スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの食べ物

牛テール

テール



おっほっほ。
これは何でしょう?
牛の尻尾です。
いわゆる牛テールですね。

これで今スープを作っていますよ。
そうだ、牛テールを買ってスープを作ろうと思い立って作ってみました。
もちろん、日本では尻尾なんて買ったことありませんし、初めて挑戦してみました。

牛は何度も言ってますけど、硬くてくさいのでほとんど買わないのですが、牛タンはたまに買っています。
カンボジアでは肉屋さんというくくりではなくって、市場で牛コーナー、鶏コーナー、豚コーナーみたいなその肉だけを扱っています。だから、豚やさんには、よく行くのですが、牛はかなり素通りでした。もう、解体した肉がごろごろしていて、なんか気がつくと息を止めて歩いているような状態です。

それで、この牛テールですが、皮はないので牛タンより楽勝かと思いきや骨が硬い!
おばちゃんに買うときに切ってもらえばよかった。次回はそうしよう。だいたい日本で手に入れるなら輪切りになってますよね。でもチェーンソーなんかでないと切れないんじゃないかって思うんですけど。鍋に入れるのも大きくて大変でした。

でも、一回湯でこぼして、よく洗って今は煮込んでいます。いいかんじです。
今日の晩御飯はこのスープに決まりです。

今日はもちろんの豚肉も買ったので、豚も煮ています。常備しているチャーシューを作らないとならないからです。豚のスープもできるし、牛のスープもできるし、昨日は日本のだしもとったし、うちには今たくさんのスープがあります。なんだかスープがたくさんあると、安心ですね。何でもできるから。

ちなみに牛テールは骨ばっかりだから安くって、これ1本で220円くらいでした。
この値段なら、気が向いたらスープ作れます。

牛タンもあるし、麦とろご飯があれば、まさにお店屋さんみたいですね。
もう、こんなの外で食べるものだとばっかり思っていたのに、カンボジアではなぜか自分で1から作る羽目になっています。面倒だけど、けっこう楽しいかも。

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

スープ

いろんなスープ作っててすごいねー。
牛テールは私も買ったことがない。日本でも安いのか?

イメージとしては固い肉で、相当煮混まないとダメな気がします。だけど、ずいぶん昔、会社の人のおうちに遊びに行ったときに、牛テールの煮混みを出してくれて、それがとっても
おいしかった憶えがあるよ。

いろんなスープをまぜまぜしたら、おいしいラーメンが作れそうな気がする。

No title

カンボジアの食材って生々しいですねえ。

鳥なんかも丸ごと売ってるし、食文化の違いを色々と感じます。

そういえば、カンボジアで御呼ばれしたお宅では、テーブルがなく、床にじかに皿や茶碗を置いて、食事してました。

いただきますもごちそうさまもなく、はじめは戸惑いましたね^^

No title

あおいちゃんのママさん
日本ではそんなに安くないみたい。
重さで買うんだけど、こっちのはかなり大きな骨(なんか恐竜みたいな)までついていたから、1、5キロあったけど、骨多いんだ。そんで、よく煮た後はシチューと、スープにしたよ。肉も骨からとったらけっこうあった。それが、シェトルシェフを最近いただいたので大活躍なの。10分加熱して2時間放置を3回繰り返したらとろとろでした。
ラーメンはスープはかなりいいかんじにできるんだけど、こっちの麺が腰がなくってラーメンにするには今一なんだよね。最近はつけ麺で食べてます。

Takaさん
そうなんです。生々しいですよね。市場もかなり生々しいです。おいしさの追求のためには生々しさくらい我慢しないとならないのがカンボジア生活かも。
カンボジアのご飯は床にござ敷いてそこで食べるのが普通です。うちはテーブルにいすだけど、お友達の家だとござが出てきてそこにお皿を並べて食べます。
なんだか、家でピクニックしているみたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。