スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの文化、生活、習慣

流れ星

流れ星のことは

テープヨット(テバダーがやってくる)とか、

アイ プカイ(星のうんこ)

といいます。

なんで、テバダーがやってくるのかというと、
流れ星があると、その時誰かのおなかにテバダーが入ったというわけなんです。
つまり、テバダーを妊娠ということです。

テバダーとは、神様です。


人が良い行いをすると死ぬと天国に行くけど、しばらくすると、また地上に戻ってくるので、その時が流れ星なのです。だいたい、貧乏な家にやってきて、みんなを助けると、いうわけです。


カンボジア人は山の中で、見つけた石を勝手に「星のうんこ」と呼んでたりします。
本当はぜんぜん違うと思いますけど、そういいたいらしいです。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。