スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

お坊さん

ここに住んでみてかんじることは、カンボジア人のライフスタイルもすっかり変わったなということです。
90年代は、朝は超早起きで4時起きは当たり前で、夜8時になったらみんな寝るというような、そんな感じでした。

お店も今のようにたくさんはなくって、今のようなコンビニのように夜遅くまでやっているものもなくって、夜になったらかなり静かでした。98年にはメインロードのシボタ通りに住んでいましたが、夜はおかゆやさんや、フルーツシェークの屋台があるだけで静かなものでした。

その代わり、朝はまだ暗いうちからそこらじゅうでザバーッと水を浴びる音が聞こえて、がやがやと洗濯をしていました。

でも、今は24時間やっているスーパーもあるくらいで、夜もかなり遅くまで起きている人が多いみたい。うちの近所も夜遅くまで騒いでいることもあるし。
それで、朝も、まあ早く起きて、いろいろやっているはやっているみたいです。このあたりで一番静かな時間帯って、実はお昼なんです。朝や、夜はうるさく音楽かけていることもあるのですが、お昼はしーんとしています。みんなお昼寝しているのかな?

そんなわけで、カンボジア人の生活が変わってきたことと共に、お坊さんの習慣も変わってきました。
托鉢に以前は5時6時でないと出会えなかったお坊さん達。今では7時でも8時でも出会えます。(昔は7時にはお寺に帰ってしまっていた)
以前は早朝に托鉢に回って、できたご飯とか、おかずとかをもらっていたんですが、今ではお金が多いのでしょう。しかも、早朝だと起きている人が少ないのかも。そんなんで、お坊さんは8時とかでも托鉢しているみたいです。びっくりしました。
うちにこられても、わたしは興味ないので困っちゃうのですけどね。
お坊さんは本来厳しく制限された生活をしているはずなのですが、なんか最近のお坊さんは違うようだし。デジカメもって、携帯もって、ファーストフード店でハンバーガーを食べるお坊さんを見ると、そんなんでいいのか?!って思っちゃいます。午前中だけしかご飯を食べてはいけないとか、決まりはあるはずなのに、プノンペンではお昼にハンバーガーを食べているお坊さんを見てびっくり。時代は変わったな~なんてね。



火葬場


これは、散歩で見つけた火葬場。ここで火葬します。



スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。