スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

チーズフォンデュ

昨晩プノンペンで事故があって350人くらい死亡したため、朝から日本人会から安否確認の電話がありました。大使館からの連絡でということだったので、日本人はいませんとかそういうのは、こういう風にして確認しているのかとわかりました。

シェムリアップでもものすごい人ごみだったので、プノンペンだと、もっとすごかったのでしょう。何も整備されてない途上国に住むということは、いろいろなところで危険があるのだと再確認。

発展状況にインフラ整備が追いついてないかんじはしてますから、これからも、こういった事故はあるかも。


お昼にも大使館から安否確認の電話連絡があり、大使館の人も大変ですね。




さて、わたしは、昨日は急にチーズフォンデュが食べたくなりました。
食べたくなったら、スーパーへGO。


チーズ


エメンタールチーズ、グリュイエールチーズ、白ワイン、フランスパンなどを購入。

こんな田舎でも、ちゃんとチーズはあるんですね。
一般のカンボジア人はもちろん買わないと思うのですが、外国人用でしょうか。
わりと、材料が手に入りやすいので、何でも作れて便利です。意外にいいでしょう。
ワインは1番安い3、5ドルのもの。

作り方は
・鍋ににんにくをこすりつける。
・エメンタールチーズ、グリュイエールチーズを細かく刻み、コーンスターチをまぶす。
・白ワインと、チーズを入れて、弱火で混ぜながらとかす。

以上ですよ。
簡単ですね。
コーンスターチは必要なのかどうかわかりませんが、一応入れてみました。
鍋は、フォンデュ用のおしゃれなのとかありますけど、そんなにしょっちゅう使うものでもないので、おうちにある普通のステンレスの鍋で大丈夫です。焦げないように弱火でかき混ぜながら作ればどんな鍋でも平気です。
ワインの量も適当で、ドボドボッと入れて、かき混ぜてチーズの濃度をみて調節してください。

味は、チーズもまともなの買ったし、とっても、想像通りの満足いくものでした。
チーズけっこう高いんですけどね。たまには、どっさりと食べたくなります。

ちなみにチーズの量は1人分100~150グラムくらい。
チーズをつけるものは、パンのほかには、ソーセージ、ジャガイモ、人参などを用意しましたが、わたしはやっぱりパンが一番いいな。パンだけでいい。


ワインも別によかったんですけど、子供は苦いとかいうので、途中で、牛乳にしました。チーズと一緒に溶かすのは、ワインが普通ですけど、お子様用には牛乳がいいみたいですよ。微妙に味は違いますけど、それはそれで。
大人は、もちろん、ワインで作った方がいいです。


簡単なので、わざわざ鍋なんて用意しなくてもいいので、チーズだけ用意してたまにはチーズフォンデュいかがですか。うちでも、また気が向いたら作ります。



スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

日本でも全国ネットのニュースで取り上げていました。

プノンペンの事故ニュースを見ながら、何年か前に日本で起こった明石の花火大会での事故を思い出しました。

あの時も明石の歩道橋みたいなところで起こった事故でした。

イベントもので沢山人が集まるところはいつの時代も注意が必要ですね。

No title

わたしも明石の事故思い出しました。
こちらでは、何かのイベントがあると、ものすごい人が集まってきて、一旦そこに入ってしまうとなかなか出られないので、暑いし動けないしで大変です。もう、行かない方がいいなって思いました。

No title

怖いですね。
一旦はいると出られないってお話、参考にします。
結局、本当のところ事故の原因はなんなんでしょうね。
カンボジア国内ではどんな報道になってますか?

日本では、橋につたってあった電気ケーブルで感電したとか。
混雑で誘導しようとする警察の指示をきかない群集に
むけて、警棒やスタンガンで市民を攻撃し、
逃げようとした市民が将棋倒しとかいろんな報道
があります。

本当のところは闇ですけど。
肝に銘じます。

No title

ぷみんさん
こちらの報道では、特に原因を特定はしていないようですが、インタビューを受けた人の発言では警察官に水をかけられたとか、そういうのはあります。

人が集まりすぎて何かのきっかけで将棋倒しになり惨事になってしまったのではないかと思いますが、詳細な検証はないのではないかと思います。失敗を繰り返さないためにとか、そういう考えなさそうですので。また、全ての報道はかなり政府にコントロールされていますので、何かあっても表沙汰にはならないはずです。

犠牲者の写真をそこらじゅうでばら撒いて、泣いているだけです。

実際、ここはプノンペンほどの人はいないので、規模が違うと思いますが、それでも、狭いところに、たくさんの人が集まり、1時間くらい抜け出せない状態になります。また、新生児も抱っこされていたりして、老若男女全てが集まるのです。野外でコンサートとかあるのですが、行くととても大変です。
このお祭りでも赤ちゃんを連れてきている人を多く見かけましたが、日本では考えられない光景です。

コメントの投稿

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。