スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアのことわざ

誰がサルで誰がヤギか

スバー ヨーク バイ リアプ ムアット ポペー

スバー=サル
ヨーク=とる
バイ=ごはん
リアプ=つける
ムアット=口
ポペー=ヤギ


昔々あるところにサルと子ヤギを飼っている人がいました。
ある日、その男はご飯を作ってからお出かけしました。
その留守中にサルはご飯を食べてしまいました。ところが、サルは自分が食べた後で、残ったご飯を子ヤギのひげにつけておきました。

お出かけから帰ってきた男は作っておいたご飯がないことに気がつきます。
ご飯を食べるのはサルだから、サルに聞きました。
「お前がご飯を食べたのか?」
サルは
「いいえ。わたしが食べたのではありません。あのヤギを見てください。ひげにご飯が付いてますよ。あいつが食べたという証拠です。」
と、言いました。

ヤギは草を食べるからご飯なんか食べるはずないと思っていたのに、見ればひげにご飯が付いています。

やや、これはヤギが食べたんだなと、男は子ヤギをお仕置きしました。
サルはご飯は食べられたし、お仕置きもなくって、うひょひょひょひょでした。

おーしーまい。

こんなお話からの言葉です。
悪い人はいろいろな策略をめぐらして、人を陥れようとします。弱い人や貧乏な人は、力のあるものに
常に虐げられてしまうのです。

うーん、これもお国柄でしょうかね。

日本のお話なら、サルがそういうことをしたとしても、男は
「ヤギは草しか食べないのだ。サルよ、お前が全て仕組んだのだな、この悪者め!」
と、サルは成敗されました、めでたしめでたし、なーんてことになりそうですけどね。

こういう風なお話もあるのですが、これでは、弱いものは最後までかわいそうなのです。
力を持っている人(サル)のでっちあげ、よくあることなんですね。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。