スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんなさん

いったい誰に似た?

子供の運動会がありました。
そのかけっこでの出来事なのですが、4人中いつも4位だということは聞いていました。
今までの運動会の経験からもそんなもんだろうなとは思っていました。

しかし、実際に見てみれば、かけっこというのに、まるで1人歩いているかのようでした。
決して不真面目にやっているわけではなく一生懸命に走っているのですが。

その姿を見て
「おかしい!いったい誰に似たんだ!!」
と、お互いにいい始めました。

わたしの主張
「わたしは、小学校の時は、リレーの選手だったしぃ。」
リレーの選手と聞いてもぴんとこないだんなさんに、リレーを見せて「ほら、みんな速いでしょ?!」と自慢口調で。

だんなさんの主張
「わたしは、生きている鳥を捕まえるために走り回っていたんだから。」

うーん、なんか、速そうな感じはしますが、いまいちピンときません、よね?

これって、いったいどっちの勝ち?

わたしは、鳥なんて捕まえたことはないけど、足が速いから鳥って捕まえられるもんなのかもよくわからないし。ライバルがたくさんいるから、鳥を捕まえるためには足が速くないとならないといってましたけど。
まあ、確かに、あのボルトなんて、鳥なんてらくーに捕まえられそうだけど。
でも、なんか、長距離勝負って気がするんだけど。

こんな、違いもだんなさんは、日本を10年経験することで、リレーの選手は速いとかちょっとはわかってきているから、今度はわたしが、カンボジアをわかる番かしら。
なんにしても、日本で生活してもらって、言ってもわからないかもしれないことが、経験を通してわかってきたことが、わたしにとっては楽になったと思います。

それにしても、いったいあの子は誰に似ちゃったんでしょう。あの運動神経だけは納得いきません。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

爆笑

いい!サイコーです!
お二人の何気ない日々にあるおかしなおかしな会話こそが、真面目なはずなのになんだかおかしい 爆笑ファミリーのゆえんなのかなと思えます。
しかしねー鳥ですか。その発想は日本人には浮かびませんね。いやーなんて楽しいご一家でしょう。
押入れに隠れて家族の会話を聞いていたいです。
我慢できず うくくくと笑い出してしまうこと必須です。

私は子供の頃50M走に10秒近くかかっていたものです。
先生にも「本気で走れ!」と怒られるものの本人MAXで走ってコレなので どうしたもんかいと困りました。
長距離では挽回しようと結構それなりの成績を残せたような。だから子供さんも長距離の方が向いているのかも知れませんよ?走るフォームなど元リレー選手だったママからアドバイスあげてみては。

そうですか、長距離に望みがあるかもしれないのですね。
あまりにも運動ができないというのもどうかと思いまして。ましてやカンボジアに住むとなれば、周りはみんな、運動神経抜群の野生児かしらなんて思うと心配になります。
しかし、よく考えてみれば、カンボジアでも今時、鳥を捕まえて生きている子供は田舎に限定されそうで、シェムリアップでは実は運動ができなくても大丈夫なのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。