スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア観光

ラタナキリ2

今度はサン川でボートに乗ることにします。
ベンサイに行きました。


ラタナキリ5


こんなボートに乗ります。
このボートに乗るまでに、裸足で行かないところがあるので、行きは裸足でいいんですけど(だって、舟に乗ってから川の水で洗えばいいからね)帰りは、せっかくきれいになったのに、またぬれちゃうのは嫌なので、うちの荷物持ちに子供2人とわたし1人をおんぶして運んでもらいました。
今の時期は川が浅くて、1メートルくらいで、ところどころ、底についちゃうところもありましたが、水が多い時はものすごく増えて家のほうまで来たといってました。10メートル以上水かさが上がるんじゃないかな。


ラタナキリ6



こんな見渡す限り水と空という中を1時間ほど行きます。けっこう気持ちいいです。


ラタナキリ8


着いたのは、カチョン墓地。こんなのどかな村をまずは見学。普通に学校とかありました。
動物用のわななどを売りに来たベトナム人がいて、1ヶ月もいるから警察に捕まっちゃうよ~なんて言ってました。

ラタナキリ7


それで、これが墓地。
これが1番大きくて、他にも小さいのが何個もあります。
祭りの時にはお金持ちが水牛を5頭位供えるそうです。
もっと奥地にタンブーン族のお墓があるのですが、そこは行った人がたくさん死んだので今は行くことが禁じられているということでした。


この後は、また1時間ほどボートに乗って今度はラオ族と中国族の村を見学してボートは終わりです。


ラタナキリ、少数民族が住んでいて、クメール人とは違うということで、もっともっと変わったところかと思えば、全然普通のカンボジアで、拍子抜けでした。
でも、ボートでこの村に着いた時、そこの岸では水浴びをしたり、洗濯をしたり、村の人たちがかわるがわる着ていたのですが、夫は「おっぱいを出している女の人がいた!」と満足そう。
わたしは見てなかったんだけど、おっぱいを出している女の人がいたから、きっと、いつもは出しているに違いないとか言って、少数民族感を味わったようです。見学者がきたらすぐに隠しちゃったということです。
村ではブラジャー姿の人は普通によく見かけました。

なんとなく、夫はアフリカの奥地のようなところを想像していたみたいですが、どこも普通なかんじで「な~んだ」ってのが正直な感想です。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。