スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの食べ物

シートーン

シートーン



これは、シェムリアップではシートーンと呼ばれる果物です。
プノンペンとかではコンピンリェィと呼ばれます。
2つ名前がありますが同じもののことです。

手前にあるのがこの果物で、左奥にあるのがこれの皮をむいたものを砂糖とかにつけたものです。

最近ではこの果物もよく積んであるのを見かけますが、食べてみました。

おいしくはないです。

外側は渋いような。中はちょっと甘いようなすっぱいような。
塩唐辛子をつけて食べます。
カンボジア人にはけっこう人気の果物らしいですが、わたしは、お金を出してまで欲しいとは思いませんでした。
夫は食べたいよ~と言ってて、好きなようです。

これも、慣れるとそのうち好きになるのでしょうか。

これはきっとカンボジア産なんだと思います。今の時期しかないし。カンボジアにはいわゆるデパートで売っているような果物はあんまりないようなのですが、こんな見たことも聞いたこともないような果物はたくさんあります。
デパートで売っているような果物は輸入のものが多いようなんです。マンゴーでさえたくさんとれるけど、輸入品もたくさんです。
素朴な果物はまだまだ知らないものがたくさんありそうです。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

こんにちは。

カンボジアに行った時、現地の人からいくつかクメール語を教えてもらいました。

発音が難しかった・・・。例えば、コー、コー、コー、コー、と全て「コー」としか聞こえない母音だけど、あの微妙な発音は現地にいると分かってくるものなのですか?

ちっちゃ子供さんにレクチャー受けたんですが、自分の発音に大笑いされてしまいました(笑)

あと、カンボジアの何気ない風景画像もアップしていただけると嬉しいです。

ではまた。

No title

コーコーコーコーゴーは、あれはカンボジア人にとっては全く違う子音なのです。(子音を発音するときにカンボジアではいつでもオーという母音を後につけます)
日本語でいえば、さ、た、は、な、ぐらいに全く違うものなので、同じに聞こえるということが理解できないみたいです。
日本人でも「さ」と「た」って似ているよね、なんていわれたら「???」ですもんね。

わたしは、もちろん、全く区別できませんし、できるようになるとも思っていません。既にギブアップです。

何気ない風景ですね。わかりました~。そのうちアップします。

No title

へえ~、そんなにも違うんですねえ。

日本語も話せるカンボジア人の人からは、日本語より簡単だよと言われましたが、やはり発音が難しいですね。

文字も独特ですしね。

No title

1つ1つ取り出して発音すると難しいですが、よくわからないけど、文章にして話している分には、そのうち通じるようになります。だからといって、コーコー・・・は全く区別できていないってのはわたしです。
カンボジア語は簡単だとよくいわれますが、ちゃんとやるとけっこう難しいらしいです。そこらのカンボジア人はカンボジア語の真髄をわかってないとか。

コメントの投稿

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。