スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

シェムリアップ

シェムリアップの由来ってご存知ですか?
プノンペンについてはペン婦人がどうたらってよく出てくると思うのですが、シェムリアップはもしかしてあまり聞かないかな?

シェムとはタイのことです。
リアップは、負けた、やっつけられたって様な意味です。

つまり、タイが(クメール人に)やっつけられたって意味の地名なのです。

タイは、タイとも言うのですが、カンボジア人はタイのことをシェムと言うことが多いです。
タイ料理、タイ語、タイ国といってもいいけど、ムホープ シェム、 ピアサー シェム、 スロク シェムとなるわけです。

シェムなんて聞くと、いったいなんだと思うかもしれませんが、日本では、シャムって名前ですよね。シャム猫のシャムです。

ところで、シェムリアップといえば、アンコールワットのある、あのシェムリアップという町だろうとお思いでしょう。もちろん、あれもシェムリアップであり、あそこはもちろんシェムリアップ州ですが、タケオ州にも、シェムリアップ(ディストリクト)があるのです。そこも、タイ人がものすごーく負けた場所だから、シェムリアップという地名になったそうです。シェムリアップ が、いろいろあるなんてね。でも、かんぼじあでは、同じ名前の地名ってよくあることなのです。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

カンダール州にもシェムリアプ(コミューン)がありますね。

島田紳助の番組で建てた学校がどこにあるのか調べてみたんですが、「トロピアン・クロサーン村」っていうのは地方自治体としての正式な呼び方じゃないようで、わかりませんでした。

プレイヴェン州にも「トラペアン・クロサン村」があって、ここでも別の日本の団体が学校を建ててます。

「トラペアン」も「クロサン」も植物の名前だったと思いますが、そこらじゅう「トラペアン」がつく地名だらけ。

石とか竹とか川とか上とか橋とか象とかの順列組み合わせだらけで、不便じゃないんでしょうか?
東京とか上野とか新橋とか、日本もそんなに変わらないのかもしれませんけど。

あ、もしかしたら、タケオじゃなくて、そのカンダール州のシェムリアップのことかもしれません。近いから、きっと、カンダールの方が正しいのでしょう。

番組はわたしはほとんど見ていなくて、夫は見ていたようですが、場所はわからなかったです。
「トロピアン」は「池」で、「クロサン」はすっぱい実のなる木の名前です。

>石とか竹とか川とか上とか橋とか象とかの順列組み合わせだらけで、不便じゃないんでしょうか?
東京とか上野とか新橋とか、日本もそんなに変わらないのかもしれませんけど。

確かにそうですよね。シェムリアップの場合シェムリアップ アンコールということもあるそうです。
言われてみれば、日本でも、中央区はそこらじゅうにあるし、おんなじなんですね。そういえば、若い頃いろいろあると知って驚いたこともありました。

コメントの投稿

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。