スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの文化、生活、習慣

亀の甲羅

亀の甲羅にはどうしてあんな模様がついているのか?
というカンボジアのお話です。

昔、リスさんの息子が結婚をすることになって、パーティーに亀さんを呼びました。
ところが、リスさんのパーティー会場はパームツリーの上。
(ココナッツと、パームツリーは、違うのですって。わたしは、はっきり区別がついていません。)

パームツリーの上なんかに亀さんは登れません。
そこで、リスさんは「わたしのしっぽをしっかり噛んでください。絶対に離してはいけませんよ」
と言いました。

亀さんはリスさんのしっぽをしっかり噛んで、リスさんに引っ張られて、パームツリーを登っていきました。しかし、木を登っている間中リスさんは亀さんに話しかけます。そして、頂上に着く前にとうとう亀さんは、答えたくなって思わず口を開いてしまいました。

亀は木からまっさかさまに落ちて、甲羅はがっしゃんと割れてしまいました。

その日から亀の甲羅はあのようなひびが入って今に至るということです。

こんな昔話をカンボジアのおじいさんおばあさんはよくするそうです。

あ、ちなみに、亀もカンボジア人は食べます。でも、今は禁止されているようです。
亀は焼いて食べたことがありますが、味はよくわかりませんでした。



そういえば、カタツムリを見ていて、「フランス人はこれ食べるらしいよ」って、夫が教えてくれました。知ってるよーってか食べたことあるしって言ったら、びっくりしていました。

気持ち悪いなー。だって。

よく言うよ。自分はもっと気持ち悪いもんよく食べているくせにね。
エスカルゴは結構おいしかったじょ。
カンボジア人はカタツムリは気持ち悪いらしいです。アマガエルも緑で気持ち悪いと夫は言います。
子供の本には6月号にはアマガエルとカタツムリはお約束ですが、「気持ちわるー。」と思って読んでいたというのです。うーん、カンボジア人感性が違うのですね。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

禁止されている亀は一部ですよね。ロイヤルタートルみたいな。

感性は人それぞれですが、アマガエルの緑は保護色だけでなく、毒持ってるよというサインでもあるので気持ち悪いのが当然かもしれません。
実際、アマガエルの毒は失明につながりかねないので子供さんに教えてあげて下さい

アマガエルって毒あったんですね。知りませんでした。かわいいとしか思っていなかったのでびっくりです。
なめたりしないように、気をつけます。
自分が子供の頃にかえるを飼っていて、なめていた家族がいたのですが、あれは、茶色のかえるだったかな。

カメもきっと、食べてもいいのを食べたんでしょうね。ほっとしました。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。