スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア人

なんて素直なの

今日はTBSでカンボジアのテレビがやってました。
熱血!地球教室2009という番組です。

授業の内容はともかく、カンボジアの子供ってなんて素直なんだろうと思っちゃいました。
子供って言ったって、13~15歳の小学生だったりしますが、日本では考えられないくらい、素直です。悪く言えば、子供っぽいというか。体格も良くなくて、みんな小さい。

カンボジアの学校は留年もあるし、学校に入った年齢が遅いとかもあるので、何歳だから何年ということはないのです。

足をなくした人たちの施設なんかもすごくきれいでした。
以前はとても汚くて、薄暗いような雰囲気だったのに、清潔で、よさそうなところでした。いろいろ援助してくれる団体が頑張ってくれているんだと思いました。

きれいになったのは道路だけではなく、色々なところで、どんどん良くなってきているんだと実感しました。いろいろな援助のおかげかもしれません。ありがたいことです。

こういう番組で足のない子が頑張って走っているのを見て、「これは、わたしの兄弟達に見せたいねー。みんなが頑張っている姿を見る機会はカンボジアではないと思うから、カンボジアでもやってほしいな。」と、夫。

カンボジアというと、子供が取り上げられることが多いですが、実際、子供は多いですし、若いパワーがあるんですね。高齢化まっしぐらの日本とは大違いです。カンボジアはこれからの国ということでしょう。現地では、素直な子供だなーと感心しているだけではすまないことばかりだとは思いますが、そうはいっても、この若さあふれるパワーの中で、自分も頑張っていきたいなと思いました。

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

はじめまして。私もこの番組見ました。本当子供たちの笑顔がかわいかったですね。特にマラソンレースでの二人の頑張りには勇気をもらいました。まだまだ地雷、不発弾が多くあるんだなということも知り、子供たち、住民が安心して生活できるよう、早くそういったものがなくなることを祈っています。

ひかるさん、こんにちは。

マラソンの2人、頑張ってましたよね。よく考えれば、わたしもしっかり走ったのは5キロしかないので、すごいなと。
まだまだ若い2人がこれからもいろいろ挑戦していけたらすごいです。カンボジアは差別が結構あるのですが、社会も変わっていければいいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。