スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア語

おなら

今は、カンボジアではお盆の真っ最中です。
カンボジアで、お盆はとても大切で、お寺にこぞって行きます。
もう、何日も前からお寺に行くんですけど、今日は、みーんないっているはず。
ベン トム といいます。
今までは、カン ベンです。
このお盆全体をプチュン ベンといいます。

ってそんな話ではなくて。
今日は、おならの話。

カンボジア語で、おならは「ポウム」
りんごも「ポウム」で、カタカナで書くと同じになっちゃって、区別がつきませんが、おならの方は息が出る発音で、ちょっと、違うのです。

で、一般的にはおならは「ポウム」なのですが、目上の人に対して使うおならは「ダークョル」です。(空気が出るという意味です)

カンボジアでも、人前でおならをすることは普通はないのですが、もし出ちゃった場合に、普通の人には「ポウム」でいいんですけど、例えば、社長がおならをした場合は「ダークョル」を使うわけです。おなら臭いなーなんて言ってはいけないので、おならが出て健康ですね。なんて、言うらしいです。
っていうか、おならをしちゃった場合、聞こえなかったふりをしたほうがいいんじゃないの?

聞こえないふりをしたり、それには触れないでおくことはよくあることなんだけれど、「ダークョル ロオー」なんてことを言う人もいるということでした。

目上の人にはおならですら気を使わなくてはいけないということで、カンボジアではおならにも注意してください。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

おなら、面白いですね。
そんなこと露知らず彼におならをしたら
必ず「失礼」といいなさいと教え込んでしまいました。
それからは彼、すかしっぺでも律儀に失礼と
言ってくれます(笑)

「失礼」と教えちゃったんですね。
カンボジアでは女の子は特にぜーーーったい「失礼」なんて、言わないそうです。何でかというと、そんなことを言ったら、自分がおならをしたのがわかっちゃって、恥ずかしいから。彼はもう、恥ずかしさは超越してしまったんでしょうか。

そんな恥ずかしがり屋のカンボジア人、なんで、鼻毛は出していても気にしないのかはとっても不思議です。

私の家族は昔から家でおならとげっぷをしたら必ず失礼を言わなくてはいけなかったんですよね。日本でもそんな家あんまりないかもしれませんが・・・

外だったら相手に気づかれそうだったら失礼って言うかもしれません(出来るだけうやむやにしますが)

彼は男なんで別に恥ずかしくないんでしょうね。私はどうせわかってるのに黙っておくのが恥ずかしいので、失礼といいますが彼はそういうのは理解しているようです。

鼻毛、出てるよっていったら私の眉切る用の鋏で切ってました。カンボジアは切る道具ないんだよね~って言いながら・・・

ああ、そうかもしれません。
はさみのこと。
うちでも、わたしの文房具用ですが、いいはさみを使うんです。(今は鼻毛カッター買ってあげました)
カンボジアにはいいはさみないかも。
普通は何で切るのかというと、包丁で切るらしいです。包丁って・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。