スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアに移住準備

見積もり3社

あらかじめ5立方メートルでいくらか各社に問い合わせた上で、3社を選んで下見に来ていただきました。

問い合わせて数字が出た業者は全部で8社。

2社は飛びぬけて高くてあっさりと候補から外れましたが、残りはそんなに変わらない数字でした。というか30万円台の初めから後ろまででほぼ10万円違うのですが、まあまあそんなものかと。

そこで、1日に3社に来てもらったのですが、そこで驚愕の事実が!

なんと、我が家の荷物の量が同じものなのに、3社三様。
なんなんでしょうね。

これじゃあ、何立方でいくらと聞いてもあまり意味なかったかも。
ちなみに、同じ荷物を見て5,66立方メートル~9立方メートル弱との答え。

なんか全然違うじゃないですか!
同じ荷物なのに。

もう、こうなったら、何がなんだかわかりません。

自分はせいぜいいっても5かな~と思っていたので、それよりはたくさんあることは確かってことです。

海外引越し恐るべし。
梱包の仕方が違うのか?
こんな状態じゃ3社に来てもらっただけでは足りないかもって気もしてきましたが、疲れてもきましたので、ここらで手をうつしかないのかもしれません。

スーツケースも届きました。
以前タイタンゼノンを使って、1回で穴が開いて壊れたのを受け、もう、ブランドにはこだわらない、壊れてしまうことも視野に入れ、選びました。

軽くて安くて即決。
2つ選んで買いました。
この大きさではかなり軽いかも。満足です。今度は壊れないといいな~。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

梱包もですが、運ぶことを前提にしてしっかり容量みてくれる会社の方が良いですよ。
容積決めるのは業者じゃなく専門の業者なので、別段下見の段階で悩む必要もないですよ。

ええ?どういうことでしょうか?
本当によくわからないのです。
なぜ同じ荷物を見て容積にこんなに差が出るのか。

見積もりの容積が大きくなれば(また、重さが重くなれば)、それにつれ当然値段も上がるし、これだけ差が出たら、値段も激しく違うだろうし。

結局安いところで落ち着きそうではありますが。

請求金額の確定は梱包が済んでからなんです。

見積もりにきた人たちが梱包するわけではないし、海外引越しの会社のお抱え梱包屋さんが実際の荷姿にするまでは正確な運賃(容積)が出ないわけで、とはいえ、ずいぶんばらつきがありますね。

あ、向こうについてからワニのいる川を渡ったりトラと戦ったりする必要がある場合は別料金ですからね。

>見積もりにきた人たちが梱包するわけではないし

そうなんですね~。それじゃあもう、最後の結果が出るまでどきどきです。


わー、どうしよう。トラチャージとか、ワニチャージとか来ちゃったら。うちの隣は確かワニ飼ってました。

正確に言うと計量は資格業務なので梱包屋とは別になる可能性が高いです。
容積の水増が不安なら、おそらく船便でしょうが、船会社から出される書類のうち容積載ったものを後で見せてもらえるか聞いてはどうでしょうか。

水増しされそうとは思っていないのですが、同じ荷物を見て、容積がこんなに違うのは、多く見積もった会社は、すごく丁寧に梱包するから大きくなってしまうのかな?とか思いました。

それか、小さく見積もった会社は後で、もっと大きかったですと多く請求されるとか。

まあ、どっちにしろ、やってみなくてはわからないことですね。
きちんと届くまで数ヶ月先のお楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。