スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアに移住準備

片道航空券

4月からの出発の航空券がそろそろ出てきました。出揃うまでにはまだもうちょっとというところか。


よく海外旅行をしている方には当たり前のことでしょうが、格安航空券と呼ばれる航空券(普通の人はこれを買いますよ)は、片道航空券というのがほとんどないのです。
往復でいくらという値段設定になっています。

そして、片道もあるにはあるのですが、往復のものより、高かったり同じ値段だったり。
国内線ではありえない値段設定となっています。


往復の航空券でも期間が短いのほど安く(14日間とか)1年オープンとか帰りまでの期間が長くなるほど高くなります。
また、使う航空会社によってサービス、値段が違うことは想定内だと思います。


そして、片道しかいらない場合(帰りが2年先とか)、往復の券でも帰りはいらなくなります。それは、そのまま捨ててしまうとよくないので、キャンセルした方がいいようです。


そして、わたしも今回は片道だけ必要なのですが、ちょうどいいのを発見しました。
しかし、それはマレーシア航空。
がーん。
別にマレーシア航空自体はそんなに好きでも嫌いでもないのですが、シェムリアップに行く場合、クアラルンプール(マレーシアの首都)で一泊しなくてはならないのです。乗り継ぎができないので、どうしても、マレーシアで一泊になります。
普段だったら、それでも良しなのですが、うーん、ちょっと考えてしまいます。

乗り継ぎで一泊の何が嫌かって、まず、時間がかかること。家を出発して24時間以上シェムリアップまでかかってしまいます。
また、マレーシアに入国出国するためにマレーシアのお金に両替しなくちゃならないし、ホテル代、町までの交通費等出費があります。

いいところは、ちょっと旅行気分が味わえるところです。

でも、今回は荷物が多いだろうしな~。できれば、一泊せずに行きたかったけど。これじゃあ、全くかたがたえしているようではありませんか。(吉の方角はもちろん知りません)


荷物も、手荷物で、パソコンとかカメラとかあるので、大変です。
しかし、マレーシア航空で行くので、スルーチェックインできるのか?スルーバゲージできれば、かなり気分は楽です。預けた大荷物を経由地で引き取らずにそのまま飛行機から飛行機へと運んでもらうシステムがスルーバゲージなのですが、それができるとまだいいです。人間だけマレーシアに入国して荷物はそのまま運んでもらいたい。

むむ、それにしても、以前だったら安いならと何でも我慢できたことが、年をとって荷物が増えたり、同伴者がいることで、面倒に思えるものですね。若い時にいろいろ行っといてよかった。
手ぶらで出かけられた頃はよかったよ~。

覚悟を決めて明日はびしっと片道航空券を買ってみます。


スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

マレーシア航空、以前プノンペンまで乗りました。コタキナバル経由。KLでの乗り継ぎでずいぶん時間が空くとかで、人間はトランジットカウンターで改めてチェックインでしたが荷物はスルーでした。5年も前ですから参考にはならないかもしれませんが。

マレーシア航空の何が困るって、持込手荷物の5kg制限ですよ。サイズ内なら重さは見逃してくれますけど。

もう遅いかもしれませんが、韓国経由はどうですか?私の夫も韓国経由片道切符で一月前利用しました。全部で5万円未満でした。韓国経由だと、その日のうちにカンボジア入りできますよね。ただ、混んでるのが難点ですが、こまめにチェックしていれば、格安で乗れますよ。

CBaさん、
荷物はスルーできそうでした。ありがとうございます。5kgの制限ですか。一人旅ではきついですが、4人旅だと20kgなので、まだよさそうです。

mmさん、
ご心配していただいてありがとうございます。本当にわたしもアシアナ航空に乗りたかったんです。でも、なかなか料金でないので、せっかちなわたしはさっさと決めてしまいました。きっと、アシアナ航空いいですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。