スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア語

もん

カンボジア人は呼び名を下のほうで呼びます。
どういうことかというと、例えば、
「あいこ」
だったら、
「こ」
「ともこ」だっても、
「こ」

こんな感じです。

日本だったら、上のほうをとって、
「あい」ちゃん
「とも」ちゃん

となりますね。

間違っても「こ」の方は採用しないような。

男性も、だいたいは、
「たくや」
だったら、
「たく」ちゃん
とか、
「どらえもん」
だったら、
「どら」ちゃん
とか。

なのに、下の子はドラえもんは「もん」と呼びます。

カンボジア風?

カンボジアでは、例えば、
テビーはビー
ナビーもビー
こんなかんじです。

でも、2文字ですよね。そんなに略さなくてもって思うんですが。
だんなさんが言うには、短縮形は下品な言葉で、それは、共産党社会の名残で、その時代は尊敬してはいけなく、下品にするために、短くして呼んだってことです。
だから、その時代はサマメット シハヌークと王様をよんだり。
サマメットとは、友達と同じって意味です。

今では、いろいろありますが、例えばプレアモハクサ シハヌークと呼びます。

その時代は、「パパ」と呼んでもいけなく、殺されるぐらい。
父親のことはカンボジア語本来の「アウ」「ポック」「アウポック」を使い
サマメット アウ とか、サマメット アウポック
と呼ばないといけなかったんです。

何で、こんな短い名前なのに、さらに短く呼ぶのかなーと思っていたら、やはりそこには歴史があるんですね。
でも、名前の下のほうを採用したのはやっぱりいただけないなー。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

おひさしぶりです。

ベトナムの人名も最後の1文字(1音節)を愛称としますから、モン・クメール系に共通して、そうなのかなと思ってました。

ただベトナムの人名は、Nguyen Ai Quocとかでも(この場合、みんなからは単にQuocと呼ばれる)、要は漢字の「阮愛国」とかなんで、下の名前に2文字つけようと、最後の1文字が、そのひとの愛称になるということになります。

日本でも「しのぶ」という名前は「ぶー」と呼ばれる運命にあります。関係ないけど。

Danさん、
お久しぶりです。ベトナムでもそうなんですね。
漢字もまだ、残っているんですね。参考になります。

CBaさん、
高木ブーとか?

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。