FC2ブログ

カンボジアの文化、生活、習慣

雨乞い

カンボジアでは雨季に入り、農業が忙しくなってきています。
農業といえば、雨が必要です。雨乞いなんてあるのかと思えば、ありました。

トロットクマエというのですが、猫を使います。
猫をかごに入れて、水をかけるんです。
なんだか、猫はかわいそうですね。
なぜ、猫に水をかけるのかといえば、普段は水に入らない猫が水をかけられて困った猫が、神様に雨をお願いするってことらしいです。
そして、そこではお金も集められますが、そういった、一連の祭りが終わった後、まっすぐ家に帰ってはいけません。
みんなでお寺に行って、今度は村人がお坊さんにお水をかけてもらうのです。これが終わって、家に帰ることができます。
カンボジアではお払いというかお清めというかは、お坊さんにお水をかけてもらいます。
猫をいじめた後は、そういうことをしないと、災いが起きるということで、みんな、お寺に行きます。
ちょっと、よくわからないのは、水をかけていた人たちはお祭りを見ているほうなので、お寺に行かなくて、まっすぐ帰ってもいいこと。お寺でお清めしなくてはいけないのは、猫を持っている人や周りで踊っている人達なんです。いじめたのは水をかけた人なのにね。日本のおみこしを担ぐ人と、周りで見ている人の関係のようです。

だんなさんの大好きな楽しいお祭りです。
スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人