スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

修理の鉄則

カンボジアで車は中古が多いのでよく修理が必要になります。
日本だったら、修理やさんに持って行って、それで出来上がりを待つだけだと思いますが、カンボジアでは気軽に待ってはいられません。

車を修理に出したなら、何時間でもそこで待機していなければならないのです。たとえ10時間かかったとしても。もう修理に行くときは弁当水筒持参が当たり前です。数時間で終わるならいいんですけど、長時間だと大変。
なぜ、置いて帰らないのかというと、置き去りにしたら最後、中身を全部交換される恐れがあるからです。

まあ、見ていたところで、何か交換されてもわからないとは思いますが、それでも一応見てないとならないのです。
超めんどくさいでしょ。カンボジアなんてそんなもんです。

長時間待機していると、盗難バイクの部品を売りにくる人もいるそうです。
なんでもありなので、日本感覚でのほほんとはしていられません。

ところで、そういう修理やさんといっても、実は大して知識があるわけじゃなかったりします。部品交換したけど直らないとか普通です。
カンボジアにもし日本の修理やさんが来たならば、大成功間違いないと思います。
自動車修理の方はぜひカンボジアに来て(しかもシェムリアップがいい、個人的に)、お店を開いてください。お客さんが列を成してくること間違いなしです。日本の技術を持っているなら、絶対にどのカンボジア人もそこのお店に行きたいと思います。実はそういうところに需要があったりするんですよね。ああ、わたしも、ケーキを作っている場合じゃなくって自動車修理の知識を身につけてくるべきだったなんて思ってます。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。