FC2ブログ

カンボジア

牛禁止

カンボジアには牛がたくさんいます。
その育て方は
放し飼い。

放牧とあれは言えるのでしょうか。
自分の敷地に放すのではありません。
そこらじゅう勝手に行って下さいと、町に放すのです。

牛は、朝放されて、勝手に、うろうろして自分でそこらの草を食べます。そして、夜になると自分の家に帰っていくのです。
野良犬ならぬ、野良牛が、そこらじゅうにいたものでした。

しかし、そんなのどかな時代も終わりを告げ、
今や、道路は車がたくさん走り、牛がうろうろしている場合ではなくなりました。
さらに、泥棒も増え牛を野放しにしているのが安全ではなくなってもいます。

そんなこんなで、町には牛禁止になりそうです。
コンポンソムでも問題になっているそうです。

そうはいっても、なかなか牛一掃は、できないでしょうが、シェムリアップでも牛を見かけることが珍しくなってゆくのでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

ある日外出しようとドアをあけたら牛の顔が目の前にありました。

ある日洪水対策に家の庭をコンクリートで固めようとしたら、犬と牛の足跡型でした。

ある日森で用を足した後、突如気配を感じたら、豚さんが漁っていました

コンポンソムの牛は裏名物なのに(苦笑)

あんまりカンボジアが変わらないで欲しいってのは、私のわがままなんでしょうね…。

コンポンソムは中央分離帯ができてしまったので、牛さんいると困ってしまいます。

新たに分離帯に乗り上げる乗用車という名物ができました。最初は楽しいから乗り上げていると思っていたのですが、単なる事故のようです。

牛と犬が、うろうろしていないシェムリアップなんて魅力減ですね。
でもしょうがないのかな。

特に狂犬病の注射をせずに、犬と戯れていましたが、
あれも危なかったのかな。クメール人も狂犬病になりますよね?
蚊にさされても、伝染病の類にかかる人は少ないようですが。(成人は)

名無し様、
ほんと、そう思いますね。のどかでよかった暮らしがどんどん変わっていきます。

CBaさん、
おもしろーい。

YKさん、
もちろん、狂犬にかまれりゃ、狂犬病になりますよー。蚊に刺されて病気にはけっこう、現地人もなっています。マラリアとか、デング熱とか。夫もマラリアになったことあります。

まあ、知り合いがひとり交通事故で死んでいるし、ひき逃げなんかも目撃したことがあるので、交通事故を面白がるのは不謹慎なことかもしれないのですが、でもなんか楽しそうなんです。

乗り上げたクルマが「おれはこの日のために生まれてきたのだ、ふふふ」と主張している感じ。

そういや、バイクの単独事故を見ることが少なくなったような気がします。昔は「あーこけた」で笑えたけど、今はこけたら後ろから突っ込んできますからね。

最近はのどかな事故ですまなくなってきましたね。交通量増えすぎです。

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人