スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア語

残業あります

揚げ足取るようですが、
カンボジア法整備支援に出てたんですけど、カンボジア語には「残業」という言葉がないって。

へーーって思って聞いてみました。

「あるよ。」
残業は「トブーカー ボン タイム モン」
です。

これは、新しくできた言葉ではなく、昔からある言葉です。公務員とか、工場で働く人とか普通に使います。
休日出勤というのは、説明する文章みたいなの(日曜だけど来てください)はありますが、そういう単語はないようです。


おそらく、これは、日本人の先生たちが想像でカンボジアには残業なんて言葉はないんだろうと勝手にいっているだけなんでしょう。まさか、教えている大学の人や法律関係者に聞いたわけじゃないでしょう。大学生とかそういう人、びっくりするほど物を知らないことがあって、あれれって思ったりしますけど。

ま一応訂正ってことで。


テレビでも日本人の先生がカンボジア人に法律について教えているのを見たことがありますが、カンボジアは法律の整備がまだまだ足りないので、ありがたいと思いました。日本て本当にいろいろな形で援助しているのですね。

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

これはちょっとひどい。

この人たち、1997年労働法に残業の規定があることくらいは少なくとも知っているはずなんだけど。

テレビでは日本の先生方は、英語でやり取りをしていましたので、カンボジア語には興味がなかったのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。