スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア人

還暦

来月はうちの母の誕生日なのですが、ねずみ年で還暦なのです。
どうやら還暦とはお祝いをするもののようなので、何か考えないといけないなと悩むこの頃です。

だんなさんは、温泉でも行ってもらえばーと言いましたが、うちの親はあまりどこかへ出かけるのが好きじゃないと言うので、却下されました。
だから、今のところ、花束とアクセサリーなんかを考えています。

ところで、実はだんなさんの両親もねずみ年で、還暦なわけなんです。
でも、両方とも誕生日は知らないし、祝ったこともない。そして、カンボジアでは、還暦なんてお祝いはしないと言うのです。

今時の若い人は、誕生日を知っていてお祝いもするみたいですけど、30代のだんなさんですら、本当の誕生日は知らないし、祝う習慣も祝ったこともない、ましてや60になる義父母は誕生日なんてお構いなしということなんです。
くどいほど何度も書いてますけど、カンボジアでは、数え年で、年取ってましたし、お正月が来れば年取るので、誕生日なんて、関係なかったんです。
ただ、えとだけはよく覚えています。
だんなさんもずらずらいる兄弟の誕生日はもちろん知らないけど、えとだけはわかってますし。

カンボジアで、何で長寿のお祝いをしないんでしょうね。60歳でも、70歳でも何歳でもそういうお祝いはしないみたいです。カンボジア人が平均寿命が短いから、そこまで生きないからという理由ではないと思います。だって、たぶん、平均寿命が短いのは赤ちゃんとか、小さいうちに死んでしまう人が多いから、平均を下げているんであって、それを生き延びた人はまあ普通に長生きするみたいだからです。

お寺に入るお祝いというかパーティーはやってもらいたいものみたいですけど、特に長寿祝いは無いみたい。カンボジアに行ったら、何かの機会には義父母に旅行をプレゼントしたいねって話したりもするんですけど、なんか、そんなのよりお寺に入りたいとかいわれそうな予感がしています。

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。