スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国旅行

バガン

ミャンマーでの見所の1つバガン。
世界3大仏教遺跡なんていわれますけど、これが1番すごかったかも。
バガン(ミャンマー)、ボロブドゥール(インドネシア)、アンコールワット(カンボジア)だいたい、アンコールワットってヒンズーのお寺だし。

観光地なわけなので、にぎわっているのかと思いきや、どこもがらがら。
何しろ数千の遺跡があるのですが、人がいないので、どこに行っても誰もいません。
町のレストランもガラガラ。人も暇そうです。そして、昔のカンボジア人のように皆すごく痩せていました。

着いた日は朝早い飛行機で疲れていたので、観光する予定はなく、市場でもぶらぶらするつもりでしたが、馬車の人に声をかけられて、夕方から観光に行くことにしました。バガンの観光は馬車がいるので、馬車がいいですよ~。

バガン

この写真の馬車はわたしたちが乗ったのではないですけど、こうやって、町の中を馬車が走っていて、観光はもちろん、普通に人を乗せたり荷物を乗せたりして活躍しています。
馬車の人は吹っかけてくる人もいますが、わたしが頼んだ194番の馬車の人ははじめっから適正価格だったので、乗る気になりました。片言の日本語も話し、基本的には英語ですが、いい人でよかったです。いい人だったので、1日だけの予定が、もう半日と、空港までと3回も馬車に乗りました。パカパカと走るのは、気持ちがいいですし、子供達も大喜びでした。馬はモモコチャンという名前でした。

日本語はカンボジアやどこでも話す人はたくさんいますが、なぜ話すかといえば、日本人観光客をゲットするためです。ですが、ここミャンマーではそういうわけではなく、日本語を話す人がたくさんいました。そもそも、観光客自体がほとんどいなくて、日本人なんて全然いないので、日本語をそのために勉強するというわけではなさそうです。


バガン1


遺跡はこんなの。
とにかくたくさんあるし、地球の歩き方にはほんの少ししか載っていないので、馬車の人に、お任せでいいところに連れて行ってもらいました。サンセットポイントなどは、本には載っていません。やはり、こういうところは、プロにお任せが1番です。

バガン3


こんな遺跡がきのこのように、にょきにょきと、無数にあるのです。
その中を馬車で走ることはとっても素敵な体験でした。
また、登れるところからは360度見晴らしがよく、どこまでも、たくさんのきのこが見えて、とってもすごい!!カンボジアは森でさえぎられて、あまりこんな景色ではないのですが、こちらは、木があまりないので、よく見えます。
また、アンコールワットはわりと勉強しないと、そのよさがよくわからないんですよね。説明されて始めておおっって思うことも多いのですが、こちらは、一目瞭然。見ただけでその数に圧倒されます。
それぞれ違うので、何とも言えませんが、こちらの方がわかりやすくて、わたしはいいかもって思いました。
数千もの遺跡が見られて、それはそれは圧巻です。

あ、でも、世界遺産じゃないんですよね、ここは。

今なら、馬車も暇そうにしていたし、行くのにいい感じです。誰もいないので、舗装されていない道を通って砂埃もうもうってことにもならないし。お正月あたりは、けっこう混むらしいですが、今もハイシーズンと言う割には、全然がらがらでした。

自転車で回る白人もいましたが、かなり遠いし、詳細な地図がないと道がわからないし、断然馬車がお勧めです。


わたしは、ニャンウーというとこに泊まりましたが、地球の歩き方ではここでは最高のホテルと書かれていたニャンウータンデホテルは、プールは池っぽかtった。白人は泳いでましたけどね。ホテルは古っぽかったけど、まあ、こんなもんかというかんじ。人は親切でよかったです。掃除がすごくて、いつみても掃除をしていました。町の人もずっとお掃除をしていてそこらじゅうに落ち葉の山ができています。
ニューパガンのほうにはいいホテルがありますが、ニャンウーには全然ありません。市場の方にゲストハウスがあります。
地球の歩き方には載っていないレストランが密集しているいい道がありましたが、ホテルからは遠かったので、近所のレストランで食べました。

バガン4

油っぽいカレーがミャンマー料理です。
ここは、1皿100円で、3人で300円。ビールを頼んでも500円でお釣りがきます。1人じゃないですよ、3人分で。1人なら100円。
カレーを頼むと、サラダやおかずが勝手にたくさんついてきます。ヤンゴンでは頼んだものしかこなくて高かったので、こちらは、かなりいいかんじ。味はどこもそんなに変わりません。ガイドブックに載っている有名な店にお昼は行きましたが、そちらも値段は3倍だけど、味は変わりませんでした。
マトンカレーや、牛肉カレーがよかったです。あと、ここのお店のトマトサラダがかなり気に入りました。
また、ビールはミャンマービールがおいしい。マンダレービールはちょっと安くて、味があまりないかんじでした。
韓国料理みたく1つ頼むと、おかずが出てくるシステムは、何頼んでいいかわからない人に便利です。

朝晩はまだまだ寒かったです。クーラーは使いましたが、ずっとじゃないし、日中も暑いけど、日陰はそんなに暑くないし、だいたい汗もかきませんでした。シェムリアップよりはかなり過ごしやすい気候でした。シェムリアップはもうかなり暑いです。

こちらでは、タナカという化粧品が大人気でさっそく子供はつけてました。
たまにテレビで見るミャンマー人はほっぺたに白いのを塗ってるでしょ、あれです。子供や女性はほとんどがみんなつけてました。つけてみたら、案の定乾くとかぴかぴするし、そんなに塗っていいものとも思えませんでしたが、地方のミャンマー人には大人気です。
スポンサーサイト
コメント

No title

はじめまして。

アンコールワットは途中で仏教に改宗されたそうですね。。。
ただ、紛争で仏が壊されたり、デヴァターが壊されたり・・・
どっちでもいいんですかね、、、

ミャンマー行ってみたいです。。。

No title

初めまして
来年 シェムリアップに移住を考えておりますが、
少し教えて下さい
子供が居るのですが 教育面と賃貸物件を教えてくださいませんか?

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。