FC2ブログ

カンボジア

シアムリアップ上水道整備計画

シェムリアプには日本のODAによって、巨大な浄水設備ができました。今は、人口の増大や観光客の増加により水や電気の使用がぐんぐん増えてきています。

そこで、その設備が地盤沈下を起こす恐れはないのかということをメールで問い合わせてみました。
地下水の汲み上げによる地盤沈下はアンコールワット遺跡群の崩壊をももたらしかねないからです。



以下返答のメールを転載します。

 ご指摘の「シアムリアップ上水道整備計画」は、井戸8基から汲み上げた地下水を浄水場にて水質処理した後、市内に給水するプロジェクトであり、約1年8ヶ月の工事を経て本年3月に竣工し、カンボジア側への引き渡しが行われました。

 遺跡地域での地下水汲み上げについては地盤沈下に細心の注意を払う必要があるとの認識に立ち、着工に先立って揚水試験及びコンピュータ・シュミレーションを含む2回の詳細な調査を行なった結果、地下水による給水が有効であるとの結論に至り、本計画が実施されました。また、調査時より我が国はカンボジア政府に対し、遺跡群への悪影響を回避するために地下水位・地盤沈下の継続的モニタリングを行うこと及び同じ地域での観光産業による地下水開発を規制することを提言しており、現在も遺跡周辺6カ所での地下水位の計測及び2カ所での地下水位と地盤変動の計測が毎日続けられています。

これまでのところ、遺跡に影響を及ぼすような地盤変動や地下水位の低下は報告されていません。しかしながら、カンボジアの地下水開発にかかわる規制が未整備な中、アンコール遺跡を訪れる観光客の急増に伴って独自の地下水汲み上げを行うホテル等の建設が急ピッチで進んでおり、遺跡に悪影響を及ぼす可能性は排除できないため、今後も注意深くモニタリングを継続していくこととしております。

今後とも日本のODAにご関心をお持ち頂ければ幸いです。

(担当:国際協力局無償資金・技術協力課)



このメールがきた後、再度そのモニタリングで悪影響が出た場合の処置等を尋ねましたが、なしのつぶてでした。去年の暮れのことなので、もう返事は来ないのでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

そうですね。たくさん、いろんなところから、人が来ているようでした。知らない人がいっぱいでびっくりしました。浦島太郎です。

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人