スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国旅行

ヤンゴン

最後はヤンゴンです。
ヤンゴンは実はミャンマーの首都じゃないんです。首都はネーピドーというところで、2006年に移転したのですが、外国人はいけない模様。

ヤンゴンは大きな町でしたが、なぜかバイクはほとんどなく、おんぼろ車ばっかりでした。
道路が広いので、そんなに混雑もしないし。でも、おんぼろでもスピードはかなり出します。

ヤンゴンといえばシェーダゴンパヤー。
みんな熱心にお祈りしていました。

5$の入場料のはずが、ドルが安いので嫌なのでしょう、全員で12000チャットとられました。10ドルでよかったのに、子供がいるから15ドルか12000チャットといわれ、でも、子供には入場シールをくれなかったので、一体どういうことなのかとちょっと不満です。こういう観光の場ではけっこう嫌な思いをすることがあります。
子供代というなら、子供にもシールくれないとね。

ヤンゴン


あとは、ホテルがパノラマホテルというところだったのですが、隣がルビーマートというショッピングセンターだったので、そこで買い物したりしてました。エアコン効いてて、気持ちいいし。食事もできるのでとっても便利でした。ホテルは、古くて、こんなもんかなという程度でしたが、朝食がすごくいい。ビーチの高級リゾートよりもいいかも。インドのチャイとかもあって、満足でした。インド、中華、洋食と、たくさんあって、中華もなかなかおいしく、インド人もたくさんいて、インド料理もなんか、本格的。チャイがおいしいのでそれがよかった。単なるコーヒー紅茶だけじゃないところがすごい。でも、ミャンマーって、飛行機の出発が妙に早い便が多くて1回しか朝食が食べられなかったのが残念。朝食ボックスはゆで卵と、パン、バナナだけでそっけないものなのです。空港そばのホテルにも、早朝出発の時に泊まったのですが、やはり、ホテルは同程度の古さで、朝食ボックスはそんなのでした。パノラマホテルのいい点は、隣がルビーマートで便利なことと、タオルがふかふかで気持ちいいこと。そして、朝食。あそこで、朝食を食べないと、よさが半減です。
そうだ、気になる点はヤンゴンは喫煙率が高いことです。ホテル内も喫煙できて、レストランでも喫煙しているので、かなり気になりました。地方の方では葉っぱに石灰などを入れて丸めたものを口に入れて、ペッぺと赤いつばを吐き出すものが大人気で、タバコはあまり見かけませんでした。この葉っぱを口の中に入れて、ペッぺと赤いのを吐き出すのは、カンボジアでは主におばあさんが好んでいるのですが(しかし、そういえば最近はあまり見かけなくなった)、ミャンマーでは男性もみんなやってました。歯が真っ黒になるので、汚らしくなりますが、煙はないので、他人にはいいかも。




そんなわけで、大満足なミャンマー旅行でした。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。