スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア人

お掃除する社長

カンブリア宮殿という番組で餃子の王将のトップの方が、毎朝本社の周りをお掃除してました。

お掃除を社長がするというのは日本でも「ほー」と思うことかもしれません。(だから番組でもその姿が出てきたんだと思う)
でも、そういう社長だから成功するんだろうなとも思います。

ところが、それがカンボジアだと、えーありえないってことになります。

カンボジア人は、そういう仕事をする人を見下す傾向にあります。
農業とか、汚れる仕事も嫌がります。

どういう仕事がいいのかというと、銀行なんかのきれいなオフィスの仕事だと自慢になるようです。


でも、汚い仕事などをやりたがらなくて、バカにしている人はきっといつまでも、そのままなのでしょう。
汗水流して頑張って働いている人が報われる社会になるといいです。



今朝新聞に「ポン菓子」のことが載ってました。
昔はやってて、今は機械を売っている所はポン菓子機を発明したところ1軒だけだそうです。
わたしは「ボン」て作るのは知りませんが、「にんじん」とか「こめはぜ」とかそういう商品は大好きです。1粒ずつぽろぽろしているのも好きですが、丸く固まったのも好き。昔のお菓子って事はカンボジアにもあるのかな~?と思えば、ありました。
その機械で、夫の叔母がポン菓子を作っていたそうです。
でも、あまり売れなくてやめちゃったそうです。

初めは村の人は爆発みたいでびっくりしたそうです。
おいしいのにな~。何で売れなかったんだろ。お小遣いがほとんどなくて、買えない人ばかりだったようです。

町では見かけたことないのですが、売りに来てもらいたいです。絶対買うのにな~。ポン菓子屋さんと知り合いになったら、毎週来てもらう様に頼みたいです。もう、叔母さんがまだやっていれば、簡単だったのに。
それで、ポン菓子なのですが、カンボジア語でなんていうか聞いたら、「うーん、うーん。」て。マシン何とかとか、ボンポン何とかとか、ぶつぶつ言っていても、結局はっきり思い出せない夫。あーん、10年も遠ざかるとこんなになっちゃうのかしら。モウ、ナニジンなのよ~って、冷やかしました。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

記事を今日更新しました

UFOが出たって報道が殺到してましたね

今日も応援して帰りますね

よろしくお願いします

モリスさんのご指摘の通りで、確かにカンボジアでは
この王将の社長さんみたいな人は尊敬されるどころか、
見下されるでしょうね。

うちは私自身が、スタッフごろごろ抱えるのが好きではないので最小限の人数で運営してます。
なのでウエイトレスさんでも裏方の仕事でお皿洗って!とか
ちょっとそこ綺麗にして!とかアリです。
以前は全然OKでしたが、ここ数年の若者は確かに嫌がりますね。私はそういうことはしません!とか言う子います。
日本人二人は汚れ仕事も普通にやるので不思議がられていることでしょう。

前にいた男の子で、2年程外国人のNGOで洋食を勉強して
うちで働いていた子がいました。英語も日本語も上手で、
手先が器用で、料理も上手で、学校での経験や知識をちゃーんと覚えて生かしているよく出来た男の子です。
ところが、ある日辞めたいといいます。
理由を聞くと「オフィスの仕事を紹介されたから」。
料理の仕事をするために、2年学校に行った子がです!
もったいない、どうして料理を辞めるの?と聞くと
「悪い仕事だから」…。
なんかすごくショックでした。
悪い仕事だと思ってずっと今まで働いて来たの?と。

成長期の今だから新しい価値観に胸躍らせているのは
判りますが、なんかすごく空しかったのを覚えています。

要領のいい人が、地味だけど励んでいる人を見下して、
そんな彼らが胸を張れずにうつむき加減で自分を卑下しながら日々働いているなんて残念です。

今でも時々考えます。
そういう考えを持つ若者とまた一緒に働かなきゃならなくなった時に私は何と言えばいいのか。
想いはたくさんあるものの、うまい言葉が未だに見つからずにいます。

こちらにモリスさんファミリーが来られたら、旦那さんにうまい伝え方があれば聞いてみたいですね。

うーん、考えさせられますね。
そういうことがあるだろうなというのは、想像できます。
その良くできた男の子、プサチャさんと働いている間に、何か自分で見つけられると良かったのに。「悪い仕事」カンボジア人はそう考えるんでしょうね。自分では気に入った仕事だったとしても、他の人から見て、かっこいいかどうか、そんなのも、仕事を選ぶ基準になっている気がします。みんな人の目を気にしますよね。
もう、スーパースターが、草むしりしたり、そういうことをテレビで放送してもらって、意識変革を図るしかないかしら。でも、カンボジア人としては、なぜこんなことを日本人である我々が考えているのか理解できないだろうなということも想像できますし。わかってくれる個人を見つけられるかってことかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。