スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんなさん

フランス語

スカイプで何を間違えたのかフランス人が話しかけてきました。
てっきり、フランスに住んでいるカンボジア人なのかと思ったら、ただの普通のフランス人でした。

当然フランス語のみの会話。

夫は、適当に挨拶して、スカイプは終わったのでした。
そして、フランス語をなぜ途中で勉強するのをやめたのかを言いました。

若い頃はフランス語の勉強もしていたのです。英語も勉強していて、その時は英語の方がフランス語よりも使えました。
ある日、UNTACのフランス人と話していたのですが、フランス語ではどうにも会話が続かず、英語で話していいですかと夫は聞きました。

そのフランス人は
「ここ(カンボジア)は、フランスの植民地なんだから、フランス語をしゃべれ!」
と言ったのです。

(当然フランスの植民地時代は夫が生まれる前に終わっています。)
夫はひどく頭にきて、フランス語なんて金輪際勉強するものかと思って、フランス語の勉強をやめて英語のみ勉強しました。

あれが、普通のお客さんだったら、あんなに腹が立つこともなかったと思うけど、UNTACだっただけに、ショックだったというのです。

今になって思えば、あれは若気の至りで、そんなことぐらいで、フランス語をやめないほうが良かったかな~なんていってます。少しは大人になったのかしら?

確かにカンボジアではフランスの植民地時代の影響でお年よりはフランス語を話す人が多いです。今は若い人は英語を勉強するのでしょう。ガイドさんもフランス語はお年寄りの人が多いです。
義父もフランス語ができるらしいですが、もう何十年も触れてないから、わすれちゃったかな。でも、アルファベットはフランス語読みなんです。




スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。