スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

井戸

こないだテレビでアフリカで井戸を作っているのを見ました。

上総掘りというやり方で、人力で穴を掘り井戸を作っていました。
そこでは井戸が無く、片道1時間、1日2回水汲みに行っていました。でも、わざわざくみに行く水は、茶色ににごり、牛のうんこが入っているような水です。当然、おなかを壊したり病気になる人がたくさんいるということでした。

結局、井戸を作ったら、きれいなお水が出て、よかったんです。

そこは、掘るのは人力なので一応ただみたいでしたが、そのあとの井戸のポンプが高かったです。9万いくらとなんだかんだで、11万円位していました。銀色のもので、カンボジアでよく見かけるものとは違うタイプでした。

カンボジアではというか、シェムリアップでは、井戸はだいたい機械で掘ります。そして、ポンプをつけて、全部でだいたい200ドルくらいです。

きれいな水が飲めないなんて、悲しいことです。
日本ではきれいな水なんて当たり前のことになっています。当たり前だけれども、本当はありがたいことなんだなと、再認識しました。

ちなみにだんなさんも、昔は牛のうんこ水飲んだことあります。
田んぼで、まわりに井戸が無いから、しかたなく、その田んぼの水(当然牛のうんこも入っている)を、飲んでました。
水筒持って行けば?とか、思うんですけど、水筒はないってことで。

また、浅い井戸の場合、乾季は水がなくなってしまうので、朝のうちに、といっても、夜中の1時2時に、水を汲みに行きました。そうしないと、日が昇るころにはみんなが水をとってなくなっちゃうのです。

そんな話を聞いていると、どこででも何があっても生きていける人なんだなと思います。

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

本文とは関係ない団体であることをお断りしておきますが、

> ただ、ケニアの場合は平均100m以上掘らないと
> 水が出ない事や、その水を汲み上げるためのポンプの
> 費用が莫大にかかるなど、問題が続出。
> 1本の井戸を完成させるには、ボーリングやポンプ等で
> 500万円がかかる事がわかりました。
(某任意団体)

ふーん。

ふーん。
100mって、すごいかも。
500万円もすごいし。ねえ。

ケニアは深井戸が基本。

ケニアはインフレが激しいけど、外貨建てだと今でも500万円なんてぜーんぜんかからない、ということ。

みなさんむちゃくちゃやってますね。

逆に、カンボジアの田舎では30ドルで一家が暮らせるなんて浮世離れしたことを言ってる団体もあるし。

どこでも、むちゃくちゃやってるんですねー。
1ヶ月30ドルってのは米、野菜等、農業でまかなっているので、食費0ってことで、計算しているんでしょうかね。

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。