スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア人

木登り名人

カンボジアでは、どこでもココナツが売ってますね。
そこらじゅうにココナツの木もたくさんあります。
だから、当然と思うでしょうが、木はあっても、あの実をとるのって、じつはたいへんなんです。
ココナツの木はかなり高くなりますので、そのてっぺんまで上らないといけないからです。

ひ弱な日本人にはまず無理です。
ココナツの木は、普通の家の庭にもありますが、あるだけで、実をとることはできない人はたくさんいます。
自分で登ってとる人もいます。だんなさんも、昔は自分でとった派ですが、もう、年なので、そういうことはやめてもらいたいです。

そんな時に、活躍するのが、木登り名人です。
だんなさんの生家に行った時にもお世話になりました。

ココナツとってもらおうよって、話になるとそのおじいさんを呼んできます。その村ではその名人はおじいさんでした。

おじいさんは、するすると木に登って、ココナツをたくさん落としてくれました。

あのおじいさんは昔から、ココナツとり専門の人なんだよと教えてもらいました。
そして、ココナツを取ってもらったら、いくらかお金を渡します。

わたしは、てっきり、それは、そのおじいさんの、ちょっとしたお小遣いなんだろうと思っていたのですが、ココナツとりはおじいさんのお仕事でした。

木登りで生活ができるなんて、びっくりです。

おじいさんは、ココナツを取るだけでなく、パームツリーの葉(箱を作ったり、屋根にしたり、いろいろ用途があります)をとったりしているそうです。

木登りはそうやって、何も使わずに登っちゃう人と、ロープを使って、登る人もいます。
けっこう危ない仕事です。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

僕が子どものころの日本で、煙突掃除や包丁研ぎで十分生活を賄えている人たちがいたのと同じようなものなんでしょうか。

タイやマレーシアのようにココナツがスーパーマーケットで買うものになっていくと、木登り名人だけでは生きていけなくなるんでしょうね。

そうかもしれません。
のどかな時代の証明でしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。