スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国旅行

ミャンマービザ

今度ミャンマーに行こうかと思って、ラオスに行ったときにビザを取りました。

ラオスは、15日以内なら、ビザがいらないのでそのまま入国できますが、ミャンマーはビザが必要です。
カンボジアにもミャンマー大使館はあるんですけど、プノンペンにあるのでめんどくさい。
以前は旅行会社でとることもできたようですが、今は直接本人が行かないとだめです。
というか、ミャンマーのビザは情勢によってころころ変わるので、今はそうということでいつ変わるのかわかりません。ちょっと前には空港でビザが取れるようにもなったのですがすぐにできなくなっちゃったし。

それで、ラオスに行ったついでにミャンマーのビザも取ってきました。
電話で聞いた時には月曜に申請したら木曜に取れるということでしたが、水曜に出来上がりました。はやい分にはいいですからね。

でも、ビザを取るのはとっても大変でした。
なんか、ラオスの人がとっても優しい感じだったのに比べると、なんだかとっても厳しくて。
まず、写真を用意していきましたが、背景の色が青だったので駄目でした。
ミャンマービザの写真は背景が白じゃないと駄目なのです。

でも、大使館のそばに写真屋さんがあって、そこですぐにできます。
仕上がりは画像の悪い、いかにも良くないデジカメでとったというかんじので、確か3ドル以上しました。カンボジアでは普通にきれいに作ってくれて、1ドルです。
まあ、贅沢は言ってられないので、そこで写真を撮って申請しました。

また、この申請が大変で同じものを2枚書かされました。
うちは4人いるのでわたしが合計8枚も書かなくてはならないのです。手が疲れました。
これも、カンボジアでもらっていた書類に書いたものを用意していったのですが、それは駄目ということで、その場で全部書き直し。

大使館はいつも門が閉まっていて、中の人を呼んであけてもらいます。

出来上がりは水曜の午後ということでしたが、行ったらまだできていないということで外に出されて待たされました。4時にできるということで2時間くらい外で待ちましたよ。だって、そこから、町に戻ったりすると、トゥクトゥク代がかかるので、近くの警察官の取締りを見たりして待ちました。

それで、ようやく手に入れたビザは、写真つきのものでした。
ほう!
なんか、立派なものだったので取ったかいがあった気がしました。

入国や出国をする時には書類を書くことがほとんどですが、うちはわたしが4人分書かなくてはならないのでめんどくさいんですよ。近くで飛行機に乗っている時間が短い時には、ずっと書きっぱなしだったりします。タイへ陸路で行く時も、出るのと入るので書くのが多いの。一人旅ってすごく楽だったな~と思うのです。

それはそうと、ミャンマー、なんかとっても見所がたくさんで楽しそうです。
ラオスやタイはカンボジアとまあ似たようなもんなんですが、ラオスは全然違う。言葉も値段交渉くらいはラオスではラオス語でできますが、ミャンマー語は全然違うので、英語じゃないと。なんか、英語を使うと外国って感じがしますね。料理も見た感じは全然違って、インド色が強いようです。

やっぱり、ミャンマーといえばゴールデンロックに行きたかったのですが、全部の行程を車チャーターできるわけじゃなさそうだったので、子供が小さいので今回は断念。バガンには行く予定ですが、じっくりはまわらずにさらっと。子供は遺跡は好きじゃないですから、しょうがない。かわりに、ビーチで遊ぶ予定です。タイを経由していくのでタイのビーチでコサメットにでも行こうかと思っていたのですが、せっかくだからミャンマーのビーチに行ってきます。コサメットの方がタクシーで近いし簡単なんですけどね。

そんなんで、ホテルを決めたり飛行機を取ったりでなんか楽しくしています。
スポンサーサイト
コメント

インドシナ

ミャンマー行きましたよ、ってそれを仕事にしていたからなのですが。
戦争の関係もあって、日本語ガイドも多いですし、日本に関わっている人は少なくないですね。
イギリスの支配下にあったこともあるので英語も通じるし、ヤンゴンはかなり都市です。
ラオスのあとに行くとかなりそう感じるのではないですか。
私はミャンマーで宝石買いましたが、つけているうちに欠けてしまって、日本で修理に出したら出来ませんて言われてしまいました。
これでmolisさん一家もインドシナ半島制覇ですね。

No title

ミャンマーでびっくりしたのは、そうなんですよ。日本語が上手なんです。国内線とか手配してもらおうと、旅行会社に問い合わせたら、ミャンマー人なのに、全く普通の日本語でメールが返ってきます。しかもかなり丁寧で、素晴らしい。
カンボジアでも旅行会社はもちろん多くありますが、カンボジア人だけでやっているところはないんじゃないのかな。事務はたいてい日本人がやっているのに、ミャンマーは日本人相手でもミャンマー人の会社で驚きました。

ミャンマーといったら、宝石って思いますけど、ルビーなんかは到底手が出せないと思うので、海の幸でも食べながらのんびりする予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。