スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア観光

モンドルキリ1

ちょっとカンボジア国内を旅行していました。
カンボジア旅行というと、まずアンコールワットが思い浮かび、次にアンコールワットが思い浮かび、結局アンコールワットしかないように思われがちですが、いえいえ、いろいろなところがあるんです。
しばらくは、カンボジアの遺跡以外の見所についてお伝えして行く予定です。

まずは、シェムリアップからモンドルキリという、ベトナムの国境近くのところまで行ってきました。
シェムリアップ、コンポントム、コンポンチャム、を通ってモンドルキリへ。
朝の7時に出発して夕方4時に到着です。

モンドルキリ

こんな山道を進んでいきますが、道は全て舗装されており、快調に行くことができました。

カンボジアといえば、バナナや椰子の木ばかりがあると思っていましたが、ここモンドルキリでは

モンドルキリ1


松もはえてましたよ。



モンドルキリは小さな町で、目抜き通り沿いにホテル、ゲストハウスがたくさんあり、泊まる所を探すのは簡単です。
ですが、どこも、素敵なところではありません。だいたい10ドルくらいのお部屋しかなくって、素敵なお部屋に泊まりたいと思っても、そんなところはないのです。
ちょっと、離れたところには28ドルというところもありましたが、あまりにも不便そうだし、レストランや、お店の集まっているところのホテルに決定。


モンドルキリ2


見た感じはよさそうですが、実際はそんなによくもなく、10ドルなかんじのお部屋。
(あとで、もっとよくないところに泊まりここはけっこうよかったなんて思ったりもしましたが)
一応ホットシャワーが使えます。
窓は壊れていて、鍵がかからなかったけど、そんなことは問題ない?か。そういえば、少数民族は泥棒とかそういう観念もないらしく、安全らしいです(夫談)。
そう、ここモンドルキリはカンボジアの中でも少数民族が住んでいるということでも知られております。
町の人に聞いたら、80%は少数民族だとか。

そもそも、カンボジアはクメール人という民族が大多数を占めているのですが、こういう山の方には少数民族が暮らしています。一般的にカンボジア人というのはクメール人のことを指し、カンボジア語とはクメール語のことをさします。

モンドルキリには日本人はほとんど行きませんが、欧米人には人気があったりします。
ただ、シェムリアップで毎日数千人?の観光客を見ている立場から見ると、モンドルキリにはまだまだほんのちょっぴりしか観光客は着ていません。
だからこそ、かなりいいかんじのところでした。

続きはまた明日。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

こんにちは。
「カンボジア」で検索しました所、偶然こちらのblogに辿り着き、思わずコメントをしてしまいました。
と言うのも、私は個人旅行でカンボジアに2011年1月12日~16日の5日間滞在しておりました。短い期間ではありましたが、現地で知り合った方々が親切にサポートしてくださり、大変充実した旅となりました。
日本を発つ前は少々不安に感じておりましたが、実際は、旅行ガイドに書かれている様子とは全く違い、好印象を持ちました。
そのため、もっとカンボジアについて知りたいと思っております。

自分のことばかり長々と話してしまい申し訳ございません。
末筆ながら、これからも更新を心待ちにしながら拝見させて頂きたいと思います。


(22歳 大学生)

No title

楽しい旅行ができてよかったですね~。
イメージ的には恐ろしいようですが、実際はそんなことないので、普通に観光に来る人が増えればいいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。