スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア人

お金の話

カンボジアでは、よくお金の話をします。

すぐ、これはいくらか、給料はいくらか、あれはいくらか、それはいくらか。
いろいろな人が、当たり前のようにお金の話をします。

日本では、お金の話ははしたないと考える人が多いかと思いますが、カンボジアでは、お金の話をしない日はないくらい。親しいとか親しくないとかも関係なく、誰でも、いつでも、どこでも聞いてくる感じ。

そして、家庭でも、お金の話はよくするようです。
商売をしている家庭では1日の売り上げをぽんと投げ出して、子供に数えさせたりすることもめずらしくありません。
なぜ、お金を子供に数えさせるのかというと、なんか、こんなにうちは稼げるんだと教えたい(自慢したい)らしい。

我が家も当然?日本式に小さな子供にお金を触らせたりすることはありませんが、それは、いいことだねーとだんなさんは、喜んでいます。

なぜかというと、カンボジア式にお金を見せてばかりいて、なにかあれば、お金をすぐにあげていると、結局悪くなってしまう子が多かったからです。
幼い頃から、お金に馴染んでいて、足りなくなれば、すぐに盗るようになるケースがたくさんありました。
悪い子って、けっこう、お金持ちの家庭に多かったりするんです。

お金をあげれば、いい子になると思っているカンボジア人は多いいみたい。
お金は使い方で、良くも悪くもなるということが認識されるまでは時間がかかりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。