スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア語入門


カンボジア語入門という本。

ちょーっと勉強してみました。
感想は、発音記号難しい、です。

多少カンボジア語を知っているから、ああ、これねって具合に進めることはできますが、全く無の状態からだったらどうでしょう。
カンボジア語をカタカナで表記しても、それは、表現しきれないものですし、難しいなあ。発音記号もわかっちゃえばいいのかもしれませんけど、なんか、うーんてかんじで。


でもカンボジアを知るための60章

でも、カンボジア語入門をやれば、マスターできるみたいに書いてあったんだけど、なかなか難しいぞって思いました。

1人で勉強するのは、はじめっからではちょっと無理と思いました。
でも、うちのカンボジア人とやろうとすると、またまたすぐに駄目だしが入るからうるさい。
そういう使い方は普通はしないとか、普通はこういう言葉を使うとか。

かなり1日坊主の予感。

そういえばなんですけど、

動物のさいは「ロミア」
といいます。
痒いは「ロムア」といいます。

子供にさいの本を読んでて、「ロミア」と言っているので、「ロムア」に似ているねと言ったら、同意したんです。

でもですよ、
痛い「チュー」
拭く「チュー」
すっぱい「チュー」

は、わたしにとっては似ているどころの騒ぎではないんですが、

全然違う
と言われます。

ちなみにこれです。
チュー
これが、カンボジア人にとっては、全く違うものなんです。
3つ並べれば、まあ、違うなーとは思いますけど、自分でやってみるとなると、すっぱいも、痛いもおんなじに「ちゅー」っていいます。

どう使うかと言うと、おなか痛いで「チューポ」
手を拭くで「チューダイ」

では、手が痛い、手を拭くといってみます。
次は、おなかが痛い、おなかを拭くです。
チューポ
ねー、似てますよね、ね、ね。

でも、全然違うんだって。
まあ、しゃべっている状況を見れば、わかるっちゃーわかるけど。

こんな、ささいなところでいつまでもつまづいているから、進まないんですね。ははは。


スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。