FC2ブログ

カンボジアの文化、生活、習慣

おっぱいマッサージ

おっぱいがつまっちゃって、大変でした。
いや、わたしの話なんですけど。

子供が次々にヘルパンギーナにかかり、40度の熱を出してたんですが、ヘルパンギーナ、何が嫌かって、口の中に口内炎ができるんです。だから、下の子が、痛がって、何も食べられず、飲めず、一晩中悲しそうに泣いていました。(もうすっかり元気です)

当然、おっぱいも口が痛くて飲めなかったのですが、それで痛くなったのがわたしのおっぱい。飲んでくれないもんだから、たまっちゃって、詰まっちゃったのです。しこりができて、痛くて、やばい感じでした。

それから、いくら飲んでもらっても、しこりが取れずに、いたい・・・。

そこで、近所の助産院で、おっぱいを出してもらいました。
おもしろかったですよ。
水芸のようにピューピューおっぱいが飛び散って。
しばらくしたら、あんなに硬く痛かったおっぱいが、すっきりと、柔らかくなりました。
感謝です。
すごい技だと感心しました。自分で触っても、すごく痛いし、ちょっと、あたっても、体の向きを変えても痛いのに、助産師さんが触ってビュービューおっぱいを絞っても、ぜんぜん痛くないんです。
そこの助産師さんがとてもいい人なんです。元気があって、しかも癒されるし。お手本にしたい女性です。

前々から詰まりそうだったのが、1日飲めなかったことで、完全に詰まっちゃたんだといわれました。

こんなになっちゃった場合、カンボジアだったら、どうなのか聞いてみました。
大丈夫だよー。おっぱいのおばあさんいるからねという返事でした。

赤ちゃんを取り上げるおばあさんなので、お産婆さんなのでしょう。
近所のお姉さんが赤ちゃんを産んで、おっぱいが出ないというとやってきて、マッサージをしたりするのをよく見ていたそうです。
そんな、おっぱいを見に来る近所の子供、いやー。
嫌な子ですね、だんなさん。
と思ったら、けっこう、みんな見に行くのが普通らしいです。
みんな、暇なんですね。何かあるとすぐわらわらと人が集まってくるんです。当然、出産とかもみんな見に来るようです。ああ。村って・・・。
いいこともあるんですと、だんなさん談。
何かあったら、すぐみんなが助けるから。って。
うーん、そうだねえ。

で、おっぱいマッサージですが、だんなさんが、小さい頃見ていたのでは、おっぱいに、髪の毛を入れて、つまりをとるんだって。なんかばい菌入りそうじゃんね。(おっぱいって、毛穴みたいなところからじょうろみたいにでるんですよ)
暖めたりとかしてたよって。
たぶん、カンボジアにも、すごい技を持った産婆さんがいるんだろうと思います。

スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人