんじで、食べられるんだけど、繊維がものすごい。あの、じゅるっと、どろっとしたのだらけなんです。種はティープとおんなじ様な黒いつるっとしたのが入ってます。
子供達は両方途中でやめちゃいました。かなり食べにくいです。

で、結局うまいかまずいかと聞かれれば、


微妙です。

ドリアン好きのわたしからすれば、ドリアンよりもめちゃめちゃ、癖があります。ってか、今まで食べた果物の中で最強なかんじがします。なんか、落ち着いて食べられないというか、緊張しながら責めつつ食べないとならないというか。ゆったーりとかそういう気分ではないです。眉をしかめつつスプーンを運ぶかんじです。

いや、味は甘いんですよ。でも、なんか匂いかな~くせがあるんです。あと、たぶん酵素も強そう。舌が痛くなりました。

わたしは、普通のティープの方が好きです。

でも、もし、これが大好きな方がいたら、カンボジアではお買い得かもしれませんよ。
これ、初めて食べたんですけど、まだまだ世界には知らない食べ物があるんだなって、いろいろ挑戦したくなります。世界にはって言うより、カンボジアだけでも、知らない食べ物まだまだきっとたくさんあるので、そういうものに出会えるととっても楽しいです。
でも、だいたいは、見た目どおりとか、予想通りの味だったりしますが、これは、食べないとわからない味でした。
ほんと、食べたことない味なので説明が難しいです。たぶん、もう自分では買わないと思いますが、いい経験でした。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。