スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの食べ物

スープ

スープ




ラッキーモールのスーパーでこんなのを見つけました。
いや、今はカンボジアのお盆なのですが、ラッキーモールにもものすごくたくさんのお客さん来てました(カンボジア人の)。
文化村にも、たくさん来てるみたいだし、プノンクーレンにもたくさん行ってるみたい。

カンボジア人も休暇に旅行するようになったのですね。カンボジア人の生活に余裕が出てきたのを感じます。
まあ、旅行の仕方は、従来どおり一族郎党ずらずらというパターンがまだまだ多いですけど。1台の車に、ギューギュー詰めで乗って(セダンの後部座席に8人とか)うへーって気がします。
でも、若い人は集団デートっていうのか、集団で遊んだりしてます。そういうのも変わったな~って思います。
町ではかなり若い人の意識も変わったのでしょう。

町もシャッターを閉めてどこかに行ってしまう人がかなり多く、そんなことも昔には見られなかったことですし、町並みも変わりましたが、人間も暮らしも全て変わっていくんだなって実感します。

今は市場のお店もしまっている店もあり、かなり町が静かです。

そんな中にぎわっていたのがラッキーモール。
アイス買うのにも、人だかりでなかなか買えないくらい。

それで、なんだか、みんなが買っていたのが、写真のこれ。
いろいろなセットがあって、数種類あったのですが、カンボジア人がみんな買ってたのでわたしも買ってみました。

なんかトムヤムチキンと書いてありました。

よくわからないまま、鍋に水を入れ、材料を入れます。

匂いは、おおっ!いい感じです。
なんか、おいしいカンボジア料理のにおいがしてきました。

実はカンボジア料理簡単なのかしら。ただ材料を入れて煮ただけなんですけど。
こつもなにもありゃしない。
でも、この葉っぱ類は何をドンだけ入れるとかわからないので、こういうセットは外国人にとっては便利です。

それで、初のカンボジア料理、お味は、うーん、いいんだけど味が薄い。
ってね、塩をどばどば入れたんですけど、いくら入れても、味が薄い。もういい加減にこれ以上入れられないと思ってやめました。一体カンボジア人は何を入れているのでしょうか?
味の素を入れればよかったのでしょうか?
うちには味の素はないの入れませんでしたけど。

カンボジア料理って、だしを取らないみたいなんです。
でも、だしが入ってないと、味ってなかなかつかないですよね。だしがあるから、塩少量でもおいしくできるけど、出汁なしだと、味付けって一体どうなるんでしょう。
結局よくわからないまま、匂いはいいんだけど、味が薄いスープになりました。
ここで最強の助っ人登場。
柚子胡椒です。

薄い味のスープに柚子胡椒を入れたら、いいかんじでした。
アジアンな味はそのままにいい感じに仕上がりました。柚子胡椒使えるな~。

たまには、ラッキーモールのセットを買ってみようと思ったのでした。

そういえば、カンボジア料理を習おうかな~と思って、料理学校みたいなのに問い合わせたら、普通のコースは1年で料理とかフロントの仕事とか、ベッドメーキングとか、そういうのを全部習って、600ドルなんだけど、お料理だけってのはないっていうのです。ベッドメーキングとか、フロント業務習ってる場合じゃないし、全然いらないんだけど。それで、観光客向けには1回50ドルだかでお料理教室があるというのですが、教えてくれるお料理が決まっているのです。それが、ちっとも習いたいものではなく(食べたいものではない)、いかにも観光客向けだったので、結局行かないことにしました。
それで、これとこれとこれが習いたいんだけどっていってはみたものの、やっぱりそういうのはやってないんだって。カンボジア人融通きかなすぎです。カンボジア人てほんと、決まったことしかできないんですよね。一度誰かが始めればどんどんまねはするんだけど、新しいことには手を出さない傾向があります。

でも、なんとなく、ラッキーモールのセットでできたので満足したのでした。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

生活の変化

カンボジア人の生活も随分と変化してきているのですね。
先日新聞で、壮年のカンボジア人が若者の価値観の変化に心配と戸惑いを持っている、記事が掲載されていましたが、molisさんから見て目に見える部分だけではなく、精神面はどんなふうに映っていますか?例えば、依存的な体質や(便利さだけを享受するのではなく)それに伴うある種の責任とか。
そういうことは即物的ではないだけに、後回しにされがちですが、結局カンボジアも含めてあり様を支えるとても大事なことのように(偉そうに)思うのです。

No title

「今時の若いもんは」なんていいだしたら、おしまいな気はしますが、若い人はなんか考えが甘いな~なんて気はします。

夫達アラフォー世代は丁度戦争真っ只中を生き抜いてきたので、苦労を知っています。飢え、死体の中を弾をよけて逃げ回ってきた人とは、違うのは当たり前ですよね。

そうはいってもわたしだって、戦争を知らない日本のアラフォー。何が違うのかと言えば、自立して生きていくために何をしなければならないか、何ができないとならないかということは、日本人なら成長していく過程で身につけていくと思うのですが、若いカンボジア人はそういうことがない気がします。カンボジアでは何にもしなくてもなんとなく生きていけるからかもしれません。
若い人年寄りに関わらず感じるのは、カンボジア人は自分の意見を言わないで後ろでぐちぐちと文句を言うということ。
もうちょっと自分の考えを言うとか、お互いの意見を交換するとか、そういうことを若い人はもっともっとしていったらいいのになと思うのです。
プライドだけは高いのですが、もっと、しっかりとした考えを身に着けていったら、いい方に変わっていくのではないかと思うのですが、今のところ、享楽的なところばかり目に付きます。
男女関係に関しては今までが厳しすぎただけだと思うので、少し自由になるのはいいと思いますが、全般的に何の知識もないのでいろいろ不安にも思うのです。

あと、お金が全てという(法律であり、権力であり、魅力である)風潮も、このまま助長していけば、いいこともないと思うのです。

コメントの投稿

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。